PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「ハヤテのごとく!」過去編(11) - 涙も枯れて

 迂闊っ…!
 他にもやることはたくさんあるのに、前に買って未開封のままだった「テイルズオブヴェスペリア」を開封してしまった…!リタ可愛い…!


 さて、今週の「ハヤテのごとく!」は262話。サブタイトルはまさかの「THE END OF THE WORLD(11)」…過去編の続きですか!そういえば「世界の終わり」って結局何だったのかとか考え始めて、伊澄さんが世界が終わるとか言ってたなぁとか今更思い出しました。


◇静寂のロイヤルガーデン

 ハヤテが去った後のロイヤルガーデンに一人残されたアテネ。
 アテネはこのハヤテとの最悪の別れについて自らを責めます。大切な指輪をハヤテの親に売られた怒りに身をゆだねてしまい、ハヤテを行かせまいとしてハヤテと戦ってしまったこと。
 そして、頭痛を感じるアテネ。この頃からミダスは少しずつ育っていったのだろうか。

 この時アテネはミダスという存在に気づいていたのかどうかが気になるところ。それによってこのシーンの解釈は変わってきます。「自分の愚かさ」が、前述のような「カッとなってしまったこと」を招いたのか、「ミダスに利用される結果」を招いたと考えているのか。

 アテネがハヤテと共にロイヤルガーデンを出る方法はあると言います。けれどそれをハヤテに教えるわけにはいかなかった。その方法を知ったら、ハヤテは必ず…何なのか。
 その方法はハッピーエンドにつながるようなものじゃなくて、何らかの犠牲を強いるものだったんでしょうね。そしてそれを教えてしまったら、ハヤテが必ず実行してしまうような…けれどアテネはハヤテにそれを実行して欲しくないような、そんな。
 二人とも出ることを前提にしていますから、どちらかが中に残るとか、消えるとか、そういう類のものではないでしょう。記憶を失うとか?


◇正義の味方

 ハヤテにハンカチを渡すハヤテ兄。ハヤテ兄が人助けをするのは日常的なことだったようで、ハヤテに渡したハンカチは三千院紫子のものだといいます。そんな兄に、たくさんの人を助ける「正義の味方」に、ハヤテは憧れていた。

 ハヤテがポケットの中から取り出したお守りには。

100308_hayate_01.jpg

 王玉、あったんかい!!
 ハヤテは後から思い出して「あれは王玉だったんだ」と思ったりしなかったんかい…。せっかくの王玉アメ玉説が…。

 サンタもどうやら夢オチなのかな。けれど正確な個数まで言うということは、ハヤテが夢だと思っているだけで、夢じゃない可能性もあるかも。いずれにせよ、帝はどこまで手を回しているというのか…。ナギと出会う前のハヤテに「何か」があったと考えるのが妥当なんでしょうかね。

 ハヤテ兄は「助けて…」という声を聞き、ハヤテの元を離れてまた人助けに走ります。声を頼りにロイヤルガーデンへの入り口を見つけ出したハヤテ兄。そこにはアブラクサスの柱の森が広がり、王族の庭城がそびえ立っていた。

 アテネはハヤテと同様に、何にも期待しないことを選んでいた。

「いっそこのまま朽ち果てれば…夢の中だけでもハヤテに…」

 そんなことを言っていたアテネの元に、ハヤテ兄は現れた。

「お前が呼んだ。」

 キザな兄やのう…。そんなわけで次回に続くようです。


 ハヤテ兄がロイヤルガーデンに関わっていたことが確定したわけですが、今行方不明となっている理由がロイヤルガーデンがらみである可能性も高まってきましたね。
 案外、アテネの代わりにロイヤルガーデンの中にいる…という可能性もあるかもしれません。

 いつか、ロイヤルガーデンにたどり着いた現代のハヤテが、自分が最後に見た姿とはかけ離れている兄と再会する。そんな展開も「ハヤテにとって結構衝撃的」なのではないでしょうか。

 兄がこうやってハヤテの王玉を手にアテネの元に走らなければ、ハヤテは雨が上がった後またロイヤルガーデンに入ることが出来たわけですよね。そう考えると、この兄の行動がアテネを真の意味で「助けた」ことになるのかどうか、そこが気になってくるところです。


ハヤテのごとく!! 2nd season 08 [初回限定版] [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2010-03-25)
売り上げランキング: 454

| ハヤテのごとく! | 16:18 | comments:1 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT

ハヤテ兄の額の傷がシラヌイの傷に見えてしょうがないw
いや、ありえないとわかっちゃいるんですけど。

| コマケダラ | 2010/03/10 18:40 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/720-39bdef6e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT