PREV | PAGE-SELECT | NEXT

「ハヤテのごとく!」過去編(9) - 誰も望まなかった結末

確かに過去編は予想より長かったけど、むちゃくちゃ面白いなあと。気合入りまくりでしたし、畑先生本気だなーというのが伝わってきました。あとはアーたんと現在時制でも会えることを祈るばかり。

そんな訳で、過去編も終わりに近づいてきた今週の「ハヤテのごとく!」の感想です。


◇髑髏の化け物

あの棺桶から具現したのは、謎の髑髏の化け物。先週からの流れを考えると、これが「憎悪の王」なのでしょうか。アーたんは衝動のままにハヤテを攻撃し、ハヤテは髑髏の化け物の攻撃を防御するつもりが、結果的にアーたんを攻撃する事になってしまい。自分と戦ってでもハヤテは両親と共に過ごしたいのかと、それはさらにアーたんを怒らせ。

バックステージ(Vol.194)によると
そして、このシリーズが強制イベントな感じというのが
まぁ先週のラストから出てきた髑髏の化け物なわけで
強制イベントなので当然
今はどうあっても倒せない感じです(笑)
いずれ誰かが……
ということで、ラスボスでないにせよ、ボスなわけですね。「誰か」は誰だろうなあ。

二人は何故戦ったのか。
憎むべき相手はそこにいなかったはずなのに、二人は激突してしまった。それは二人の関係性を壊す決定的なものとなってしまって。

結局、二人の関係を壊してしまったのは何だったのか?

髑髏の化け物は正体不明のボスだけど、すれ違いはそれ以前から起きていた。ハヤテの両親は確かに悪ですが、ハヤテの両親が悪でなければハヤテとアーたんは出会っていなかった。

二人の関係を壊した決め手は、やはり前回ハヤテが発した禁断の言葉、「アーたんにはお父さんもお母さんもいないから」この一言でしょう。それをハヤテは「罪」と呼んだ訳ですね。


◇別れの時

ハヤテとアーたんの激突は、剣が壊れたことで終結します。髑髏の化け物が消えたのは、剣が壊れた事によるものか、時間によるものか。
アーたんの衝動的な怒りは髑髏の化け物によるものかと思いましたが、その化け物が消えた後、アーたんは「あの台詞」を口にしてしまいます。

「もういい!! だったら勝手にしろ!! もうお前なんか…!! ハヤテなんか…!!」

080730_hayate_01.jpg

「ここから……!! 出て行けばいいんだ――!!!!」

二人は、「幸せ」を急ぎすぎたのかもしれない。
ハヤテはアーたんと今すぐにでも外の世界で暮らしたかった。
しかしアーたんはハヤテを二度と両親と関わらせたくなかった。
その方が、二人とも幸せになれると信じていたから。

そう。
二人とも、自分が思う二人の幸せのために動いたはずだった。

しかしそれが、すれ違いを生んでしまった。
二人が描く「幸せのかたち」は微妙に異なったものだったから。
その結果、二人とも望んでいない結末が訪れてしまった。

アーたん側の事情を知らないハヤテがあの言葉を言ってしまった事が悪いかどうかというと、悪いとは言い切れないですが、ハヤテは今でもあの言葉を悔やんでいるのではないでしょうか。

この「出て行けばいいんだ」発言は、これまたナギと対比なのかもしれません。ナギ同様短絡的に言ってしまった言葉とはいえ、今回の「出ていけ」は「この城から」の意味でしょうから、状況としては違うのですが。

ここまでの過去編で、アーたんは現在時制の「ナギ+マリアさん」と対比されるキャラでした。ナギのときはマリアさんが「いいんですか?」と声をかけてくれて、アーたんは自分で「これでいいわけがない」と落ち着いた。マリアさんと対比される部分を内包していると言えます。

しかし、ナギは屋敷の外へ追いかける事ができるけれど、アーたんは城の外に出る事ができない。これが致命的な違いだったのですね。


◇もう届かない声で

落ち着きを取り戻したアーたん。
しかしハヤテはこの部屋にはもういない。

「天球の鏡」は、姿は映せても、声を聞くことは出来ません。
ハヤテが親にどう言いくるめられたのか、それをアーたんは知らなかった。それも今回の衝動的な怒りに繋がってしまったのでしょう。しかし、どんなにそれを悔やんだとしても、時既に遅く、アーたんの声ももうハヤテには届かない。

アーたんは、再びこの城に一人になってしまった。
自分の名前を呼んでくれる存在を再び失ってしまった。

080730_hayate_02.jpg

「なまえをよんで」は、もう、叶わない。

長く続いてきた過去編も次回で終わりということですが、もうハヤテはロイヤル・ガーデンに入る事はできないんだろうなあ。ロイヤル・ガーデンという場所の謎、そして何故アーたんがあの場所にいるのか。それら全てが明かされる日は、大分後になるかもしれません。

-----------------------------

過去編を通して見ると、現在時制との整合性において引っかかる部分はあるものの、おおむね納得できる展開だったかなと。
あとはアーたんが現在で出てくるかどうかだ。内外の時間の進みの差は、ミコノス島のタイムリープで乗り越えると言う事で、是非GW編で出てきて欲しいものですが…。

≪過去編関連≫

「ハヤテのごとく!」過去編(8) - 感情の爆発
「ハヤテのごとく!」過去編(7) - 訪れない未来
「ハヤテのごとく!」過去編(6) - 過去の接点
「ハヤテのごとく!」過去編(5) - 帰るべき場所
「ハヤテのごとく!」過去編(4) - 名前と居場所
「ハヤテのごとく!」過去編(3) - 神さまの真似事
「ハヤテのごとく!」過去編(2) - 交わされる契約
「ハヤテのごとく!」過去編(1) - アーたんとの出会い
「ハヤテのごとく!」アーたんについて整理してみる


ハヤテのごとく! 13
ハヤテのごとく! 13
posted with amazlet at 08.07.30
小学館 (2008-07-25)
売り上げランキング: 124

| ハヤテのごとく! | 22:30 | comments:4 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT

まぁ、展開自体は予測の範囲内でしたが、やっぱり気合いが入ってましたねぇ~。

う~ん……
どっかの英雄伝なら、この後の展開は、再開しても過去の確執から敵として戦うことになって、戸惑い何もできない主人公を一方的に殺しに係ったり、必死に訴えかける主人公に「もう遅いのよ、何もかも」とか言ってやっぱり殺しに係ったり、主人公が廃人になったり、別のヒロインの誰かが支えたり、吹っ切れた主人公と死闘を演じて主人公を追いつめたものの、結局トドメをさせなかったから背後から急所を貫かれて絶命する間際、自分達の不幸を嘆いたり、主人公の胸の中で安らかに眠ったり、紆余曲折を経て何故か出てきた生まれ変わりや呪縛から解かれて結果的に主人公がバカップルになったり、時々、過去の感情や他の思惑で事件を起こしたりするんですけどねぇ~(メッチャ長い妄想だ(苦笑

まぁ、畑先生は何度もハヤテはグッドエンドではなくトゥルーエンドだって言ってましたし、もしかしたら、ナギやマリアさんがひたすらハヤテの帰りを待つとか言うEndingなのかも知れないけど、何にせよ、アーたん再登場はEndingへのフラグになりそうな気がするのは僕だけかな……?

まぁ、これで過去編終わった直後に何事も無かったかのようにアーたんが登場してたら、偽物(他人の空似含む)か記憶が失われた本人でFA(笑

うん、完全な妄想だ(苦笑
長々と申し訳ないです。<(_ _)>

| ミヒト | 2008/07/31 03:57 | URL | ≫ EDIT

「髑髏」についてですが、僕はこの「髑髏」を前に見たような気がします・・・あ、あれだ。三巻・第七話で、ハヤテが伊澄さんを見送るとき。伊澄さんはハヤテが帝からもらった「石」から、今回出てきた髑髏のようなもの?が宿っているのをみて、キスにて除霊していましたよね。

そして今回、アーたんがハヤテと闘っている最中、ハヤテが
髑髏の(精神的な?)攻撃を防ぐつもりでアーたんに剣を向けて、アーたんは怒った。―(以下、アーたんの当時の心理)闘ってまで、あの親達といたいのか。そこまでして、わたしから離れたいのか。―そんな反応だったということは、
アーたんはこの髑髏が宿っていた「棺桶」の存在は知っていてるとしても、この「髑髏」の存在は知らないということですよね。あるいは、どちらの存在を知っていても、今回自分が激情したときに出てきていたことは分からなかった。だから、また独りになってしまった。このことから、間違いなくこの「髑髏」は、「憑いた人間を不幸にする」存在だと思いま・・・・・・・・・す?あれ!?そうか、不幸になるんじゃなくて、幸せになるのか?そういえば帝も、「幸せになる(金を得る)為の道しるべ」といっていましたね。つまり、一度不幸になって、それを乗り越えれば、ソレ以上の幸せを手に入れれる。石に髑髏が宿っているとして、現時点ではハヤテと愛歌さんとアーたんが髑髏に関わっています。ハヤテはアーたんと別れてナギ達に会えて。愛歌さんは病弱で一年留年したがハヤテ達との関わりが増えて(それが本人の幸せかどうかは分かりませんが)。そしてアーたんは、ハヤテと別れて、後の誰かに出会った。以前に言いましたが、僕はその人物が姫神だと思います。

ホント、長文&見にくい文ですいません(__
以上ハヤテ信者でしたー。

| ハヤテ信者 | 2008/07/31 10:27 | URL | ≫ EDIT

フッと思ったんですが。
多分、今後で出てくるとは思うけど、ロイヤルガーデンに残ったアーたんは現在時制でどうなってんだろ?

水鏡でひたすらハヤテの所、覗き見してるのかな?

| ミヒト | 2008/08/05 01:40 | URL | ≫ EDIT

何とか次のサンデーが出る前にレスを!

>ミヒトさん
英雄伝はぶっちゃけ分からなかったりですw
アーたんが出てくることによって、現在時制での人間関係に大きな影響が出ることは間違いないでしょうね。
「けんかしたまま会えなくなる」という状況は下田編におけるナギとハヤテを連想しますが、同様にアーたんとハヤテが再開した時その繋がりはいっそう強固になり得るでしょうし。

ロイヤルガーデンから脱出できてないとアーたんが現在時制で生きていることはないでしょうから、どこかで再会できるチャンスはあるはずと思います。案外大人になった状態で現れるかも?w

>ハヤテ信者さん
確かにあの化け物は、飛行石に宿っていた髑髏を連想しますね。
ハヤテが棺桶を開けようとしたのをアーたんは凄い剣幕で止めてましたから、アーたんは棺桶の中身をおぼろげであれ知っていたはずで。あの棺桶から霊的なものが出てきて、アーたんに憑いたのかもしれません。

ただ、飛行石の力は現状では不幸パワーくらいしか分からないですからなんとも。ロイヤルガーデンにいるアーたんはともかく、ハヤテについては飛行石を手に入れる前の出来事を勘定に入れる意味はないでしょうし。
BSの記述もありますし、姫神はやっぱりアーたんと何かしらの関係を持つのかな。そこは今一番気になってるところですねー。

| カーム | 2008/08/05 19:33 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/544-eb95ed54

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT