PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

かわいいは正義 - 「ハヤテのごとく! Cuties」第5話

130414_00.jpg

 第5話感想、ざっくりと。
 さて今回の第5話はお待ちかね、桂ヒナギク編です!
 アバンはヒナギクのビデオ撮影●REC。桂ヒナギク禁断の水着DVDとか是非欲しいですね。そして久々に聞いた「ペッタンコー!」。水着の中には大量のパッド。

130519_01.jpg

 胸を手で押さえるヒナギク。切ない(ノД`)


 さて本編。最初の方が見覚えのない展開だったのでオリジナルかと思いましたが、どうやら340話(32巻2話)の肩もみの話の模様。

「勉強? 何の冗談です? 肩がこるような人生送ってないでしょ」
 冒頭からハヤテの毒舌っぷりが冴え渡っています。次回は生徒会3人組なので、この流れからそのままいいんちょとの試験勉強をやるのかな?(6話は配信が1週休みなのでまだ見てません)

 しかし冒頭からとにかくヒナギクの可愛さが凄いです。心なしか作画にも力が入っている気すらします。流石人気No.1ヒロインということなのでしょうか。

 ヒナギクがアパートに戻ると、肩を揉んでもらっている千桜。そしてそこにナギとマリアさんも登場。

「今日はこっちの家に?」
「週末だしな!」

 もうよくわかりません。

 そしてヒナギクとハヤテの夜の勉強会(意味深)。
 原作では夜の勉強会からそのままヒナギクが肩を揉んでもらう流れなのですが、どうやら今回は間に別の話を挟む模様。


 間に挟まれた話は、まさかの221話~223話(21巻4話~6話)、ビーチバレーの話。原作アテネ編における、ヒナギクパート的には重要なんだけどダラダラと時間をかけすぎな話を何故かここで持ってくるという謎チョイス。

 肩こりにならない=か弱くない、と繋げているようでいて、単にヒナギクが可愛い話をチョイスしただけという感じですね。もう何というか、話の辻褄合わせとか知らないよ! と開き直った感じの気持ちよさです。

 舞台は三千院家のリゾート施設、シー・ディスガイア。そこに現れたのはギルバート。「今日こそは借金執事を倒し」と言っているので、アニメ視聴組には「まあなんとなくザコキャラなんだろうな」という認識をさせつつ、原作的には昔の遺産相続条件のままという形になるのかな。王玉云々の話を全部すっ飛ばす感じで。

 マリアさんを「妙齢のメイドさん」呼ばわりしつつ(特記事項)、始まるビーチバレー。

130519_02.jpg

 ヒナギクめっちゃかわいい。もう細かいことが気にならない可愛さ。

 ヒナギクの「あなたを助けたいか……」というモノローグは、原作だと「ここで負けるとナギが三千院家の遺産を相続できなくなる」ということで(ハヤテ側からすれば)勝たなければならない動機があったわけですが、アニメでは動機が薄いシーンになってしまった感はありますね。いや原作でもヒナギクは何故ビーチバレーしてるのかよくわかってなかったはずなんでいいんですけど。

130519_03.jpg

 とりあえず水着ヒナギクが可愛かったからいっか!(適当)
 最後にヒナギクが肩を揉んでもらって終了です。

 原作的にはこの前後の話が非常にヒナギク的に重要パートなのですが、アニメではその辺はスルー。ビーチバレー話はヒナギクがとっても可愛いので使われたんでしょうが、アテネ編を劇場版で、的な可能性が薄くなってしまった感はあります。

 ぶっちゃけ3期3話で使ってしまったヒナギクと遊園地に行く話をここで使えればベストだったんじゃないの? と思ってしまいますね。3期3話は褒めるところが皆無だったので……勿体無いなあホント。


 何だか最後ネガティブ風味な語りになってしまいましたが、細かいこと全部抜きに、ヒナギクが可愛かったので凄く楽しめた話だったりします。いやあかわいいは正義だなあ、凄く良かったです。
 まあもちろんこういう良い評価になるのは自分がヒナギクファンだからですが! ああやっぱり俺はヒナギクが好きなんだなあ、と再認識できたアニメでありました。

(これまでの感想)
メイドさんという存在 - 「ハヤテのごとく! Cuties」第4話
はやくおっきくなりたいな - 「ハヤテのごとく! Cuties」第3話
お嬢さまの日常 - 「ハヤテのごとく! Cuties」第2話
楽しいアパート生活 - 「ハヤテのごとく! Cuties」第1話


春ULALA LOVEよ来い!!!
春ULALA LOVEよ来い!!!
posted with amazlet at 13.05.19
桂ヒナギク starring 伊藤 静
ジェネオン・ユニバーサル (2013-05-29)
売り上げランキング: 448

ハヤテのごとく ! Cuties 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2013-06-26)
売り上げランキング: 3,325

| ハヤテのごとく!! | 18:52 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/840-34a9d0f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。