PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「ハヤテのごとく!」GWトルコ組のラブコメ動向に注目です

 こないだテレビでハリポタの映画をやっていた影響か、「ハーマイオニー」で検索してこのブログに訪れる人が増加しまして。一体そこから何人が目覚めてハヤテファンになるのか注目です。興味を持って1巻を手に取ったが最後、その期待通りっぷりにファンになってしまうに違いない…!


 ファンが増えたところで今週の「ハヤテのごとく!」207話のお話。
 今週は面白かったですね。先週までの展開が妙だった反動なんだろうけど、読み終わって感じたのがそれなので素直に書いておきます。

 ラスベガス編に関しては、やっぱりギャンブル展開は微妙と言わざるを得ない。一応来週で終了とのことなので、来週の感想で総括してみようとは思いますが、タイミングが悪かったよなあ…。
 あ、でもワタルが忘れ去られていた部分(P8)は面白かったです。こういうポジションなんだよなあ、ワタル。まあ、ワタルには来週見せ場があるとは思いますが。

 ワタル達はラスベガスにおいて、一攫千金とまでは行かずとも、咲夜に返す旅費分だけでもギャンブルで稼ぐ必要がありました。その「ギャンブルで勝つ」ことに物語的な必要性を与えたのが今回のラスベガス編なので、ワタルに見せ場がないと単なるヘタレで終わってしまう。193話でも咲夜が言っているように、ここで男の甲斐性を見せてもらいたいところ。

 咲夜はギャンブルの元手として50万貸していますから、今回の美琴との戦いで勝って100万を獲得できれば、旅費約47万と合わせて咲夜に返す事ができて元通り、一件落着。そう考えるとやっぱり勝つんだろうと思いますが、どうなるでしょうか。


 一方トルコのヒナハム+生徒会組ですが、こちらは面白いですね。ヒナハムだからという訳ではないですが、好きなキャラ補正がかかって2割増しに面白く感じるのもまた事実。
 花菱さんと朝風さんが言う瀬川家編の要約が凄い。『たしか泉にメイド服やらウエディングドレスを着せてもてあそび…』『泉の部屋で下着姿の泉を抱きしめ泣かせ…』いやまあ確かに事実が元になってるけど、前者はともかく後者は悪意が見え隠れしてるよ!

 そういえば、ハヤテのメール。ハヤテのキャラ的に意外なのかどうかは分かりませんが、高校生のメールとしては別に普通かと思いますよ。女子相手ですし尚更。ハヤテもちゃんと「高校生」しているんだなと確認できるし、普段描かれていない部分に触れている良いシーンです。


 ここで瀬川家編のフラグを思い出したのか、悪戯心で「好きです」と送ろうとする花菱さんと朝風さんは流石。そして。

090119_hayate_01.jpg

 ヒナハムかわいいよヒナハム。
 多分「好きです」って送ってもハヤテが悩んで寝込むような事は無いとは思います。むしろ「ありがとうございます。僕も瀬川さんの事好きですよ」とか返信してきそうな気すらする。もちろん、友人としての「好き」と捉えて。


 同じ人を好きになっている二人がさながら共闘しているこの構図はラブコメ的にも面白い。今回のGW旅行で、ヒナハム組はどのように進展を見せるのでしょうか。ラブコメ方面での動きにも大いに期待したいところです。

「ハヤテのごとく!」前途多難なギャンブル対決(206話感想)
「ハヤテのごとく!」ワタル母・美琴の眼力と『橘の男』(205話感想)


ハヤテのごとく!!OVA(仮) (初回限定版) [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2009-03-06)
売り上げランキング: 77

| ハヤテのごとく! | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/615-28858a68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT