PREV | PAGE-SELECT | NEXT

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 3rdLIVE シンデレラの舞踏会 - Power of Smile -

 151217_01.png

魔法にかけられたような幸せな2日間。シンデレラガールズが4周年を迎えた日に行われた3rdライブは、今年アニメという「大きな物語」を得たシンデレラガールズの総決算とでも言うべきものでした。ゲームとアニメはパラレルだけど、それでもシンデレラガールズであることに変わりはなくて。アニメにデレステとシンデレラガールズの世界が大きく広がった1年の集大成となるライブだったなと思います。

1stの舞浜(2000)→2ndの代々木(11000)と順調にステップアップしてきたシンデレラの次のライブの舞台は幕張メッセ展示場3ホールぶち抜きという17000人規模のライブ。これだけ大きなコンテンツになったことは嬉しい半面、オールフラットの17000はかなり厳しくないですかねと9th大阪に最後列で参加した身としては思ってしまうのですが、幸いにして2日ともかなり良い席で参加することができ、メインステージ、センターステージ、トロッコ馬車のそれぞれの良さを堪能できました。とはいえ次はSSAとかでいいんじゃないかなと思ったり。

そんな訳で2日間の感想です。セットリストはこちら(1日目/2日目)。
オールフラットな会場の凄まじい広さと、「ライブ」って感じじゃない展示場の雰囲気に圧倒されていた1日目。A6ブロックというメインステージに近い&花道も近い席を引き当てまして、前方での演出をバッチリ堪能できました。

ソロ曲トップバッターは『S(mile)ING!』から。絶対2日目のトリを飾ると思ってただけにここで来るのはちょっと意外で、でも今思えばここから既に演出が始まっていたのかもしれないなと。アニメを経ての小日向ちゃんとのステージ、嬉しかったですね。アニメの続きを見ているかのようでした。10thに来なくておこだった『LET'S GO HAPPY!!』は、サマフェス2回を経てついに現地で聴けました! ちなみに上で書いた通りA6ブロックなので全く見えなかったんですけど、でもやっぱり最高に楽しかったし、ようやく自分の中で10thが終わりました。今度は肉眼で見たいですね! そこかられいちゃまが残っての野球対決演出がめっちゃ面白かった『気持ちいいよね 一等賞!』。Paデーとでもいうべき1日目の中でもかなり期待していた曲で、これだけ思い切りコールを入れられて楽しくないわけがない。途中のMCとかも含めてまっこさん完全にユッキであった。CIで登場してちえりが週休8日を希望した『あんずのうた』だったりと、最初のブロックから楽しさ満点全力疾走という感じ。

今回の2daysは予想通りアニメをベースとした構成になっていて、NGの3人がバックダンサーとして参加した『TOKIMEKIエスカレート』はあの3話のオレンジ色の世界を思い出しながら聴いていました。裏でフライドチキン言ってたんでしょうか。こちらもPaデー期待の1曲『Can't Stop!!』はバブル時代を感じる演出とあいらぶびあーなコールがとても楽しい。ちなみに自分の中のジュリアナのイメージはほとんどまつざか先生です。ちょこたんと一緒にのじょもよちーが登場しての『小さな恋の密室事件』は可愛さが詰まってましたね……。そしてNG揃っての『ミツボシ☆☆★』とか最高でしょ。これ漫画で見たよ!! あの鳴り響く歓声、本当にアイドルやめなくてよかったね……。

ノンストップメドレーでは、みりあちゃんと城ヶ崎姉妹の『Romantic Now』とか控えめに言って最高では? 『LEGNE』は蘭子の代役きのこうめ。さっつんは『毒茸伝説』もそうですがやっぱり歌が抜群に上手くて、LEGNEもバッチリ歌いこなしていて実にかっこよかったです。そしてその後にちょこたんが歌うというギャップ。声とか最高にかわいくてでも動きはキレッキレというのが堪らない。メインステージだったので目の前で堪能できました。あと最後のところついサイリウムを左右にギザギザさせちゃうよね……。『花簪』は準備してきたこんちきリウムを出したら春と夏だけで終わってしまった! でも楽しかった!

休ませる気のない休憩を挟んで後半戦。『shabon song』は1日目の個人的ハイライトだったかも。BD限定楽曲系は来るか微妙だと思ってたので聴けてすごく嬉しかったし、津田ちゃんが目の前で歌ってくれてて最高でした。「シャボン玉パチンと消えた」のところの振り付けがめちゃくちゃ可愛いんですよ!! あれはやばい。『ショコラ・ティアラ』は凸レーションがマシュマロ配ってたのにキャッチできない位置だったのが残念すぎた。最後に大坪社長が「みんな一緒にー!」みたいなこと言ってて、でも何をすればいいのかわからなかったのでとりあえず「運動!運動!つまみ食い!」ってコール入れておきました。だってこれしか思い浮かばなかったんだもの……。

ゆきんこ&りっか様の『あいくるしい』も素晴らしかった。この曲も大好きなので、ただただ見惚れて&聞き惚れていました。りっか様ふつくしい……近くで見れて嬉しかったです。『風色メロディ』は演出から何からすべてを堪能できる位置で最高でした。演出がガラっと変わる瞬間とか震えましたよ。尊かった……。『M@GIC☆』はアニメ最終話を思い出しながら聴いてました。「ずっと大好きな君に」「君とともに」あたりとか声が枯れるまで叫べてすごく楽しかったです。というかほんとに終わった後声出なくてな……。アンコールで歌われた『とどけ!アイドル』も好きな曲。実は莉嘉ちゃん歌ってないんだけど初映像のときの印象で莉嘉ちゃんセンター曲みたいなイメージが強くて一発で好きになったんや。ちひろ様の誕生日もお祝いできて楽しい1日目でした。

2日目はE4ブロック。センターステージはやや遠いけどそこそこ見えますし、何よりトロッコメドレーがめちゃくちゃ楽しい席でした。

CI+ありすという組み合わせで歌われた『Heart Voice』、めっちゃ可愛かった。幸子擁するオリジナルメンバーでの歌唱もいつか聴いてみたいですね。『ラヴィアンローズ』は脳がとろける可愛さ。「大好き!」って叫べて満足です。ちゃまの芯のある強さがとても好きなのですよ。余談ですが歌詞に赤・ピンク・白とバラの色が入っているので色変えやってみたんですけど、見た感じあまりやってる人いなかったなあ。そしてすごく楽しみにしていた『私色ギフト』。れっつごーはっぴーとは打って変わって歌詞を噛みしめるようにじっくりと聴きたい曲なので、ただただ聴き入ってました。17話の莉嘉ちゃんを歌っているような曲だと思ってます。聴けて嬉しかったなあ。

MC明けは『Rockin' Emotion』から。この曲あんまりピンと来てなかったんですがライブで聴くと盛り上がりますね! すっかりUO曲でしたがせっかくのキャラカラーなのでまこリウム振ってました。『Nocturne』は楓さんの代わりを誰が、というところで飯田氏がばっちり歌いこなしていて凄かった。声質や雰囲気までこの曲にマッチしすぎでしたわ。『2nd SIDE』は、代々木ではタイミングとかが曖昧だった「虹色橋」がバッチリ決まって震えました。あれは感動モノでしたよ……。そして冒頭のまりえっPを見ても「会場いるなら歌ってくれればいいのに」くらいにしか思ってなかった俺氏、『Wonder goes on!!』で中央から登場したマリエッティに大興奮。テンション振り切れました。

メドレーコーナーは待望のトロッ馬車。2日目はこのコーナーを楽しみにしてたのですよ! 『Angel Breeze』『ましゅまろ☆キッス』あたりでのじょもよちーが乗ったトロッコがすぐ近くで止まったので最高だったね……2人の姿を目に焼き付けました。『LEGNE』ではすぐ近くをふーりんるーりぃのトロッコが通ったので、噂になっていた飯屋のサイリウム芸を間近で拝むことができました。すごい真剣な顔で両手に持った青リウムをぶんぶん振ったり、突然ポーズとったりであれは笑うわ。ぜひBDにはマルチアングルで収録していただきたい。そしてまさかの凸レーションによる『Nebula Sky』! この曲は来るとは思ってたけど凸レーションで歌うのは意外すぎて! もうこんな組み合わせないだろうなあと思って心に刻みつけておりました。ふと前方のモニターを見たらデレステの画面が映ってて、実装間近なのかなと期待してみたり。「紺碧の空~」のところのもよちーがめっちゃかっこよかったです。

休憩あけて最終ブロック。『Hotel Moonside』は最初のダンサーさんも凄かったですが、飯田氏のパフォーマンスも素晴らしかったです。「1, 2, kiss, kiss」に完全にやられました。速水奏というキャラが正直ちょっと苦手だったのですが、そんな苦手意識ごと吹き飛ばす素晴らしさでした。

そして2日目の個人的ベストアクトが『in fact』。これは本当に良かった……。センターステージにスポットライトというシンプルな演出で会場すべてを引き込み、しっかりと歌い上げるその強さ。曲自体も初めて聴いた時点からずっと好きだったんですが、ライブのステージ上で一挙手一投足に至るまで「ありす」として歌う光景を目の当たりにして、佐藤亜美菜さん凄かったと思うと同時にますますこの曲が好きになりました。自分はありすというキャラにそれほど思い入れがあるわけではないのですが、それでもあの時あのステージには確かに「ありす」がいたし、積み重ねた物語という力添えなしの「歌の力」だけで涙ぐんでしまうとは思わなかったです。全体を通して感情の込め方が凄くて、「もっともっと素直になれたら」のところが本当にありすで……。この曲を生で聴けて本当によかった。ミリオン2ndの『未来飛行』もそうなんですが、キャラが降りてきてるかのようなパフォーマンスって、やっぱり伝わってくるものがあります。

続いてはお待ちかね『Trancing Pulse』! 加蓮は戦車道のお仕事だったのでトライアドプリムスが揃わないステージだったわけですが、そこで誰かを入れるのではなく凛と奈緒だけで歌うという選択は正しかったんじゃないかと。自分はトラプリをあまり特別扱いしたくない気持ちが強いのですが、それでもこの2人で歌うという決断は良かったなと。そしてやはり素晴らしくステージ映えする曲。3人揃うステージが楽しみです、とか書こうとしたらねんどろいどライブとかいう場所で揃うらしくてどうしたものか。

2日目の『つぼみ』はセンター飯屋さんの回りでCPメンバーが座って歌っていたのですが、のじょもよちーが寄り添って肩を揺らしながら歌っているのが尊すぎました。あと飯屋さんバラードいけるやん! このあたりからはアニメ後半をなぞる感じの流れ。やっぱりアニメはNGが主軸だったということもあり、アニメという物語を乗せた「力」があるセットリストでした。『心もよう』はNG3人で来るかと思いきやふーりんと飯屋だけ。確かにアニメ的には凛と未央が卯月を待っている気持ちを描いた曲です。2人でしっとりと「待ってるよ」と歌い上げたその声に呼応するかのようにはっしーが現れての『流れ星キセキ』とかもうね。スマイリングじゃないのか!と思いつつも、NGの物語の集大成とでも言うべきこの曲、やっぱり強い。アニメでは正直あまりピンと来てなかったのですが、ライブで聴いて一気に好きになりました。3人で空を指差すような振り付けが本当に素敵で。センターステージで歌っていたのを正面から見ることができたの嬉しかったですね。そしてやっぱり来ました『S(mile)ING!』。1日目の最初と2日目の最後、同じ曲なのに全然違って聴こえるのが不思議。最後の挨拶まで含めて、泣きそうになりつつもちゃんと笑顔で〆られるはっしーはまさしくPower of Smileの体現者だし、これがシンデレラガールズのセンターなんだなと。

『夕映えプレゼント』はアニメ初期を思い出して、楽しかったこの1年を振り返るような気持ちで聴いていました。ふと天井を見上げたら、会場のサイリウムが反射してまるで星空のように輝いているのが見えて、なんというかただただ尊く、そして楽しかったなと。叫びすぎて3日くらい声が戻らず、副業のときに同僚に怪訝な顔をされたりもしましたが、それくらい笑顔に溢れた素晴らしいライブでした。

今年は1年を振り返っても本当にアイマス尽くしな1年でした。来年も年明けからミリオンツアーが待っていたりとまだまだ楽しいことが続きそうなので、全力で駆け抜けていきたいと思います!


アイドルマスター シンデレラガールズ ニュージェネレーションズ(1) (ガンガンコミックスJOKER)
バンダイナムコゲームス namo
スクウェア・エニックス (2013-04-25)
売り上げランキング: 26,261

| アイマス | 02:30 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/877-c2da7820

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT