PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

紫子むかしばなし - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第6話

 第6話感想、ざっくりと。

121022_02.jpg

 アバンのハヤテ劇場は紫子作の紙芝居。おいしそうなメロンパンだなぁ。
 紫子作の童話はかつてバックステージに掲載された漫画でも描かれていましたね。0巻をお持ちの方はP32~34、そうでない方はバックステージVol.233236をご覧ください。こういう話を聞いていたから今のナギがあるのだなあと実感。


 紫子劇場はともかく、6話のメインも昔話。
 両親を亡くしたある貧しい少年は、貧しい国の貧しい街で立派な泥棒になりました。ある時業界トップに君臨する女に黒椿を盗むよう唆され、忍び込んだとある国の深い森の城の一番奥で、男は世界一可愛いお姫様と出会うのでした。

121118_01.jpg

 そんな訳でこの話、ナギの父親と母親・紫子の出会いの模様です。紫子いわくすっごいイケメン。しかしその正体は泥棒。
 紫子いわく「すっごい高い」結婚指輪をなくしたらしいですが、本当になくしたのかは怪しいですね。「高いぜ~」とかゆっきゅんいいキャラじゃのう。

 気になるのは「業界トップに君臨する女」という意味ありげな響き。内容的には風の噂でもいいはずなのに、わざわざ性別まで明らかにされています。
 少し妄想の翼を広げると、例えばこの「業界トップの女」というのは「王族の庭城」のような場所ですら楽々に侵入を果たし、秘宝を盗み出せたりする人物だったりしませんかね。

100227_hayate_03.jpg

 つまり紫子が自分の「運命の人」を探すために流した噂だという線。もしかすると「黒椿」は紫子が持っているor紫子そのもので、「私を盗み出して欲しい」みたいな意味深な……1週遅れでこういうこと書いてると痛い目見そうなのでこの辺で。


 さてさて本編Aパート、「シルバーウィークも後半」だとか。そもそも2005年にシルバーウィークって言葉があったのか怪しいですが、カレンダー上この週は月・金が祝日なので一応「休みが多い週」ではあったんですね。
 そんな訳で日付は9月23日(金)、秋分の日。少し後の千桜からのメールのシーンで確認できます。

 「ありがとうだよ!?ありがとうだけどもだよ!?」のシーンのナギが可愛い。お使いについていくナギが手に取った神知るソーセージは一応突っ込んでおくべきか。

 ムラサキノヤカタで受信した千桜からのメールによると、千桜はルカのライブのためにラスベガスに行っている模様。親友のライブとはいえラスベガスまで行くのは凄いな。西沢さんは行ってなさそうですが、千桜は一人で行っているのだろうか。
 ナギは「しまった」と言っていて、ライブの存在を忘れていた模様。ルカのライブのついでに遺品を受け取りに行く流れになるのかもしれません。

 CMまたぎ劇場では生徒会の面々のシルバーウィーク旅行の話とか。シルバーウィークとは言っても実質普通の3連休じゃないですかー。


 Bパートでは再び昔話。尺の都合か謎ルカはなし。44マグナムを構える紫子が実にこの作品らしいノリでいいなあ。体が弱い紫子がマグナムの反動に耐えられるとは思えませんが……。
 自分の体の弱さ故長くは生きられないことを知っていた紫子。それでも恋はしたいからと、運命の人との出会いを星に願っていたらしく。その結果現れたのが泥棒の男。運命の人はあなたでいいや、という適当な理由で、紫子は男に言います。

121118_02.jpg

「あなた、わたしの執事になりなさい」

 後のアテネやナギがある日突然出会ったハヤテを執事としたように。
 在りし日の紫子も、突然出会った男・シンハイエックを執事としたのでした。


121118_03.jpg
 
 脅すんかい!


 さて、ゆかりちゃんハウス。太くて長いものをエサに、ツグミの目的を本人から聞き出すナギ。帝に電話をかけて、黒椿について確認します。
 劇場版でもiPhone壊していたなぁと思っていたら、ナギもちゃんと「またスマホを壊してしまった」言ってますね。劇場版ではさんざん「iPhone」言ってたのに今回は「スマホ」なのか。

 その後ツグミルリがナギを助けたり、同人誌を頑張って守ったり、アパートをカラスが監視していたり、FF9のジタンみたいな台詞をツグミが言ったり、TARI TARIしつつも話は進み。

121118_04.jpg

 13年前に黒椿を盗んだのはナギの父親であることが帝から告げられます。この謎の時計が父親の遺品のようですが、流れ的にはこの時計が黒椿?
 白桜と並べて考えるなら剣かと思っていたんですが……ミスリードを誘っている可能性もあるのでここで決めつけるのは早いかな。白桜がヒナギクの体内にあるように、黒椿が誰か――例えば紫子――の体内にあった可能性もありますし、この辺は追加情報待ちですね。


 ちゃんと話が動き出した感がありますし、ナギとツグミのエピソードも小規模ながらも綺麗にまとまっていて良い話でした。新アニメのシリーズでは一番良かったんじゃないかなと。今後も期待!

(これまでの感想)
ナギの父親情報、なる早で - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第5話
原作と繋がるキーワード - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第4話
ヒナギクは鬼じゃないよ可愛いよ! - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第3話
ツグミルリは不憫可愛い - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第2話
新たなる物語の始まり - 「ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU」第1話


ハヤテのごとく! CAN'T TAKE MY EYES OFF YOU 第1巻 (初回限定版) [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2012-12-21)
売り上げランキング: 2337

| ハヤテのごとく!! | 23:02 | comments:1 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT

いいですね(*^_^*)

| 藤岡亨穂 教授 | 2012/11/24 18:31 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/824-19dc4900

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。