PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「ハヤテのごとく!」過去編(7) - 訪れない未来

いよいよ過去編も大詰めといったところでしょうか。
もしかしたら早売りが出てる頃かもしれませんが気にせず184話の感想です。おそらくここまでが17巻収録分になりますね。


◇ロイヤル・ガーデンに無いもの

ロイヤル・ガーデンでの生活は、アーたんを幸せにはしていない。
…恐るべし幼稚園児の観察眼。現在時制のハヤテに一番欠けているものですよね、この観察眼は。

「あなたは!! その親にヒドい目にあったのではないの!! だから!! ここにいるのではないの!? もうここ以外に行く所なんか…!!」

ハヤテが親によってヒドい目にあった事をアーたんが判断できる材料ってそんなに揃ってたかなあ。「だから!!ここにいるのではないの!?」の部分は、ロイヤル・ガーデンに入るための条件の話なのか、ハヤテの意思の話なのかちょっと判断に迷うところです。


◇10年前の外の世界

観察してみると、今まで現在時制で出てきたものの10年前の姿が見れて面白いです。

・たちばなビル
・銀杏商店街シルバーフェス

そして再び会ういいんちょとハヤテ。

080721_hayate_01.jpg

シリアスな過去編ですが、こういうギャグはハヤテらしいですね。

そしていいんちょの「プレゼント」の話を受け、アーたんへのプレゼントを用意するため5歳児にして働くハヤテ。突っ込みどころ満載ですが、ギャグマンガでもあるのでこの辺はさらりと流して良いのかな。


◇ご令嬢いまだ行方不明

今週のキーポイント。

080721_hayate_02.jpg

アーたんが元は外側の世界の住人である事が確定しましたね。
「いまだ行方不明」という形で新聞に載ると言う事は、行方不明が発覚してからせいぜい1ヶ月以内くらいでしょう。実際にロイヤル・ガーデンに入れられてから発覚までどれくらいかは分かりませんが。

少し話の順序が入れ替わりますが、アーたんの「しばらく帰ってこないと思っていたら」がどれくらいなのか気になるところです。今回はアーたんがあまり心配の素振りを見せていませんが、天球の鏡で見ていたのに見ていない振りをしているのか、それとも中でもそれほど時間は経っていないのか。

今回の過去編は、ロイヤル・ガーデンの謎が非常に多くを占める部分が大きいです。その全てが次回以降で解説されるとは思えないので、現在時制でもいずれロイヤル・ガーデンを訪れる機会が来るのかもしれませんね。


◇左手に愛を誓い

そんな訳で、ハヤテの「甲斐性」の証明がこの指輪。

080721_hayate_03.jpg

「愛の証」としての指輪は大人用だった。
だから、アーたんもまた高そうな指輪を渡す。

「いつか、これを二人ではめられる大人に…一緒になりましょうね…」

アーたんは「ロイヤル・ガーデンで、二人で一緒に」の意味でこの言葉を言ったのでしょう。ハヤテはこれを「城の外の世界で、ハヤテの家族とも一緒に」の意味で受け取ったのか、浮かれて外の世界へ駆けていきます。

しかし、アーたんはこの城から外に出る事ができない。
おそらく精神的な制約ではなく、場所としての制約。

アーたんと交換したあの指輪も、ハヤテの両親が見たら金に変えられてしまうような気もしますが、それは確執後の事のようにも思います。今回の過去編では、ハヤテが「間違っていたのは僕だ」と思うような何かの間違いを犯すことになる。それはきっと次回起こるのでしょう。

「未来に期待しなければ、つらい思いはしない」と現在時制のハヤテは言っていました。そして今が未来に期待している状態といえるでしょう。
幸せな時間の終わりは、すぐそこまで迫ってきています。

---------------------------

ま、まさか感想アップが月曜になってしまうとは…。
いやあ、ペルソナ4が面白くて、つい…。

「ハヤテのごとく!」過去編(6) - 過去の接点
「ハヤテのごとく!」過去編(5) - 帰るべき場所
「ハヤテのごとく!」過去編(4) - 名前と居場所
「ハヤテのごとく!」過去編(3) - 神さまの真似事
「ハヤテのごとく!」過去編(2) - 交わされる契約
「ハヤテのごとく!」過去編(1) - アーたんとの出会い
「ハヤテのごとく!」アーたんについて整理してみる


ハヤテのごとく! 13
ハヤテのごとく! 13
posted with amazlet at 08.07.21
小学館 (2008-07-25)
売り上げランキング: 53

| ハヤテのごとく! | 22:43 | comments:2 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT

最近の『悪の「女王」』はなんでこんなにかわいく見えるのだろう。

「最近の」なんでバンドーラ様の事ではありません。
いやあの方も別の意味で魅力的ではありましたけどw

アーたんの行方不明を伝える記事に全く気付かなかったのはファンとしてどうなんでしょうねorzキニモトメテナカッタ
それはそうと、新聞にも載るということは捜索願が出されているってことになるんでしょうが、そこから
→アーたんの家族(というか天王洲家全体?)はアーたんが今どこにいるのかを知らない
ついでにいうとどうもアーたんは三千院家のことを知ってるっぽい?
→彼女が「箱庭」にいるのは三千院家の手によるもの?
…とか考えてみると、これあの爺さんも一枚どころかものっすごい噛んでるんじゃないのかなあと思うのですがどうでしょう。

しかしアーたんの描写を見ていると最初に示されてた「悪の女王」っていうイメージがことごとく崩壊していきますな。

むしろ悪側に囚われてるお姫様的なイメージの方が強いです。
現代編に戻ったらこの関係も変わってしまうんでしょうが…

| 集積屋 | 2008/07/22 11:20 | URL | ≫ EDIT

>集積屋さん
レス遅れまくりで申し訳ないです。
これまではアーたんをロイヤル・ガーデンに入れたのはアーたんの家族なのかなぁとか思ってましたが、確かに何らかの外部圧力によって強制的に家族と離別させられたのだ、という展開も十分あり得そうです。
アーたんの「家族」への思いというのは、185話を見ていると、既に諦めているだけで確かに存在しているのではないか、と思えてきますし。

飛行石の紋章が描かれていたとか、三千院家との関連性を匂わせるものは多く出ていますし、あの爺さんが関係している可能性は高そうですね。
「悪の女王」はどうなんでしょうね。正義の味方との対比として悪なんだろうと思っていましたが…アーたんとヒナギクの対比というよりは、ロイヤル・ガーデンとガーデン・ゲートの対比なのかもしれません。

| カーム | 2008/07/29 02:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/539-6742a37f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。