PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「世界樹の迷宮2」15:其の戦いの果てに服を着ていた者達

何を今更という話ですが、世界樹2プレイ日記第15回をお送りします。
いや、このタイミングなのは夏コミ合わせのオフでの世界樹トークに触発されたからなのですが、あまりにも今更感が漂いすぎててアップするのを少し躊躇したよ!

・裏ボス討伐編その3
いよいよあのボスにリベンジする時が来た!


≪BOSS:始原の幼子(昼)≫

何回やってもあっという間にやられてしまい手も足も出ない。
裸カウンターなる必殺技があるらしいですが、
全裸で幼子を弄ぶなんて僕には出来ないので封印。

アクセラを買いまくってオールボンテージ連発すれば勝てますが、
それじゃあ戦略もへったくれもなくてつまらないので、

・いわゆる裸カウンター禁止
・フォースは「去れ永久に」ターン以外使用禁止

という縛りを課して倒す事に。
こんな縛りをつけるから第15回のアップが遅くなったのですが…。

メインのダメージソースはカースメーカー×2で頑張ってみたのですが、
ペイン前提だと全体攻撃のたびに死ぬので非常に効率が悪いことが判明。
というか回復が追いつかずにたいてい5~6ターンで死にます。

そんな訳でメインダメージソースはダークハンターで行く事に。
しかしダークハンターは攻撃を受け切れるほど固くなく、
加えて装備はあまり集めてないこともあり防御が低い。
バードを投入して聖守護を打っても耐えきれなかったので、
パラディンのフロントガードで毎ターン軽減する方向に。

回復役は無難にメディックを入れる事にして、4人が決定。
残り1人はサブダメージソースのブシドーにしようと思っていたのですが、
ブシドーはツバメがえしの燃費が悪いうえ紙防御であり、
また2ターン目の「強者への賞賛」で前衛3人が死んでしまうので、
ドクトルマグスを投入し鬼力化でダクハンの火力を強化することに。

よってパーティーはパダドメバに決定。
ダメージソースはトラッピング/トラッピングIIオンリーで、
あとはひたすら防御に徹する戦法でいくことに。

フロントガード・鬼力化・皮硬化・聖守護・レジストデッドを使いつつ、
7ターン目の「孤独は尊ぶ」は生存人数のコントロールで耐える。
8ターン目からの3属性攻撃は体勢を立て直すのに非常にありがたい。
11ターン目の「踊り狂え」はバードの耐邪の鎮魂歌である程度回避。
12ターン目にアクセラ3連打でパラディンのフォースを溜め、
13ターン目の「去れ永遠に」を完全防御。

2巡目も「踊り狂え」がイレギュラーに入ってきた以外は順調。
その「踊り狂え」も耐邪の効果が残っていたので致命的にはならず。
しかし26ターン目にアクセラが1つしか残っていない事に気づき、
27ターン目の「去れ永遠に」を回避する手段が全く無いことに気づく。
オールボンテージ打ち込んでもダメっぽいですし…。

080819_sekaiju2_01.jpg

絶体絶命のピンチ。
しょうがないから全員総力で攻撃をしたらこのターンで倒せました(ぁ

そんな訳で、パダドメバ、70/71/70/70/71で撃破に成功!
これで隠しボスも全員撃破したので、世界樹2プレイ日記も完結!

…え、始原の幼子・夜バージョン…?

……………………気が向いたら続く…のか?

| 世界樹の迷宮 | 22:30 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/509-acebf8c0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。