PREV | PAGE-SELECT | NEXT

高尾山編幻のエンディングも収録。「ハヤテのごとく!」15巻

ハヤテのごとく! 15 (15) (少年サンデーコミックス)

「ハヤテのごとく!」の15巻が発売されました。
連日マリカーに勤しんでて発売を忘れるところでしたが、ちゃんとゲーマーズまで出向いて買ってきました。ヒナギクかわいいよヒナギク。
今回の各店舗特典はハヤカレさんでご確認ください。


表紙は雪路、総扉は16巻収録話に繋がるネタ。
この巻収録分の話はほとんど感想をお休みしていたので、復習がてら軽く感想を。なお、一部は某所に連載時書いた感想のコピペです。

□第152話「いらない萌えと、いる勇気」
□第153話「遠き山に日は落ちて谷にも落ちて」

第149話から続く高尾山ハイキング編の続き。
名簿ネタの直後にもかかわらず結局新キャラは出ず、正直何が描きたかったのかよく分からないシリーズの話ではありましたが、気になるところとしてはやはり飛行石の話でしょうか。
何も明らかになってはいないので、壮大な含みを残しただけだったのですが。

□第154話「ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!まあそんな感じ」

畑先生が悩んだ末に出した一つの答えです。
三千院家には地下牢があるという事が分かったので、あとはマリアさんが注射器でも持ってくるのではないでしょうか。そういえばリメイクが正式発表されたらしいですね。楽しみです。

□第155話「サキさんのヤボ用(武将風雲録)」

スーパー恋愛コーディネーター侮れないなあ。自身以外の恋に対する勘の鋭さが凄まじい。あと、カズとナギって確か同世代だった気がするので、あれは勘違いが生み出したあらぬ性癖ということに…。

□第156話「眠れないAM2:00 イラだってドアを壊す」

マリアさん水銀燈化進行中。アニメでもTCGでも水銀燈コスマリアさん出てますからね。マリアさんの声優決定時から「ジャンク」「乳酸菌」というワードを書いていた自分としては思わずニヤリ。
そういえば今週から月1で連載開始でしたね。まだ読んでませんが…。
あ、本編はハヤテのごとく!らしい話で実に満足です。

□第157話「闇に隠れて生きられない」

実はこの話は色々と深い意味があると思っていて、考察も書いていたんですが、時間的都合でまとめられずお蔵入りとなりました。考えは変わってないので、いずれ機会があれば出したいです。
あ、一応補足しておくと、伊澄の言う「悪質な霊」は神父ですね。

□第158話「高校生活の実態は、理想とだいぶ違う」
□第159話「危険がウォーキング中」

新キャラ・日比野文という観測者の立場で、ハヤテたちの奇怪さを浮き彫りにした話だと解釈してます。詳しくは以下の記事で。
「ハヤテのごとく!」日比野文の役割について考えてみる

□第160話「寒い冬のこたつ最強」

ロリマリアさん可愛すぎ。
マリアのマ~は~まじかるアンバーのマ!
あ、口が滑っちゃいました。

□第161話「たしかにお年玉は全部消えたけど思い出は永遠に消えはしない」

自分は「レッツ&ゴー!」世代です。

□第162話「ほらDSで笑顔の練習とかするゲームあったじゃん。あれとか使うといいんじゃない?」

笑顔の練習と聞いて思い浮かべるのはFF10のルカ。
FF10は割と好きな自分ですが、笑顔の練習は無いわー。
本編はヒナギクが可愛すぎる164話に繋がる話。西沢さんのヒナに対する余裕っぷりは凄いな。ナギ→ハム→ヒナ→ナギというジャンケンみたいな関係が更に強化された感が。


そして巻末には絶チルとネタがかぶってお蔵入りになった、幻の高尾山編エンディングが。いい終わり方だなあ。しっかしマリアさんの母親っぷりが印象的。ますますマリアさんじゅうななさい(ry
そして、このエンディングが幻になった影響で絶チルの4コマにハヤテとナギが出演したりしたわけですな。実質1コマしか出てないので画像は張りませんが、あの号の絶チルはちゃんと切り抜いて保管してます。

次回16巻はヒナギクが可愛すぎる話や瀬川家編が収録。特に今回のヒナギクデート編のラストである164話がメチャクチャ好きなので、今から単行本収録を楽しみにして待とうと思います。

----------------------------

なかなか生活リズムが取り戻せない…。
更新するする詐欺はやめて、のんびりと更新していこうと思います。


| ハヤテのごとく! | 17:52 | comments:5 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT

カームさん初めまして!
昔一回コメントしたことありますが、忘れられてると思うので一応挨拶しときました。

>名簿ネタの直後にもかかわらず結局新キャラは出ず、正直何が描きたかったのかよく分からないシリーズの話ではありましたが
学園編登場キャラクターの復習シリーズって感じでしたのでしょうかね。
畑先生曰く「最初の設定は全員高校二年生」ということなので、「一番最初に考えていた学園編最初のイベント」がこのシリーズだったのかもしれません。それを描いてみたかったのでしょう。

>自分は「レッツ&ゴー!」世代です。
自分もです。ベイブレードも何気に好きでした。

| ハマーA | 2008/04/21 00:11 | URL | ≫ EDIT

ふむふむ・・・まだ買ってないから参考になるねえ(近所の店では何故か13巻までしかない)
マリアさんじゅうな(ry は禁句ですよとww
のんびり更新でもせかせか更新でもこれはカームさんのブログですので僕はのんびり待たせてもらいますよ

| ルーシー | 2008/04/21 21:30 | URL | ≫ EDIT

お帰りですbのんびりと期待して待ってますので頑張ってくださいねぇ

| 詠春 | 2008/04/21 23:45 | URL | ≫ EDIT

今回のカバー裏は、見た瞬間、戻ってその場面を見直してしまいました(笑
アレじゃ、確かにそうなるよな~……

| ミヒト | 2008/04/22 00:11 | URL | ≫ EDIT

>ハマーAさん
学園の名前つきキャラがクラスに勢揃い、な確認でしょうか。
名簿のコメントから全キャラ割り出す人はあまりいないでしょうし、
高2スタート設定を考えるなら、名簿はネタ以上でも以下でもないのかも。
ベイブレードも年甲斐もなくやってました。
今考えるとあんなプラスチックのスタジアムが1000円って(ry

>ルーシーさん
うちの近所ではコンビニでネギまとセットで売ってたよ!
マリアさんじゅうななさいはもはや半分公式ネタですし!(TCG
とりあえず生活リズムが戻るまではのんびりやってくつもりですー。

>詠春さん
ただいまですー!
溜めていたハヤテネタをぼちぼち文章化していこうと思います。
ハヤテ以外も含め、目指せ週3更新、ということでw

>ミヒトさん
ハヤテは時折物理法則完全無視なことがあるのはご愛嬌w
あの場面を見る限り実質ほぼ雪路だけで支えてますからねー。
綱引きとかの体勢を考えると、ワタルは本当に支えているのか…!?

| カーム | 2008/04/22 01:54 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/518-8fdd8fe5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT