PREV | PAGE-SELECT | NEXT

世界樹3プレイ日記:第7回「究極の選択」

 1回休んじゃうともうグダグダですね…。
 そんな訳で若干ストックが溜まった世界樹3プレイ日記。


世界樹の迷宮III 星海の来訪者 特典 サウンドトラックCD付き
アトラス (2010-04-01)
売り上げランキング: 14


 今回は第3階層クリアまで。
 11Fではリフトのようなギミックが出現。
 とは言ってもただ長距離を一直線に移動する、そのままリフトとしての役割しか果たしていませんが。使った後元通りになる訳ではないようで、一方通行にはならない模様。使った後別の方向から乗ることで別の場所に行けたりもするみたいですね。

 露骨に何かありそうな空間にたどり着くと、そこにいたのはクジュラ。一旦元老院に報告に戻りと言うので戻り、再びそこを訪れると提示されたのは「海都か?深都か?」の選択肢。BGMも変化し、これまでの単純なYES/NOの選択肢とは明らかに違う「ミッション」という形での二者択一の選択。そしてその内容はゲートキーパーを討つか護るかという完全に排反なもの。

 世界樹3は本当に「これまでのプレイヤーにこそ新鮮さを与える」ことがコンセプトになっているなと感じます。これまではストーリーなどはオマケで、基本的にはダンジョンに潜ることこそメインでしたが、今回はストーリーに分岐をつけてきたと。

 ボウケンシャとしてはやはり「討つ」方を選びたくなるものの、話だけ聞いてるとどちらも何かを隠している様子。全然決められなかったのでマップ埋めたりFOE倒したり、大航海クエストやったりして2日くらい悩んでましたが、12Fでクジュラに止められたので仕方なく選ぶことに。海都か?深都か?どちらも宿屋の店主は可愛いので悩みます。

 で、結局選んだのは海都。理由はですね、海都はミッション受けると礼を言われるんだけど、深都は「卿らがこのミッションを受けるのは当然」みたいな態度でつまるところ深王の態度がムカつくので海都にしました。


 そんな訳でゲートキーパーを倒しに行きます。
 12Fでは懐かしの「ひっかきモグラ」が登場。出世したもんだなあ。しかしむしろ強いのは「オオアリクイ」の方で…こいつ鬼だわ…。

 さて、クジュラがやられてましたがまあそれはさておくとして。ボス「ゲートキーパー」との戦いです。

1ターン目:「双覇の構え」

 構え?これは何か強い攻撃が来そうだな…防御防御。

2ターン目:「天地双覇掌」

100419_sq3_02.jpg

\(^o^)/

 …というのは冗談ですが、ほとんど瀕死だったので、復旧する間もなく分裂した頭と体に綺麗にボコられて全滅と。


 ううむ…状態異常とかならともかく、純粋に体力勝負でやられるとなるとどうしようもないなと思いつつ、レベル上げは嫌いなのでとりあえず試行錯誤。

 まず思いついたのは「防御の号令」による防御力向上。これは物理攻撃なのか…?という疑問もありましたが、確かにダメージが軽減されました。
 そして「アームブレイカー」による腕縛り。発動こそ防げないものの、威力は大幅に下がってました。ただ構えのターンに決めなきゃいけないので、割と運次第。決まれば儲け、程度の作戦。

 頭と体に分裂したゲートキーパーは、頭が物理・体が属性に弱いようだったので、ゾディアックが体、残りのキャラで手が空いているキャラは全員頭を狙うことに。片方に集中してもいいんだけど、ダメージ効率が悪そうだったので。

 それで結論から言うと、「防御の号令」使って全員耐えることさえできれば、構え・分裂・集中といった回復ターンがあるのでそこまで辛い試合にはならないという。あとはTPが持つかどうかの勝負。

 先に落ちたのは頭の方で、その次のターンに体がいかにも自爆しそうな雰囲気をかもし出したところでゾディが体にトドメ。

100419_sq3_01.jpg

 結局、大技「天地双覇掌」さえ耐えられれば休憩ターンが3回もあるから割と楽だったな…。鯰や鯨のほうがよっぽど強かったです。骨のないボスだったぜ…(機械だけに)

 そんな訳でまた次回ー。


ピアノと弦楽器の生演奏による「世界樹の迷宮」I&II スーパー・アレンジ・バージョン
ゲーム・ミュージック
Geneon =music= (2008-10-08)
売り上げランキング: 1734

| 世界樹の迷宮 | 01:58 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/735-cd5559a3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT