PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「ハヤテのごとく!」告白するのが先か、されるのが先か

 春は花粉の季節です。目がかゆくてかゆくて、気がついたら日曜になってました。おかしいな、水曜に読んで、今週のハヤテおもしろいなーとか思ってたはずなのに…。


 「ハヤテのごとく!」219話は引き続きミコノス編です。初っ端から目のハイライトが変わってる…!

 ハヤテが突然言い出した、皆忘れていたであろう遺産の話。アーたんがハヤテの写真を見ながら遺産のことを考えているということは、アーたんとハヤテのガチバトルが始まるという事か!?
 アーたんがハヤテの写真を持っているのは気になりますね。写真をどこで手に入れたのかももちろんですが、むしろハヤテが三千院家の執事をやっている事をどうやって知ったのか、のほうが気になります。ロイヤルガーデンは帝の遺産扱いなのだろうか。


 マリアさんが「倒す」の基準を気にしておられますが…4巻におけるハヤテの台詞

>「三千院家の遺産が欲しいなら…お嬢さまに手を出す前に…僕を倒せと!!」
>「ナギお嬢さまが継ぐべき遺産は、この三千院ナギお嬢さまの執事…!! 綾崎ハヤテが守っているから、遺産が欲しいならまずその執事を亡き者にしろと!!」


 この部分を帝がどのように受け取ったのか分からないのでなんとも。ここだけ読む分には「まず」ハヤテを亡き者にするということで、遺産相続とイコールでは結ばれないような気もしますし、別に殺しちゃってダメということはないでしょう。
 ハヤテが死にかければ、本来の遺産相続条件、「ナギに泣きながら謝らせる」を満たす事は出来るでしょうが、「殺してはダメ」というのはそういう意味合いなのでしょうか。


 さて、一方のヌーディストビーチ側。愛歌さんが突然現れたのはいいとして、ヒナハムそれぞれのハヤテへの態度に何か面白さをキャッチした花菱さんと朝風さん。西沢さんの方の原因は分かるハヤテですが、ヒナギクのほうの原因がわからず、ハヤテが分析をした結果…

 「たしかにそのあともちょっと…何か僕に言いたげだったというか…」
 ↓
 「ヒナギクさんは僕に…何か告白したい事があったのかも…!」

 何という言い回しの変化!告白したい事、という言い回しは流石にちょっと不自然に感じますね。

090412_hayate_01.jpg

 これに合わせたかったんだろうな、というのは分かるんですけど、もう少し自然な言い回しになるような構成には出来なかったのかなあ。


 まあ確かに、「言いたい事」「告白したい事」ではこの後のシーンでの意味合いが変わってきます。「告白しちゃおっかな~」というヒナギクの台詞の直後であることを踏まえても、ヒナギク側の受け取り方が変わってきます。

090412_hayate_02.jpg

 2つの言い回しの違いは「ヒナギクがハヤテが好きであることをハヤテが感づいたんじゃないか、とヒナギクが思うかどうか」にあります。

 「言いたい事」なら、か弱い云々のやり取りでハヤテが「ヒナギクさん、僕に何か言いたげだな」という雰囲気を察知したのかもしれない、とヒナギクが思うだけで終わります。ひょっとしてバレてる!?とちょっとドキっとしつつも、例えば「私もか弱い女の子でしょ、まったくハヤテ君はデリカシーが云々」とか言ってしまえば終わりです。

 一方「告白したい事」だと、「告白しちゃおっかな~」という台詞のタイミングも合わさり、ハヤテに「ヒナギクさんは僕の事が好きなのでは」と察知されたのか、とヒナギクが受け取る可能性が高くなります。「私もか弱い女の子」とか「デリカシー」では通じません。ハヤテにとっての「告白したい事」は「言いたい事」の意味ですが、ヒナギクはそうは受け取らないのだから。


 不自然な言い回しも、この展開が非常に面白いので許せます。やっぱり「すれ違い」なんですよね。ハヤテのごとく!は「すれ違い」の物語であるからして、こういった展開は大好きです。

 ヒナギクは西沢さんがハヤテに告白し、そして受け入れられなかったその理由を知っています。アーたんというキャラの存在。そして、アーたんと出会う可能性が高いミコノス編で、アーたんと出会う前にこの話が持ってこられたこと。

 「どうせ次回は肩透かしの結果に終わるんだろうな」と思っている人はかなり多いでしょう。でも、それでも何かしらの進展に期待したい。例えば、自分の気持ちだけ伝えて、いずれハヤテが自分を選んでくれる事を期待するとか。

090412_hayate_03.jpg

 これがヒナギクのプライドが許せるぎりぎりのラインな気はするんですよね。この恋は西沢さんとの戦いであると同時に、ヒナギクにとってはハヤテとの戦いでもあるわけですが、惚れた弱みというのがありまして。スキだって言ってもらえればOKと、そう思ってもよさそうなものです。


 キャラ同士の関係性だって、この作品を構成する立派な「物語」。次回はデート編以来あまり変化が無かったヒナギクとハヤテの関係がついに進展する!………よね?


第2回「ハヤテのごとく!」人気投票の結果を分析してみた


| ハヤテのごとく! | 23:26 | comments:2 | trackbacks:1 | EDIT

COMMENT

次回は、ヒナが告白しようとした瞬間にアーたん出現。
有無も言わさず、ハヤテを攻撃する。
その状況にヒナギクの告白そっちのけで困惑するハヤテ。
狼狽し無抵抗なハヤテをヒナは身を呈して庇って……

てな感じのメインヒロインそっちのけな展開で、ちょっと寂しそうにするナギ達でページが終わると、軽く妄想(笑

まぁ、アーたん出現にも区切りにもちょうどいいんじゃないかな?

| ミヒト | 2009/04/13 17:06 | URL | ≫ EDIT

 そこでアーたんが登場という発想は無かった!
 それはそれで面白そうな展開ですが、今週の引き的にはやっぱり肩透かしではあったりして複雑です><
 アーたんが登場して甲斐性の話が出るなら、想いを伝えるにはある意味今がラストチャンスと言えなくもないですし、やっぱり…とか言ってたらそろそろ水曜w

| カーム | 2009/04/14 23:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/640-61df2ce2

TRACKBACK

ハヤテのごとく!第219話「イノベイターではない僕らの心はお互いうまく伝わらない」感想

扉絵のマリアさんの美しさがいつもの5割増しになっています。

| 荒川キャッチデイ | 2009/04/13 01:10 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。