PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「世界樹の迷宮2」14:共に戦う仲間を庇う鉄壁の防御

流石裏ボス、カスメ連れてけば楽に勝てるようなレベルじゃないな…。

・裏ボス討伐編その2
☆三竜戦における自分ルール
・Wikiの三竜攻略情報は見ない。
・フォースゲージをあらかじめ溜めていくことはしない。


≪BOSS:雷鳴と共に現る者≫

雷竜。
カスメは1ターン目のサンダーブレスでペイン封じられるので今回は抜く。
腕を封じれば何も出来ないようなのでスマイトとアームボンテージ連打。
HP赤まで追い込んだと思ったら、HP回復単体攻撃を連打されて、
あっという間に回復。TPが尽きてジリ貧になりそのまま敗北してしまう。

サンダーブレスは1ターン目以外全然使ってこなかったので、
耐雷ミストを持っていけばパラディンはいなくても大丈夫そうだけど、
パラディンが唯一相手の攻撃に一撃耐えられる存在なんだよな。
逆に他のキャラは全て一撃でやられてしまうのが辛すぎる。
バードを投入し、聖なる守護をかけてもあまり状況は変わらない。
レンジャーがいないので、メディの回復が間に合わないことも多いし、
レンジャーを入れると攻撃役が減ってHP回復攻撃に押し負けてしまう。

そこで、素早い回復役兼ダメージの底上げを期待できるドクトルを投入。
後衛に配置して生存率を高め、メディと二人で回復に励む。
運良く4ターン目のスマイトで腕を封じることが出来、
その後もアームボンテージ連打でもう1度腕を封じることに成功。
鬼力化したツバメがえしを転化でサポートしつつ一気に殴り勝つ!

ブダパドメ、63/62/59/63/55で撃破!しかも雷竜の逆鱗をゲット!
オールボンテージ使わなくてもダークハンターは強いですね。
ドクトルマグスは後衛に置くと割と固くて良い感じです。

3Fで撃破したのでクエスト上もう1度撃破することになったのですが。
その時出てきたFOE「危険な花びら」には吹いた。
2回目だったし、早く火竜と戦いたかったということもあって、
アザステオールボンテージで完封させていただきました。
楽に勝てたけど、つまらんかったから1回目は封印して正解だったかな。
2回目はブダパガレ、65/65/59/65/57で撃破。
パーティーにレンジャーがいたので少し展開が変わったようですな。


≪BOSS:氷嵐の支配者≫

氷竜。
氷属性技も結構使ってくるので、パラディンは必須かな。
スキュレーのクライソウルを思い出させる2~6回連続攻撃が強すぎる。
同じキャラに2発当ててくることもあるのがやっかいで、
パラディンすら2発食らうと死んでしまうので一瞬でガタガタになる。
ネクタルオールを買い溜めしていくもあっという間にジリ貧。
アイスシールドのせいで弱体キャラを一人は連れて行かなきゃいけない。
これはパーティーを組む上で何気に大きな制約となる。

そこで、防御重視のパーティーを組んでいくことに。
弱体キャラとしてはバードを選択、これは聖なる守護と蛮族が大きい。
この2つをかけておけばパラディンなら3回耐えられるから生存率が上がる。
また、カースメーカーを投入し、変化の呪言で攻撃が良く通るようにしつつ、
チャンスがあればペインを叩き込めるような構成にする。

それでも2~6回攻撃を出されるとやはりガタガタで立て直しにくい。
しかし運良く2~6回攻撃をあまり使われなかった時があったので、
蛮族守護の元で攻撃に耐えつつひたすらツバメがえしを続ける。
TP回復アイテムを使い切ったあたりで6回攻撃を食らいガタガタ。
しかしダメージを食らったおかげでペインが使えるようになったので、
最後はペイントレードを叩き込んで勝利!

ブパメカバ、64/59/59/61/54で撃破ー。
メディとカスメで博識10なのに何も落とさなかったけどな!


≪BOSS:偉大なる赤竜≫

火竜。
とどろく咆哮でブシドーが混乱しましてね。
ブシドーがダークハンターに攻撃したんですよ。
その時ダークハンターの目が光った!

トラッピング発動!

いやあああああああああああああああ!!!!!!!!
ダークハンター混乱してないのに何やってんのおおおおお!!!
さ、流石ドリルピンク、実にサディスティックで困るぜ…。
素直にアーム&ヘッドボンテージでもやっててもらうことにします…。

さて、思ったより縛りやすく戦いやすかったのですが、
アタッカーがブシドーしかいないのでどうにもダメージが通らない。
かといって、生存率的にパ・メ・バの3職を抜くわけにもいかない。
試しにアタッカーとしてブシドーとガンナーの二人を投入しても、
ガンナーはドラッグバレットに追われ長期戦の末ジリ貧で全滅。
となるとやはり頼れるのはこの方でしょう、相棒、みつあみカスメ!
どうせ後衛にしても一撃でやられてしまうので前衛に配置。

遅いメディックやガンナーにネクタルオールを使わせる作戦で、
パラは5n+1(n=0,1,2,…)ターン以外は防御かネクタルオール。
そのパラは蛮族守護でHP999なのでちょっとやそっとじゃ倒れない。
ガンナーは変化跳弾、必要に応じてドラッグバレット。
あとはHP赤のカースメーカーのペイントレードを主力に戦う。
そんな20ターンにも及ぶ熱戦の末、火竜撃破に成功!

カパガメバ、61/59/65/60/54で撃破、ついでに逆鱗もゲット。
正直メディは遅すぎてあまり役に立ってなかったりする。
レンジャーと組ませないと先読み必須で辛いなあ。
かといってドクトルのエリアヒールは回復量が足りなすぎるし…。


そんな訳で三竜撃破に成功!
毎回パーティー若干変わってますが、やっぱりパラディンは強いですわ。
今回ブレス弱体化してるのでパラの属性ガードは必須ではないけれど、
単純に敵の猛攻を唯一しのぎ切ってネクタルオール使ってくれる存在として。
タンカーの必要性を改めて感じさせてくれたのでした。

さて、いよいよ前回フルボッコにされたアイツにリベンジする時が来ました。
前作のフォレスト・セル戦は俗に「セルゲーム」などと呼ばれていましたが、
今回は幼子だから…「ロリゲーム」とでも呼べばいいのでしょうか…?

次回、ロリゲームに挑戦です!(台無し


日付:火鳥ノ月 26日

| 世界樹の迷宮 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/508-5b8493f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。