PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「エム×ゼロ」クラスマッチ決着

今週のジャンプは新連載「瞳のカトブレパス」がスタート。
作者の方は荒木先生の元アシスタントらしいですね。
邪気眼を連想してしまって仕方ないんですが、とりあえず様子見かな。


そして今週は久々に掲載順に大きな変動が見られました。
というのは、最下位固定だった「P2!」の掲載順がかなりアップしました。
最近はP2!より下に来るのは打ち切り決定作品くらいのもので、シャッフルすらなかっただけに、これはかなりいい傾向。打ち切りに怯える日々ともおさらばできるといいのですが。

更にはプール開きまであと1週間という事は、来週がプール開きということ。
ずっと乙女ちゃんのターン!
いや、アキラ大好きですし、2巻記事でもアキラ大プッシュしましたけど、この漫画を好きになったきっかけは乙女ちゃんなので…。

今週のラストではヒロムを「彼氏」と言われ否定しなかった乙女ちゃん。
そのときのどこか空ろな目は何かの伏線なのでしょうか。
まあ、何はともあれ。

p2_200725_01.jpg

かつて見ること叶わずに終わると思っていた乙女ちゃんの水着姿。
こうして水泳部解禁を迎えられる事を、心から祝福したいと思います。


さて、今週の本題は「エム×ゼロ」ですよ。
クラスマッチ編も終盤な最近の展開は本当に面白くて、最近のジャンプでは一番楽しみにしてる漫画だったり。

小石川の単純さを利用し自爆させ、話術だけで観月との戦闘を回避した久澄。しかし、味方A・Cが久澄のみとなってしまい、敵K・Cである大門との戦闘はいよいよ不可避に。
先週は、愛花が久澄の姿で偵察に向かい、大門を発見。最後のMPで何か魔法を使った…?というところでした。

m0_200725_01.jpg

先週だけだと分かりにくかったですが、やはり大門に何かを仕掛けていた愛花。
久澄に合流するかと思いきや、そのまま姿を隠します。


さて、攻撃を受け転落した愛花の悲鳴を聞き、飛び出した久澄の前にいたのはなんと大門。
愛花が心配で仕方ない久澄ですが、大門の帽子が光っているのに気づきます。

それを愛花が自分に残した魔法だと考えた久澄。
既に戦闘の準備を整えた大門の前に姿を表し―――

m0_200725_02.jpg

ここでM0を使用。
何度やってきても今の繰り返しだ、とハッタリをきかせると、小石川とは正反対の頭脳派である大門は不利と判断し逃走。
小石川の時といい、今回の大門といい、久澄は相手の性格を的確に見抜いていて凄いなあ。


森に姿を隠した大門を愛花の残した魔法のおかげで悠々と負うことができる久澄に対し、何故久澄が自分を簡単に追ってこれるのか分からない大門。
今まで常に準備万端で敵を追い詰めてきた大門は、それまでの自信満々な態度から一転。どんどん精神的に追い込まれていきます。

そんな状況で見えた不審な物体。
久澄の魔法かと重い攻撃する大門。しかしそれは―――

m0_200725_03.jpg

久澄の用意した葉っぱの煙幕だった。

そしてその葉っぱに紛れて近づいた久澄は、ついに大門の風船を割る事に成功。

m0_200725_04.jpg

何だかんだでM0を使うのは1回きりで勝負を決めた久澄。
ハッタリで危機を潜り抜けてくる辺り、本当頭の回転が速いですね。

お前は俺じゃなく、お前が馬鹿にした愛花の魔法に破れたんだと大門に思い知らせ、俺はただのアシストよ、と言ってのける久澄。
ちくしょうかっこいいじゃねえか!(何
盛り上がったクラスマッチ編が、ここに終結したのでした。


さて、ひとしきり盛り上がった後に見る次回予告。
「次号、勝利に浮かれたC組男子が覗きを…!?」
赤マルのアレを考えると、ネガティブなまま書いたのかなあと想像してしまいますが、楽しみな事に変わりはない訳で。
「エム×ゼロ」、まだまだ見逃せません…!


≪関連≫

この3人の可愛さは異常。「エム×ゼロ」3巻
アキラのあのシーンも収録された「P2!」2巻

今週はサムライうさぎも面白かったですね。ごっちん強ぇぇ。

あと業務連絡。
先週のハヤテの感想については一応書いてありますので、明日の感想と合体させるか、あるいは明日単独で先週の記事をアップする予定です。
明日も帰りが少し遅いので、明日のサンデー分の感想は明後日以降になるかも…。

| 週刊少年ジャンプ | 22:48 | comments:5 | trackbacks:1 | EDIT

COMMENT

僕も乙女の水着が見られて嬉しいです(;_;)
扉絵の蒔絵先生もモデル体型な美人!

ここ数話乙女がヒロムに対して何かしらの感情の変化を見せる描写が多いんで、いつかヒロムと乙女を焦点を絞った話が読みたいですね!

| プロペラ | 2007/05/22 23:02 | URL | ≫ EDIT

今週のは特によかったですね、P2もなかなかやるなぁって思いました。
M0のほうもハラハラしてました。
ブログの更新大変ですが頑張ってください

| ルーシー | 2007/05/23 01:45 | URL | ≫ EDIT

M0よかったですね。
愛の力ですよ!

| るな | 2007/05/24 00:11 | URL | ≫ EDIT

最初はエム×ゼロも打ち切りになるかもしれないと思っていたけど、無事に一周年を迎えることができてよかったです。P2も最下位に掲載されていたけど、結構人気が上がってきました。P2もこのまま連載が続けば一周年を迎えることができ、さらにアニメ化するでしょう。エム×ゼロがアニメ化したとき、九澄大賀の声を演じるのは近藤隆になり、柊賢二郎は森川智之で、大門が福山潤でという感じがする。P2の場合は藍川ヒロムの声を担当するのは広橋涼でしょう。

| 橋本和幸 | 2007/05/27 08:30 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。

>プロペラさん
乙女ちゃんとヒロムの関係は色々と面白そうですよね。
主人公がアレではラブコメになんぞ発展しないと思っていたのですが、アキラの登場で分からなくなってきましたし。
そしてやっぱりアキラのほうが人気が出る事実。(今週

>ルーシーさん
P2は最近落ち着いた展開ですがそろそろ面白くなりそう。
エムゼロは前々から応援していましたが今回その面白さが爆発した感じですね。
とりあえず今後ともジャンプについてはこの2作品を中心に応援していきたいと思ってます。

>るなさん
愛だよ。(c.v.平野綾)
まあ、愛というよりは信念というか優しさというか。
今週の話を見ても、やっぱり今回の構成は上手かったなあと思うばかりです。

>橋本和幸さん
そうですねー、P2もエムゼロも、一時期は打ち切られるんじゃないかとハラハラしてました。
アニメ化は流石にまだまだ先の話だと思いますが、危機を脱したのと新連載を考えると、しばらくは生き残れそうなので可能性も無くはないのが嬉しいですね。
とりあえず今後とも応援していきたいと思います。

| カーム | 2007/05/31 18:34 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/412-9fabc12f

TRACKBACK

週刊少年ジャンプ25号:新連載 瞳のカトブレパス

・瞳のカトブレパス 新連載。基本は陰陽師ものだが、敵には日本の妖怪だけでなく海外の連中も含まれるニュアンスがある。 妖怪の世界も国際化が進んでいて、和洋折衷の魑魅魍魎バトルもいけいれやすい土壌ができてきたのかも。妖怪も悪魔も「あっちの世界」では同じ存....

| 360度の方針転換 | 2007/05/23 09:39 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。