PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「ハヤテのごとく!」マキナさん覚醒の巻

 P3Pで忙しいです!
 でも忙しい方が更新頻度が上がる不思議。暇なときってどこまでも怠惰に過ごしちゃうからなのかなあ。あまり時間が取れてなくてまだ5月上旬なんですが、とりあえずゆかりッチかわいいです。


 さて、「ハヤテのごとく!」247話は先週に引き続いてのバトル編。まあ伊澄さんの見せ場ということなのでしょうが、バトル展開はあまり書くことがないんだぜ…!

 建御雷神を4倍にしても、全く効いていない様子のミダス。そういえば伊澄さん、あれで結構ガンコ者なのでした。ミダスの攻撃で吹っ飛ぶ伊澄さん、ハヤテに抱きかかえられて赤面。なんでこんな事を、とハヤテはアテネに尋ねます。

 「なんで…?」その問いに答えようとするアテネを再び襲う頭痛。
 なんで?石がいるからだ。王族の力なんていらない。いや必要だ。あの城には戻りたくない。でも帰らなければ力を取り戻せない。力はもういらない。いや、あれは私のものなんだ。

 これはアテネ自身の葛藤なのか、それとも心の中の天使と悪魔ライクな感じのやり取りなのかがよくわかりませんが、アテネの責任が「ミダスのせい」で解決してしまうような展開にはならないと思いたいところです。ともあれ結論は「石がなくては話にならない」
 

 伊澄さんはそれを見てだいたい状況が分かったと言います。まあロイヤルガーデンに精通しているっぽかった伊澄さんですからなんとなく予想はつくのかもしれませんし、どこまで分かったのか分かっていない以上、ご都合と呼ぶのは早計かなと。

 そんな訳で撤退することになったのですが、しかし。
 伊澄さんは何気にプライドが高いのです。

091106_hayate_01.jpg

 アテネの挑発にあっさり乗ってしまう伊澄さん。普段のオロオロキャラとのギャップが凄いです!

 怒った伊澄さんは必殺「神世七代」を発動!
 見開きを使って迫力満点なのですが、これ、某氏に「バオウ・ザケルガですよ」と言われてから、そうとしか見えなくなった…。そうか、この漫画は能力バトルだったのか。ふザケルなー!(チュドーン

 いやまあ伊澄さんにも見せ場は必要でしょうし、たまには良いんですけど。いつの間にか帰ってきていた(まあテレポートかもしれませんが)マキナさんが覚醒したことで、現時点でプライドずたずたな伊澄さんにはもう1個見せ場がありそうな感じ。


 伊澄の「神世七代」を防いだ、マキナの「奥の手」は…蛇化
 マジですか。機械じゃなかったとは…。流石に「機械仕掛けの蛇なんだよ!」なんて展開はなさそうだしなあ。いやまあ名前しか根拠なかったけど。

 今週は撤退したことで一応進展したと言えますが、この先の展開はどうなるんでしょう。ミダスの正体を伊澄さんが知っていればそこから攻略の糸口がつかめるかもしれませんが、そろそろナギとマリアさんが関係してきてもいい頃。それならやっぱりナギによって伊澄パワーアップな(弊害として伊澄の能力がばれる)展開かなあ。

 ハヤテはマキナと戦いつつ(ここがすでに無理か…?)、伊澄さんがミダスをボコるのを待つ。そしてハヤテがアテネの心の隙間を埋める(すなわちキス)。しかしそれを見たナギがショックを受け、正気に戻ったアテネは…みたいな展開ですかね。
 あ、ハヤテとヒナギクがタッグでマキナと戦うのはどうでしょう!

 とりあえず、能力バトルはたぶん畑先生がたまには書いてみたかったんだろう的な。バトル漫画にはならないと思うので、その点は安心して良いのではないかと思います。


ハヤテのごとく!! 2nd season 04 [初回限定版] [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2009-11-26)
売り上げランキング: 413

| ハヤテのごとく! | 04:17 | comments:0 | trackbacks:1 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/697-d441f99f

TRACKBACK

ハヤテのごとく! 第247話「天涯の力」感想

石がなくては、話にならない……!! キング・ミダスさんに乗っ取られつつあるアテネが色んな意味で痛々しくなっています。

| 荒川キャッチデイ | 2009/11/06 07:39 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。