PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「ハヤテのごとく!」それぞれの"家族"への想い

アニメ最萌2007、ハヤテ勢では最有力と思われたヒナギクが敗れてしまいました。で、いったい誰に負けたのかと見てみたら「瀬戸の花嫁」のルナでした。
ああ、これはしょうがないな(納得
靴下脱ぐアレで何人が陥落した事か…下僕にしてくださいルナ様。


さて、そんな訳で「ハヤテのごとく!」です。
先週あんな引きで焦らしプレイだった訳で、流石に今週はヒナギクが告白するだろうと(百合的な意味ではなく)思って、先週の記事を「次週、二人の想いはどう揺れ動く。」とか締め括ったのに何も揺れ動いてなくて俺涙目。
とはいえ今週は凄く濃い話でした。来週の話と合わせて一話とのことですが、今週の話だけで見ていきたいと思います。



◇姉としての咲夜

hayate_145_01.jpg

今週のサクの可愛さは異常。
あ、「ハヤテお兄ちゃん」はあえて外しました。
何というか、あざとすぎたので。

「最近ハヤテをどう呼んだらいいか迷っていた」「微妙な乙女心」とはうまくまとめたなぁ、と思ってしまいました。
いきなり「ハヤテ」と呼び方が変わった事に対して違和感ありまくりという反応が多かったからなんじゃないかなと。実際違和感あったしなぁ。

ギルバートは兄とはいえ隠し子なので、愛沢家で事実上サクは一番上の姉ということになり、よく弟や妹の世話を見ているようです。
ナギと同年代のメンバーの中でも一番年上ということもあり、たまには自分も年上の兄に甘えてみたかったのかもしれません。
とはいえ、ハヤテお兄ちゃんはないと思いますから単なる萌えシーンですね。
やっぱり「ハヤテはん」あたりが無難かと思います。



◇ハヤテの家族

「前から一度聞きたかったんやけど。もし自分の両親が心を入れかえて…もう一度、一緒に暮らしたいって言ってきたら…自分…どうする?」

今週、咲夜がハヤテに投げかけた問いです。
それに対するハヤテの返答が以下。

「あり得ませんよ、そんな事は」
「二度目はないんですよ、二度目は」
「両親の行方より、いつか…兄の行方だけは絶対に捜したいとは思ってますけど」

二度目ということは、かつて一度両親はいなくなり、そして戻ってきた事があるようですね。
また、ハヤテは兄について「いるそうです」ではなく「いますよ」とはっきり言っていますから、小さい頃に兄と会った事はあるのでしょう。
そして、兄が突然消えてしまった。それは両親のせいであると考えるのは自然な流れ。だから兄とはいつか再会したい…ということでしょう。
兄を捜したいというハヤテの眼は、強く決意した眼でした。

ところで、91話(9巻6話)でも同じような質問をヒナギクにされています。
その時と今回と、ハヤテは既に親に対しては無関心なようです。
言葉に詰まるといつもこんな調子、という今週のハヤテの台詞も含め、145話と91話には割と似たようなシーンがありますね。



◇続・姫神とハヤテの兄の関連性について

前述の通り、今週またハヤテの兄に関する話が出てきました。
更に、今週はナギが姫神のことを言っていると思われる話をしていました。

ハヤテ兄も姫神も行方不明です。どちらも急にいなくなったキャラです。
そしてこの2人が同時に今週で描かれている。
となると、姫神とハヤテ兄の関連性に関して考えることができそうです。

さて、前に姫神とハヤテ兄の関連性についてという記事を書きました。
その中から一部引用してみます。
今後何かしらの伏線が出てこない限り、いきなり「姫神=ハヤテ兄」になることは無いと思うんですね。
他の色々な設定の伏線はたくさん散りばめているのに、伏線もなくこの2人をイコールで繋ぐような事はしないんじゃないかと思うので。
今週の話は「何かしらの伏線」に該当する話だと思うので、姫神=ハヤテ兄説に十分可能性が出てきたといえそうです。
「ハヤテ兄=姫神」ではない、と上記の記事で否定しているのは、伏線が皆無である事が根拠だったので。


ところで、ハヤテの兄はハヤテより大分年上らしいですが、ハヤテ兄=姫神説において、マリアさんが「姫神君」と呼んでいることに特に問題はないと思います。
ネタ的な話を抜きにしても、マリアさんは17歳と思えない大人びた雰囲気なのは事実ですから、仮に姫神が20代前半くらいでも、「姫神君」と呼ぶことに違和感は感じません。勤続年数もマリアさんのほうが上かと思いますし…。



◇ナギにとっての「家族」

今週のメインがこのナギがらみの話になります。
サクの家族の暖かい風景を見て、かつて母とよく月を眺めていた場所に行っていたナギ。今週の落ち着いた、だけどどこか切ないナギにはなんというかグッと来てしまいました。
ハヤテが、僕やマリアさんは家族みたいにずっと一緒、と励ましますが…

「少し…前の事だけど…どんな時でも側にいて、オレがお前を守ると言った男は、あっさりいなくなってしまったよ。」

明言はされていませんが、大方の予想通り姫神でしょうね。
ワタルの29話(3巻9話)での台詞「そんなんだからあの姫神って執事もいなくなったんじゃねーのか?」という台詞と、それは言っちゃ駄目、とばかりに反応したマリアさん、そのワタルの言葉を聞いて涙を流すナギ。
この様子を見ていると、ナギと姫神の間には深い信頼があったのだろうなと。

ナギは姫神を信頼していて、その姫神が突然消えた。
こうなると、姫神にも何か理由があったんじゃないかと思えてきます。
失踪に理由があった、と書くと、ヒナギクの両親の話なども思い返されてきますが…。裏で山狗が動いているかのごとく失踪しまくりです。


更にナギは続けます。

「マリアはたしかに今は側にいてくれて、家族みたいなものだけど、いつか誰かを好きになって、きっと私から離れていってしまうだろう…。そしてたぶんそれは、そう遠い日のことじゃないと思うんだ…。」

hayate_145_02.jpg

今、ハヤテやマリアさんと一緒にいられる生活にも、いつかは終わりが来る。そして、それはそう遠い未来のことじゃないんだ、と。
少女にとって大切な人が少女の前から何度も姿を消したように。
幸せな時間がいつまでも続かない事を、彼女は悟ってしまっている。

かつて母親や姫神が自分の側からいなくなったように。
マリアさんも、…そしてハヤテも、自分の側からいつかいなくなってしまうのだろうと思っているナギ。
なかなかに過酷な人生を歩んできたナギは、普通の人生経験は足りないけど、辛い経験は人一倍ありますからね…。
個人的に、このメイド服のカットには本当にグッと来てしまいました。

マリアさんがハヤテをいつか好きになる、という展開は、34話(4巻3話)の伊澄の台詞という伏線がありますから、可能性は高いと踏んでます。
ナギは既に誤解とか関係なく、一人の少女として、綾崎ハヤテに恋しています。


もし、母親のように慕ってきたマリアさんが、いつか好きになる人というのがハヤテだったら?
それは本当に少女にとって辛い事。
マリアさんにはずっと側にいてほしい。
けれど、自分が母親のように慕った人物だからこそ。
そして、彼女もまた辛い過去を持つ人物であるからこそ。
ナギは、他の誰よりもマリアさんの幸せを願っている人物でもあるんじゃないかと。

おぼろげだけれども。
この漫画はそういう方向に向かうんじゃないかな…なんて、思いました。



◇2つの「Distance」

今週の145話「Distance~近くても」は、58話(6巻6話)「Distance」と対になっているようですね。サブタイトル的に考えて。
そこで、この2つの話について少し比較しながら考えてみます。


58話では執事修行のためハヤテとナギが離れ離れ。
シスターの「主の元に戻れない」という言葉に、三千院家へ戻れなかった時にまた一人になってしまう自分を想像してしまったハヤテは、遠く離れた三千院家にいるナギの事を想います。
そこへナギからかかってくる電話。
ナギの「早く帰ってきてくれ」という言葉にハヤテは、自分の帰る場所があることに喜びを感じる…といったような話でした。
タイトル「Distance」は言わずもがな、離れ離れになっている二人の距離。

さて、今週の145話では、一人なのはナギ。
「近くても」とタイトルに加えられている通り、今回は傍にハヤテがいますから、今回の「Distance」は心の距離。
サクの家族を見て、家族の温かみを羨ましく思ったナギ。
ナギにとってハヤテやマリアさんは「家族みたいなもの」ではあるけれども、いつまでも一緒にいてくれる「本当の家族」だとはまだ思えていないようです。

ハヤテと自分の間には絆があって、ハヤテは自分の元で働きたいと思ってくれている。ナギはそう思っていることでしょう。
けれど、心のどこかに「借金がもし完済されたら、ハヤテは自分の元からいなくなってしまうのではないか?」という気持ちはあるのではないでしょうか。
その不安な気持ちを――少なくても今は――消したのが今週の話でした。


そして、これは完全な僕の推測ですが、今週は、いつかハヤテがナギの前から姿を消すことを示唆している話だったんじゃないかと。
姫神も理由なくふらっといなくなったりはしないでしょう。それでもその「ナギを守る」と言った男はいなくなってしまった。

かつてのナギにとっての母と姫神を、今のマリアさんとハヤテに置き換えるならば、マリアさんとナギもやはりいつか離れ離れになってしまうのかもしれません。
物語的にも終盤になってからでしょうけど、そんな展開がありえるんじゃないかな、なんて思ったりしていました。


という訳で、物凄い濃い話だったように思える145話。
来週の話と合わせて一つの話ということですが、あと残っている重要イベントはヒナハムの告白だけです。2週も焦らされてきましたが、ようやく来週、二人の想いが揺れ動く時が来そうです。
それでは次週に続きます。

------------------------------

結局うまくまとまらなかった…本当内容濃すぎる今週。
あまり推敲できてないので読みにくいだろうなぁと。
こんな長い記事を読んでいただきありがとうございます。

「4月3日長すぎ」という声を最近よく耳にするのですが、別に長くてもいいと思うんですよ。何も文句ないし、148話まで4月3日でも何ら問題ないと思う。
長編に色々なテーマを詰め込んで主題が見えにくくなってるのは確かですが、ぶっちゃけいつもの事じゃないですか。しばらく一話完結で感想書きにくかったこともあり、僕は4月3日編好きだけどなあ。


ハヤテのごとく! 03 【初回限定版】
ジェネオン エンタテインメント (2007/09/21)
売り上げランキング: 162

| ハヤテのごとく! | 23:26 | comments:8 | trackbacks:7 | EDIT

COMMENT

どうも。
久しぶりにお邪魔します。

>「二度目はないんですよ、二度目は」
>「両親の行方より、いつか…兄の行方だけは絶対に捜したいとは思ってますけど」
僕としては一度目はお兄さんのことかな?っと思ったのですがどうでしょう。
そして、お兄さんと同じ境遇になってさらに捜したいという意志が強くなっていると読んでいます。

4/3長すぎという話に関して、
>「4月3日長すぎ」という声を最近よく耳にするのですが、別に長くてもいいと思うんですよ。
僕も良いと思います。
長いけれど時間軸がぶれていませんし。
それと、(現時点では)かみ合わない複数のストーリーが同時進行しているという描写がいいなと思います。
僕も賛成派です。
面白いですし。

ところで、私信です。
ちょっとしたネタを仕込み中なのですが、機会があればいつかお伝えしたいなと考えています。
そのときはよろしくお願いします。

失礼しました。

| fielど×? | 2007/09/27 00:36 | URL | ≫ EDIT

お久しぶりです

いつもながら、見事な記事に拍手拍手です。
 
今週の話は、記事の通り本当に様々な面で重要な話だと思います。
これからのハヤテのごとく!はこの話から動き出すと言っても過言ではないでしょう。

ほとんどのことを書いてくださっているのでボクが書くことも特にないのですが、とりあえずナギお嬢さまが可哀想です。理不尽です。
ナギお嬢さまの幸せを祈りつつ、コメントを終わらせてもらいます。
これからも記事楽しみにしてます。

| カカシ | 2007/09/27 12:35 | URL | ≫ EDIT

いつも楽しく読まさせて頂いてます。
読んでいてふと思ったのですが、

>「少し…前の事だけど…どんな時でも側にいて、オレがお前を守ると言った男は、あっさりいなくなってしまったよ。」

これって、オレと言っているのが気になりますが、ミコノス島の過去ハヤテの可能性も少~しあるような気もします。
まぁ、多分姫神君のことでしょうけど・・・

| あいるぅ | 2007/09/27 13:36 | URL | ≫ EDIT

ふーむ・・・内容が濃いですね・・・今後の展開はどうなることやら

| ルーシー | 2007/09/27 17:36 | URL | ≫ EDIT

とりあえずGWが先だしされてる状態で
そこに追いつくまで作品時間で一月あるとなると。
全体の長さから見ると、未だに序盤戦辺りなんでしょうね。
んで、次のクリスマスに展開が加速ですかね。

| 名無し | 2007/09/27 22:42 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございますー
更新少ないんだからいただいたコメントくらいは出来る限りレスしていきたいなと思いつつ、すぐ途絶えそうな今日この頃です。

>fielど×?さん
なるほど、ここの「2度目」は色々解釈できそうです。
何にせよ「1度目」と兄の失踪が関わっている可能性は高そうな感じですね。
4月3日編は重要エピソードが詰まっているので、無理に詰め込まず、ゆっくりと描いて欲しいなと思います。
ただ、これ以上ヒナハムを焦らすのは勘弁ですがw

ちょっとしたネタってハヤテオフのときにちょこっと耳にしたあれでしょうか。凄く期待してますw
コメント欄でもメールでもメッセでもmixiでも何でも結構ですので、公開の際は是非お知らせください!

>カカシさん
いやあ、全然書きたいことがまとまらなくて大変でした。
やっぱり水曜に買って水曜に書いて水曜にうpするのは厳しいなあとw
伏線というよりは先の展開をほのめかす話だったような気がしないでもないこの頃ですが、この話だけで色々想像できて書きがいがありました。
ナギのあの儚い笑顔に胸が締め付けられたぜ…!

>あいるぅさん
あー、そうかそれがあったか!
一人称的には確かに微妙ですが、確かにその可能性もありますね。すっかり失念しておりました。
あの話は色々とややこしくしてくれるけど、考えてみれば過去に戻ったハヤテもまた、姿を消してしまった「ナギが信頼した人」だったんだなあと。
うう、ナギが切なすぎてもう…。

>ルーシーさん
とりあえず来週のヒナハム次第で、GWへの繋がり方が分かってくるように思えますね。
GWに実際に入るまでにあと1年くらいかかりそうですけど…。

>名無しさん
今の進行ペースを考えるとまだまだ先は長そうです。下田編かGW編のどちらかが序盤ラスト的な位置になると読んでいるのですが…。
GWが先に描かれているというのはなかなか面白い構造で、個人的には凄く好きなんですが、このままだと本当にGWまで1年かかりそうで怖いですw

| カーム | 2007/09/28 00:27 | URL | ≫ EDIT

>ところで、ハヤテの兄はハヤテより大分年上らしいですが、ハヤテ兄=姫神説において、マリアさんが「姫神君」と呼んでいることに特に問題はないと思います。
 
5巻93ページでマリアさんが姫神のことを「あの子」と言っているので、マリアさんよりも年上という可能性は低いようにも思えますが。

| 名梨 | 2007/09/28 00:27 | URL | ≫ EDIT

>名梨さん
あー、「あの子」発言があったか…。
すみません、見落としてました。年齢を誤魔化すのは流石になさそうだし、子供っぽい性格だとしても、年上を「あの子」と呼ぶのはちと苦しいか。
姫神=ハヤテ兄説に可能性は出てきたと思いますが、やはり高くはなさそうですね。指摘ありがとうございました。

| カーム | 2007/09/30 22:16 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/465-567fdc4d

TRACKBACK

近すぎるから見えなくて、遠すぎるから寂しくて。

幸せだったなら、孤独もより染みる。ハヤテのごとく!第145話「Distance~近くても」幸せだったなら……ヒナギクが、西沢さんに自分の気持ちを、謝らないといけないことを切り出そう...

| タカヒナの乱雑日記 | 2007/09/26 23:56 |

今週のヒナギク様65

ヒナギク様と一夜をともにしたタカヒナ二号です。抱き枕を抱き枕として、使って何が悪い!さて、幸せだったなら、孤独もより染みる。ハヤテのごとく!第145話「Distance~近くても」幸...

| ヒナギク様をみてるっ!? | 2007/09/26 23:56 |

ハヤテのごとく!145話【Distance~近くても】畑健二郎

 ヒナギクと歩の会話は観覧車が止まってなければ5周くらいしそうだなぁ。思い切って口を開こうとするたびに最下部にきて係員に「もう一周乗ります…」で何度も……観覧車は進めるために止まったのだ。そこに神の意志を感じずにはいられない。実際いるし、神。 しかし、..

| 360度の方針転換 | 2007/09/27 00:18 |

[漫画・アニメ]「ハヤテのごとく!」それぞれの”家族”への想い - ぷらずまだっしゅ!

 今週は咲夜ファンは大喜びだったのではないかと……私なら取り敢えず咲夜にOKを出してしまいそうだ(笑)。  それにしても今回は、カームさんがつけたタイトルのように、それぞれの「家族」についての考え方が濃く出た内容だったなぁ。伏線を張り直しているのか、更に伏線

| 明日は明日の風が吹く | 2007/09/27 00:25 |

今週のハヤテのごとく!25

第145話 Distance~近くても「25」という数字を見て気付く。ようやく半年かあ…あ、どうも。咲夜嬢CDの置き場に悩んでいるtake23です。さて、どこまで続くのかわからない「4月3日/夜の部」過去に92~95話まで4週連続の登

| サクラ咲く夜に | 2007/09/27 01:32 |

ハヤテのごとく! 第145話

 幸せだったなら、孤独よりしみる。第145話「Distance~近くても」幸せだったなら…… 今回のサブタイトルの元ネタは、候補が多すぎて絞りきれません。エヴァ劇場版のテーマソングを歌ったシンガーソングライターのCD

| Moon of Samurai | 2007/09/27 02:36 |

ハヤテのごとく! 第145話感想

それでは、ハヤテのごとく!の感想いきます。ハヤテのごとく!幸せだったなら、孤独もよりしみる。第145話「Distance~近くても」幸せだったなら…さて、早速感想行きます!まずは、ヒナハムからですが、今日のヒナ

| パワAのいろいろ日記 | 2007/09/27 21:17 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。