PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

2012年を振り返る - ライトノベル編

 あけましておめでとうございます。
 毎年「今年は更新頑張ります」って言ってるけど全然達成できてないので、今年はマイペースに更新していく方向で。今年もよろしくお願いします。

 さて、ラノベの感想をほとんどブログで書かなくなったこの頃ですが、2012年ぷらずまだっしゅ!的ラノベランキングをお送りします。毎年ベスト5にするかベスト10にするか悩むんですが、今年もベスト5で。


5位:「なれる!SE」



なれる! SE7 目からうろこの?客先常駐術 (電撃文庫) なれる! SE8 案件防衛?ハンドブック (電撃文庫)

 この業界の怖さを知ることができると同時に、それでもちゃんとラノベとして楽しめるよう仕上げているこの作品は凄いと思うのです。今年は客先常駐の話を描いた7巻のインパクトが凄かった。本業の人は読んでると胃が痛むという話を聞いたりもしますがそれも仕方ないのかもしれぬ。
 どうでもいいですが8巻で「釘声」とか言われてたけど室見さんCVくぎゅじゃなかったですね……。


4位:「冴えない彼女の育てかた」



冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫) 冴えない彼女の育てかた 2 (富士見ファンタジア文庫)

 あの丸戸史明が手がけるライトノベル。分かる人には分かるネタが軽快なコメディの中に織り交ぜられていて、読んでて実に楽しいです。2巻からはちゃんとキャラの掘り下げも始まり、ラブコメとしても楽しみなシリーズになりました。気軽にサクッと読めますし、実にラノベらしい作品に仕上がってるのではないでしょうか。
 丸戸作品にも手を出してみようかと思いつつ、そういや「パルフェ」途中で放置してたことを思い出すのであった。「ホワルバ2」とかもやってみたいとは思いつつなかなか手が伸びないこの頃なのです。


3位:「天鏡のアルデラミン」



天鏡のアルデラミン―ねじ巻き精霊戦記 (電撃文庫 う 4-4) ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンII (電撃文庫)

 このラノで知って手を出してみたら面白かったので。内容としてはファンタジー世界をベースにした戦記モノで、智略系の主人公が指揮官となって無能な上官の元で頑張って隊を率いていく感じの作品です。やってることは「皇国の守護者」なんですが、ラノベらしく味付けされていて軽快に読めるし、けれど落とすところはちゃんと落としてきて、ページをめくる手が止まりません。
 ガジェットとしての「精霊」がどう機能していくのか、そして斬新な「最終目標」に向かって物語がどう展開していくのか。今後も楽しみな作品です。


2位:「魔法少女育成計画」



魔法少女育成計画 restart (前) (このライトノベルがすごい! 文庫) 魔法少女育成計画 restart(後) (このライトノベルがすごい!文庫)

 魔法少女達によるバトルロワイアル作品。後書きで「いかにしていたいけな少女たちを殺すか」とか書いてあるようなゲスい作品です。魔法少女達が「運営」の悪意に翻弄されて互いに殺し合い、後には何も残らない。けれどそれが面白い。「restart」の方もテイストは違うけれど、根の部分はやはり変わりません。
 魔法少女各自の能力を生かしての殺し合いはもちろん、その能力の真の効果を考えながらの駆け引きも実に面白いです。特に続編「restart」の終盤の展開は圧巻の一言で、予想を裏切られっぱなしでした。凄い作品が出てきたなあと。更なる続編が出るのかはわかりませんが、コミカライズとかも決まっているようなので期待したいところです。


1位:「ノーゲーム・ノーライフ」



ノーゲーム・ノーライフ1 ゲーマー兄妹がファンタジー世界を征服するそうです (MF文庫J) ノーゲーム・ノーライフ2 ゲーマー兄妹が獣耳っ子の国に目をつけたようです (MF文庫J)

 ゲームに特化した天才兄妹がゲームで全てを決める異世界に召喚され、世界を征服していく作品。「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」と非常に似通った構造ですが、個人的にはこっちが断然好みでした。いや「問題児」も面白いですけども。「問題児」のギフトゲームが本質的には「バトル」になっているのに対し、こっちはちゃんと「ゲーム」なのが良いですね。
 人を傷つけることが禁じられている、本当に「全てをゲームで決める」世界なので、その肝である駆け引き・頭脳戦が実に面白い。ラノベらしいキャラの配置とそこから生まれる掛け合いも楽しいです。ファンタジー世界だからこそ成し得る「超健全なエロス」の発想は流石になかった。1月には3巻も出るし、作者の奥さんによるコミカライズも決まっているということで、今後の展開が非常に楽しみです!


 次点としては、ちゃんと空太が結論を出した「さくら荘のペットな彼女」、アリシゼーション計画の解説が琴線に触れまくりだった「ソードアート・オンライン」、2巻後半のルゥの演説に一気に引き込まれた「楽聖少女」あたり。
 例年よりも読書量が落ちた1年でしたが、これ絶対モバマスのせいだ……。

 それでは、2013年も面白いラノベに出会えることを祈って。

2011年を振り返る - ライトノベル編
2010年を振り返る - ライトノベル編
2009年を振り返る ~ライトノベル編~
2008年を振り返る ~ライトノベル編~

| ラノベ | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/831-711f3a1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。