PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「とある科学の超電磁砲」その時黒子に電撃走る──!

アニメ「とある魔術の禁書目録」で原作8巻の内容やらないかなぁ…。もしくはアニメ2期として「超電磁砲」やるとか。きっと人気出るよ!


さておき、今月(既に先月?)の電撃大王「とある科学の超電磁砲」の話でも。扉絵で描かれている数々の写真がどういう状況なのかを考えてみるのが楽しいです。風紀委員の先輩、眼鏡を取ると目が3なのか…!

さて、先月に引き続き黒子と初春の昔話。
銀行強盗を倒した黒子でしたが、その仲間が初春を人質に取ってしまった!どうする黒子!?(先月のあらすじ)

銀行員によって警報装置が作動され、防犯シャッターが下り、さらには警備ロボが起動。この事態に乗じて黒子は強盗に対し行動を起こそうとしますが、強盗の能力によって黒子をかばった先輩が負傷。さらに黒子も強盗に攻撃され痛手を負います。


何とか力を振り絞り初春をテレポートによって外に脱出させた黒子。しかし強盗に黒子の思惑はバレており、そこで強盗の能力の詳細を知ります。

「絶対等速」

その強盗が言うには、投げた物体が「能力を解除するか」「物体が壊れるまで」前に何があろうと同じ速度で進み続ける能力との事ですが…本編で出てきた「偏光能力」とかに比べると若干インパクトに欠ける能力ですね。

「俺が投げた物体は動きはニブいが…」という犯人の台詞と、後のページでの黒子の「ヤツの能力…威力はあってもスピードは無い」という台詞から、いくら等速とはいえ物体を全力投球できるわけではなさそうですし、壁際とかに追い込まれていない限り回避は十分可能そう。


しかしまあ、流石に複数個同時にきたら厳しいですね。黒子なら手で触れればテレポートさせることが出来そうですが、自身を飛ばせないこの時点での黒子には回避は難しい。

犯人の申し出を拒否した黒子に、「絶対等速」の能力下の物体が複数個同時に向かってきて、黒子絶体絶命。まさにその瞬間、電撃走る──!

081220_railgun_01.jpg

美琴の電撃がここで登場するのか!
黒子と美琴の出会いの話になるんじゃないかと先週予想してましたが、まだここでは出会わず、美琴が陰ながら黒子を助けていたんですね。

おかげで黒子は強盗を制圧することに成功し、事件は無事解決。黒子はまた一歩成長し、始末書の書き方を覚えましたとさ。本編1話の後にも始末書を書かされているみたいですし、始末書スキルは確かに幾度となく必要になっていそうですね。

美琴と黒子の出会いの話ではなかったですが、ある意味美琴と黒子のはじまりの話と言えなくも無かった今回の外伝。そのうち黒子と美琴の出会いの話も描かれる事に期待したいです。


ところで。
風紀委員のめがね先輩を治療してる

081220_railgun_02.jpg

この人が気になって仕方ないんですが!
風紀委員なんでしょうけど、めっちゃ可愛いじゃないか…いったい誰なんだ。今月の扉絵のめがね先輩と一緒に映ってる人でしょうし、めがね先輩と仲が良さそう。この先輩の活躍はまだか!まだなのか!


来月号からはまた本編に戻るのかな。
禁書コミカライズ・アニメでやっているような原作3巻にあたる話は描かれるのだろうか。「とらドラ!vs禁書目録」ではミサカの話をやってましたし可能性はありますが、原作3巻の主人公はあくまで当麻だからなあ…。

「とある科学の超電磁砲」白井黒子の小学生時代
読みごたえ抜群の一冊「とらドラ!VS禁書目録」


とある魔術の禁書目録 第1巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)
ジェネオン エンタテインメント (2009-01-23)
売り上げランキング: 284

| その他漫画雑誌 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/601-b6c2bd03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。