PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「ハヤテのごとく!」ミコノスの夜のラブコメ模様

 ついに「とある科学の超電磁砲」の3巻が発売されましたね!感想記事はもちろん近々書きますが、加筆修正多数の非常に読み応えのある一冊になってました。この漫画はホント面白いです。

 さて、今週の「ハヤテのごとく!」の話。213話です。
 今週はヒナハムが可愛いお話。特に新しい事実が出るわけでもなく、次の展開への繋ぎといった印象ですね。ああ、まあ朝風さんのキス発言は新しい事実と言えなくもないかもしれないけれど。

 「ここ2ヶ月」という言い方をするからにはおそらく3月の出来事なんでしょうが、朝風さんですから、どこまで真に受けていいのやら、という気はします。「ハヤテが私にゾッコン」含め、何処までが本気なのかつかみにくいキャラではありますね。


 今週のポイントというか、触れておきたいところは

090227_hayate_01.jpg

 やっぱりここですかね。
 でもまあ実際一目惚れなのかどうかは微妙です。ヒナ祭り祭り編においても、ヒナギクはモヤモヤした感情を「決着がついてないからだ」と判断しており、基本的に恋愛関係全般弱いのですね。

hayate_98_05.jpg

 98話のワンシーン。「スキなんだ」なんですよ。自分が前から好きだったことをこの瞬間ようやく自覚したんです。一目惚れって言うのは文字通り、一目見た瞬間に惚れることであって、ヒナギクのケースは一目惚れには該当しないでしょう。

 今回の一目惚れ発言は、ヒナギクの自己分析…「何でハヤテ君を好きになったんだろう?」→「そもそもいつ好きになってたんだろう、わからない」→「初めて会ったときから惹かれていたのかも」→「一目惚れだったのかも」とヒナギクが勝手に解釈したものなんじゃないかな、と。

 じゃあいつから好きになっていたんだという話になると、徐々に惹かれていったんだろうな、としか。去年ちょっと議論になった気がしますね、このあたりの話は。


 それにしてもこの二人の関係性は凄く良いですね。ヒナギクが変なプライドを持ってはいるものの、ちゃんと正々堂々、恋のライバルになっている感じ。そこはやっぱり西沢さん凄いなあと思わざるを得ません。あの観覧車での出来事は、本当に素直に受け入れたんだなあと。

 そしてヒナハム可愛いです。言うまでもありません。僕はこういう話が実に好みです。ハヤテが「西沢さんじゃないですか」とは言っているのに「ヒナギクさんも」と言ってくれなかったのが残念だぜ!

 あと本編の展開ですが、「異国の地でばったり」→「お祝い」ってのがよく分からんのう。一緒に遊ばないか、というのは分かりますが、「お祝い」って言葉は違うと思うんだよね。まあヒナハム編気味な感じですから実に楽しみですが。
 あとは最後のコマ、マリアさんはメイド服を着てなくてもメイドなんだなあと。

 以上、ざっとではありますが今週を振り返ったのでまた来週。


ハヤテのごとく!! アツがナツいぜ 水着編! (初回限定版) [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2009-03-06)
売り上げランキング: 68

| ハヤテのごとく! | 23:56 | comments:2 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT

一条くんとマリアさんの
絡みを見てみたいと思う
今日この頃

これからも毎週更新
頑張って下さい(☆。☆)

| _ | 2009/03/03 17:52 | URL | ≫ EDIT

一条君とマリアさんは面識があるのかなー。この作品が続いていけばそういう機会もあるかもです。
毎週更新は色々とハードですが有限実行ということで頑張りたいと思います><

| カーム | 2009/03/31 17:39 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/625-53b203e0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT