PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

君の瞳に恋してる - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第12話

 2012年もそろそろ終わり。今年もありがとうございました。
 今年は原作の記事を全然書けなかったのが心残りですが、同人誌も作ったしアニメ3期もあったし、ハヤテブロガーとしては楽しい1年でした。来年もアニメ4期が控えてますし、また盛り上がっていきたいですね。2013年もよろしくお願いいたします。

 そんな訳で12話感想です。


 永遠回路・黒椿、その内部。

121229_01.jpg

 突然登場した謎のタヌキ、実はサンデーに載ってる4期のキービジュアルにも描いてあったりします。今後も出てくる重要キャラだったりするのでしょうか? 単なるマスコットキャラ的位置付けの可能性もありますが……。

 さておき、黒椿が幸運と不運を呼ぶ理由の説明が。黒椿にこういう解説を付けるなら、王玉にもそういった不運を呼び込む何かがあるのかな。
 幸運が舞い込む条件である「8の数字で針が揃う」は、中にいる魂が女装して祈りの歌を歌うことで満たされ、奇跡の代償として中の魂は消滅してしまうとのこと。シリアスならシリアスに徹していいんじゃないかな……。


 本筋の前に、サイドストーリーについて少し。
 雪路とヒナギクの話は正直必要だったのかなあ。お金よりも大事なものがあるというのは分かるんですが、それは本筋と関係ないですよね。取ってつけた感が出てしまっていた印象。
 マフィアの話を最終話まで引っ張ったのも謎。マリアさんの出番を作ったり、雪路とヒナの話への導入に必要だったのだろうか。意味深な番号だった1203号室も特に意味はなかったようで、「1203! ナギの誕生日! てことはマフィアのボスはナギと関係ある人物!?」とか興奮してた自分がバカみたいじゃないですか……。

 伊澄とツグミの戦いでは、伊澄がナギへの執着の強さを見せつけてくれました。バオウ・ザケルガでも使うのかと思いましたがエネルギー弾でしたね。あれこれ何のアニメだっけ?
 他方、ツグミがドリーを母と呼ぶ理由が明らかになりました。砂漠に捨てられていたツグミを拾い、育ててくれたそうです。ドリーがそんな事をした理由は謎ですが、ドリーと王の間には子供がいなくて云々みたいな話があったりするのかも。ツグミとドリーに関してはもう少し掘り下げても良かった気はしますね。


 さて、ナギ&シンハイエックとドリーの最終決戦。
 最終決戦ではシンハイエックが普通にナギの名前を呼んでいたりと、割とシンハイエック関係はあっさりしていた印象ですね。あくまで「ナギと父」ではなく「ナギとハヤテ」にスポットを当てたいということかな。

 ハヤテが命より大事であると迷わず言い放つナギの愛の強さを垣間見て、シンハイエックは黒椿を手にナギを助けに現れます。指輪を取り戻してくれるようナギに言い残すと、自分に黒椿を刺してハヤテにバトンタッチ。
 父娘の別れはあっさりと。シンハイエックは既に死んでいるはずの存在、長々と話すものでもないのかな。紫子の面影が残るナギの顔を瞳に焼き付け、現世を去ります。

121229_02.jpg

 黒椿内での「娘がピンチなんだ」という短い会話で、ハヤテもこの人が誰なのか察したはず。かつて紫子から「あの子をお願い」と言われ、シンハイエックから「後はよろしく」と言われたハヤテは、亡くなったナギの両親から認められたと言ってもよさそうですね。


 そして戻ってきたハヤテ。
 超高所からの落下という大ピンチな状況ながらも、黒椿内のシンハイエックの祈りの歌によって、ルカライブの風船がこのタイミングで浮かんでくるという奇跡が起こります。人任せな感はありますが、父親が娘のピンチに黙っているはずがないですからね。

121229_03.jpg

 奇跡が起こったことを示す、8で重なる針。8というのは即ち∞。時計の針が永遠を指す時、魂は永遠から解放される。黒椿の指す時間が8月8日になっているのも「全ての針が8を指している」ということなんですね。


 そしてクライマックスシーン。
 風船に支えられて空中浮遊しながら、ナギは自分の気持ちをハヤテに伝えます。CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU、「君の瞳に恋してる」というサブタイトルを意識してか、その瞳の作画には一段と気合が入っているように感じます。
 一度は自分の執事でなくなってしまうかと思ったハヤテが、また自分を助けに来てくれた。だからこそナギは、その素直な気持ちをハヤテにぶつける。

121229_04.jpg

「私……ハヤテが好き! 世界で一番ハヤテが好き!
 だから……だから……!」


 その思いの丈を。
 もう伝えられないかと思った自分の気持ちを。
 短い言葉に、余すことなく全てを込めて、改めて伝える。
 最愛の執事にもう一度会えた、その喜びとともに。

「ありがとうございます。
 それはとても大事なものですから、大切にしないと、いけませんね」


 それとは何か。きっと「愛」のことなのでしょう。

 この二人の関係性には課題が残るところではあります。
 10話でも見たように、そのベクトルは双方向に釣り合ってはいません。
 けれどそれはまた別のお話。
 今はきっと、これが二人の愛の形なのでしょう。

121229_05.jpg

「……うんっ!」


 一方、黒椿の中。
 自分の魂を犠牲にして祈りの歌を歌いきったシンハイエックの元に現れたのは、彼の最愛の妻であるゆっきゅんの魂
 ナギとハヤテ、二人のための祈りの歌を歌いきったシンハイエックの元にもまた、二度と会えないはずの紫子と再会できるという奇跡が起こったわけです。ようやくシンハイエックは永遠から解放され、ゆっきゅんの元へと逝くことができる。

121229_06.jpg

 女装設定のせいで最後まで締まらないなオイ!
 まあこの作品はこういう作品だから、というメッセージが込められているのかもしれませんが。


 その後ツグミから結婚指輪を受け取ったナギは、ハヤテと共に下田を訪れ、その指輪を両親の墓に捧げます。その後不幸が起こらなくなったということで、シンハイエックが永遠から解放され、ゆっきゅんの元へ無事逝けたということは伝わったのでしょう。

 空に輝くひとつの星。
 あの時よりも更に絆を深めた二人を見守るのは、きっと紫子だけではなく。
 8年遅れて「母の星」にたどり着いたシンハイエックと、二人一緒に見守ってくれている。

121229_07.jpg

「避けようのない不運で、ひとつふたつ言葉が行き違ったり、誤解したり、悲しいことが起こったりするけど。本物の愛は、不運には負けない」

 本物の愛があれば、不運も困難も乗り越えられる。
 本物の愛があれば、誤解が生じても、二人の絆は揺らがない。

 ナギとハヤテ。
 紫子とシンハイエック。

 この二組の主・執事カップルの、誤解に負けない愛の形を描いた作品。
 それがこの「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」なのかもしれません。


 はいそんな訳で12話感想でした!
 最初はどうなるかと思っていたアニメ3期も、終盤に入ってからの怒涛の展開は実に面白く、原作では描かれていない未来の展開というのもやはり刺激的で、何だかんだ言いつつも楽しめたなあと。原作の読解班としては色々考察の材料も増えてますます今後の展開が楽しみです。

 12回にわたって書いてきたハヤテ新アニメ感想記事も今回が最後。お付き合いいただきありがとうございました。アニメ3期の総括は年明けに別記事で展開する予定ですので、よろしければそちらもお楽しみに!


(これまでの感想)
いちばん大事な人だから - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第11話
差し伸べられた手 - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第10話
アメリカの魔女 - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第9話
ラスベガスに吹き荒れる風 - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第8話
黒椿は不運を呼ぶ - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第7話
紫子むかしばなし - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第6話
ナギの父親情報、なる早で - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第5話
原作と繋がるキーワード - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第4話
ヒナギクは鬼じゃないよ可愛いよ! - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第3話
ツグミルリは不憫可愛い - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第2話
新たなる物語の始まり - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第1話


| ハヤテのごとく!! | 17:11 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/830-de614cff

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。