PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「ハヤテのごとく!」旅の終わりは、みんな笑顔で

 いろいろと更新が遅れまくりで申し訳ありません。「いや、いつも通りだろ?」と言われればまあそうなんですけど…。ロイヤルガーデン記事の後編は近いうちに…。アニメ2期総括記事は…近いうちに…。

 さて、今週の「ハヤテのごとく!」242話。
 合併号明けの今回は、そろそろこのゴールデンウィーク旅行も後半に入った感じがする回。200話からゴールデンウィークだったわけで、そろそろまとめに入るべき時期ですね。まだもう2~3山くらい残ってる気がしますが。


 ハヤテの「好きな人」について知り、そしてハヤテを後押しし、まだ気持ちの整理がついていないヒナギク。西沢さんにもうまく何があったのか説明できず、ヒナギクは一人風呂へ。そしてそこにいたのは花菱さんでした。

 花菱さんといえばヒナギクに片思いなことがほのめかされている、「ハヤテのごとく!」における百合キャラですが、そんな花菱さんが今回重要な役割を果たします。

 突然湯船の中から現れた花菱さんは、何かに夢中になりすぎてのぼせかけているご様子。何に夢中になってたかなんて、「コポコポ」と音がした場所を見れば明らかですね!
 そして不足しているスキンシップ欲を満たすべく、ヒナギクを襲う花菱さん。いいんちょと朝風さんが西沢さんを襲っているというのも気になりますが、まあそれはいいとして(いいのか!?)。

 風呂で涙を浮かべていたヒナギクを、無理やりにでもとにかく笑わせた花菱さんは言います。

「もうすぐ旅も終わり…」

091004_hayate_01.jpg

「だったら最後は…笑顔でいこう…」

 自身のスキンシップ欲をしっかりと満たしつつも、ヒナギクを元気付けようとした花菱さん。花菱さんは、ヒナギクに笑顔で旅を終えてほしいのです。
 ハヤテのことが原因で涙していると気づいているのかどうかは分かりませんが、花菱さんはヒナギクの親友です。親友が涙を浮かべていたら、放っておくなんてできませんよね。


 さあ、この後ヒナギクはどう行動するのか。「まだあきらめない」と、かつての西沢さんのように決意を新たにしただけで終わるのか、それとも「今からでも遅くない」と、天王州家に向かったりしちゃうのか。

 今回のGW編において、ヒナギクは出番的にも扱い的にも優遇されています。何週も割いてヒナギクの片思い模様を描いてきているし、あれだけ割いて不完全燃焼で終わるというのもいかがなものか。
 あきらめなかったとして、それではGW前となんら状況は変わっていません。想いを伝えていた西沢さんとは違うのです。やっぱりちゃんと想いを伝える展開を希望。


 さて、その頃ナギはハヤテのことを気にかけていました。ハヤテの様子がおかしいことに何かを感じていた様子だったナギ。しかし結局、思うところはナギも花菱さんと同じです。ハヤテにとって、この旅が楽しい思い出になってほしい、と。笑顔で旅を終えられることを望んでいる。

 ナギはアテネとハヤテの関係を知っているのかどうか。ともあれメインヒロインですから、ナギにはここからもう一山あることは間違いないでしょう。もう一人のメインヒロインであるはずのマリアさんはどうかわかりませんが…。


 そして天王州家では、いよいよアテネが扉を開きます。
 シスターの件がきっかけとなってか、「王玉」を奪われることに対し非常に過敏になっているハヤテ。そんなハヤテはアテネが「王玉」を欲していると知ったとき、どう動くのか。
 まさかナギが介入することなく終わるとは思えませんが、ともあれアテネ編のひとつの山が始まります。

「ハヤテのごとく!」帝とアテネとアイギスの盾(241話感想)
「ハヤテのごとく!」ロイヤル・ガーデンと王玉について整理してみる(前編)


| ハヤテのごとく! | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/686-b920b834

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT