PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「ハヤテのごとく!」ヒナギくぎゅうううううううううう

 来ましたね、「笹の葉ラプソディ」。3年待たされたのも演出だったというのか…!?次の新作までは大分間が開くみたいですが、ともあれまた盛り上がりそうで楽しみです。消失wktk。

 そして「わたしの恋はホッチキス」ですよ。「ふわふわ時間」がPVだった時はしょんぼりでしたが、今回はライブシーンも素晴らしかった!曲も良い感じでしたし、早くフルで聴きたいなあ。


 さて、「ハヤテのごとく!」224話はヒナギク編の続き。
 告白かと思ったらいつぞやのように「もっと恥じらいを持て」と言われてお怒りのヒナギクですが、そんなヒナギクにハヤテは平然と「ヒナギクさんはとっても可愛くて魅力的な女の子なんですよ」とか言っちゃいます。

 昔のヒナギクなら「いいわよ…ハヤテ君になら…何されても…」とか言っちゃうシーンでも、今目の前にいるのは「自分が好きな男の子」になってしまったので…。

090523_hayate_01.jpg

 可愛くて…顔、元に戻んない…!!
 このシーンを見たヒナギクファンの皆さんは、きっと作中のヒナギクと同じような状況になった事でしょう。ニヤけた顔が元に戻らないのです。


 「がんばって表情を作った」結果、思いっきり険しい顔になったヒナギク。ハヤテはもう平謝りするしかありません。そして。

 090523_hayate_02.jpg

 くぎゅうううううううううう!!!

 何だかネタにしろと言われてる気がした。声優違うよ!くぎゅううううな人は今週扉絵にしか出てないよ!


 ヒナギクは恥ずかしさのあまり再びハヤテの前から逃げ出します。何回逃げるねん。しかし今回はしっかりハヤテも追いかけます。
 そんなこんなで漫画的定番、ヒナギクを押し倒した格好になったハヤテ。愛歌さんはこんな断崖絶壁が午後ティータイムにはもってこいだとお考えか。

 「さっきヒナギクさんに助けていただいたのでそのお礼に…!!」
 「後ろから抱きしめて愛をささやいてやろうと…」
 「違います!!」

 ヒナギクは後ろから抱き締めて愛をささやいてほしかっただろうに。
 愛歌さんが言う、女の子を喜ばせる鉄板のデートコース。愛歌さんもヒナギク→ハヤテのベクトルに気付いているんじゃないかな。だからこそ「デートコース」を提案するのでしょう。いつかヒナギクにとってもラブ師匠となる日が来るのだろうか。


 二重の意味で「高い」レストラン、「サンライズ」。場所はギリシャ・アテネ。喫茶店のバイト代を全て使う、という言葉を聞いて遠慮しないのもあれですが、ハヤテにエスコートされたい乙女心なのでしょう。

 今週ヒナギク関係は決着が着くと思っていただけに、引き伸ばしすぎじゃないかという気持ちもなくはないですが、さておきヒナギクの告白はギリシャ・アテネ編へと持ち越しのようです。


 そして最後のコマには謎のキャラが登場。

090523_hayate_03.jpg

 このキャラ、誰なんでしょうねえ。新キャラという可能性もありますが、既存キャラとすればやっぱりシスターでしょうか。

090523_hayate_04.jpg
 (6巻P.69 / 8巻P.151)

 これまでのシスターのブーツとは合致しませんが、数少ない出番の中、上の2場面だけでもブーツが変わっていますから、今回も変わっているかもしれません。

 最近アニメでもやりましたが、シスターの父親はミコノス島でナギの暗殺に失敗しているんですね。今年ナギがミコノス島に行くことを聞きつけ、父の代わりに暗殺を果たそうとナギとハヤテを狙いに来る可能性はありそうです。


 バックステージによれば「次が島での話のラスト・フェーズ」とのこと。
 ミコノス編終了後は、ナギが西沢さんを案内したり、ハヤテとヒナギクがレストランに行く「アテネ編」がスタートするはず。二重の意味でアテネ編というわけですね。

 レストランでアーたんと「出会う」ことは無いと思うんですが、「アーたんがハヤテを見つける」程度なら十分ありえそうです。「女の子にご飯をごちそう」というシチュエーションはハヤテの「甲斐性」を示すのにぴったりですし、ヒナハム組の物語が先に進むためには必要でしょう。

 一方、ちゃんとアーたんとハヤテが「出会う」のは、ナギとハヤテが一緒にいるときかなと。愛歌さんの「お届けもの」など、まだ未回収の布石もありますし。


ギャルゲコミカライズ手法とバランス感覚の欠如
 ギャルゲコミカライズの話とか、これまで議論されてきたことを一つにまとめた感じの記事。流石きよさんはハヤテ界隈のまとめ役ですね!(何

 Twitterでもちょこっと書きましたが、ハヤテはギャルゲコミカライズとは違い「原作」であるために、各キャラのルートに何らかの形で落としどころを見つけて「エンディング」とする必要はあると思ってます。「おいしいイベントだけ回収」では終われないのが難しいところです。

「ハヤテのごとく!」桂ヒナギクの負けられない戦い(223話感想)
「ハヤテのごとく!」ヒナギク可愛いよ。ホント可愛いよ。(222話感想)


ハヤテのごとく!! 2nd season 01 Blu-ray (初回限定生産)
ジェネオン・ユニバーサル (2009-08-21)
売り上げランキング: 426

| ハヤテのごとく! | 22:27 | comments:0 | trackbacks:1 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/655-10b6c404

TRACKBACK

ハヤテのごとく!第224話「女の子のご機嫌をとるのは大変。でも大事」感想

でも最近の小学生は発育良いよ、谷間が出来るぐらいには

| 荒川キャッチデイ | 2009/05/24 00:42 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。