PREV | PAGE-SELECT | NEXT

映画「DEATH NOTE」前編

昨日の夜、待望のテレビ放映してくれた「デスノート」映画版前編。
何だかんだで映画を見てなかった俺としては凄くありがたかったです。
「セーラー服と機関銃」見逃したけどねorz

映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック SOUND of DEATH NOTE
映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック SOUND of DEATH NOTE


とりあえず後編の上映が始まる前に感想です。
カテゴリー、漫画じゃないのに「漫画レビュー」なのはご愛嬌。
完全にネタバレですので未見の方はご注意ください。
◇いきなり総括

デスノ最終回の時もそうですが、「~が残念でした」口調で感想を書くと全体的に否定的な評価に見えちゃうので最初に。
面白かったです。上手くできてたと思います。
映画オリジナルの「原作にない名シーン」を作ってたし、オリジナルキャラもそのシーンで大活躍(と言っていいのかなw)してましたし。

ただ、やっぱり原作既読の人と未読の人で格差が生まれちゃった事や、原作既読から見ると突っ込みどころが多いのも事実。あとは、削るべきじゃないシーンを削っちゃってたりとか。
アニメ版ひぐらしと同じで、「心理描写が重要な作品なのに、その多くをカットしちゃった」点が残念でした。
まあ、前編で「これ何のためにあったの?」って突っ込みたくなるようなことも、実は後編の伏線、って可能性もあるので、まだ評価を出す事はできないんですけどね。


◇映画版・月

既に法学部の大学生みたいですね。
そのせいかLとのあの出会いが削られる事が早々と確定しちゃってたのは残念。
全体的に原作のイメージとは違うなぁ…突っ走ってる感じ。月の(基本的には)冷静沈着頭脳明晰なところがあまり描かれてなかったように思います。
映画しか見てない人は是非原作も読んで欲しいと思いますね。


◇映画版・L

「バーン」のシーンが最高w
原作のイメージと違う月に対して、Lはイメージ通りで素晴らしかったです。俺的にはもう絶賛ですよ。
総一郎がカッコ良すぎて衝突している感はありますが、映画の中では一番満足しているキャラクターです。
最初の「正規分布」とかのシーンは凄く頑張ってたけど、「時間割」は流石に無理矢理すぎる…。それに、なんか「世界の切り札」って感じがしないので、ICPOのシーンは入れて欲しかった。


◇映画版・ミサ

ミサ可愛いよミサ。出番少ないけど、ミサらしいミサでした。
ミサのノートとの出会いが描かれてるのは嬉しかった。ストーカーのゴミ箱からティッシュを回収するシーンはキモかったですけどw
バスが何回もクローズアップされていたり、テレビに出ていたくらいの出番しかなかったので、後編での活躍(拘束とか)に期待が高まります。


◇オリジナルキャラクター・詩織

前編最後のシーンのキーパーソンであり、そしてその役目を早々と終えてしまったキャラクター。
あのシーンは良かったと思うし、原作を読んできた人を唸らせるためのシーンだっただろうから大成功だと思います。ちょっと「月に利用されるためのキャラ」的な感じは否めませんけども。
死亡した以上後編では出ないだろうけど、何らかの形で、例えばLが推理過程で詩織の事から何かのヒントを得て月を追い込む、のような救済措置が欲しいかな。


◇映画版・南空ナオミ

原作では冷静かつ堅実、映画版ではまさにKOOL
全体的に壊れていて、「少し様子がおかしい」→尾行、どこからどうやって突き止めたのかは知りませんが月を疑うや否や犯人確定扱い。原作の、冷静で、それでいて行動的だったナオミとは大違い。
これって原形留めてませんよね。絶望した!

最後のシーンも、ノートで操られていたと知る前は「あぁ、やっちゃった…」としか言いようがなかったですし…。
「ロサンゼルスBB連続殺人事件」で愛着を持てていただけに、ノートに操られる前から狂ってたのは残念でした。


◇月vsナオミ

途中の展開があまり印象に残ってないのでいきなりラストですw
ノートのルールを上手く使って、「第三者を殺さない記述同士を干渉させて第三者を殺させる」というトリック。
これ、最初は唸ったんですが、よく考えたら原作と矛盾する気がしてたんですよ。でも他のサイトさんを見ててもどこも突っ込んでないので俺の勘違いって事で納得しておきます(ぁ

それにしても、月がペンを出した理由が謎です。「おいおい月、いくら恋人が人質とはいえ、ここで書いちゃうのか?」という演出上の理由のみ?
監視カメラがあることは最初のほうで分かってたんだから、ここで無意味にペンを出すような月じゃないはずなのに…。


≪参考≫
◆DEATH NOTE◆映画「デスノート」≪前編≫の再考察
考察・映画版デスノートはあらゆる意味で期待を裏切るか
『DEATH NOTE デスノート 前編』25点

| 漫画レビュー | 22:04 | comments:4 | trackbacks:1 | EDIT

COMMENT

>月がペンを出した理由が謎です
あれは「わざわざペンを出したのだから、その場でノート(あるいは切れ端)に名前を書くんでしょ?」と思わせておいて、その目の前で詩織もナオミも死なせる事で観客に唖然とさせたかったというだけでしょう。

監視カメラを見ている人間に対して疑問を抱かせつつ、キラである事を否定していた…とも考えましたが、「ノート(あるいは書き物)で人を殺せる」ということはばれていない上、「死の時間を操れる」ということは知られているので、この説はおかしいし…。

穴だらけの仮説提示、失礼しました。

| 集積屋 | 2006/10/29 13:18 | URL | ≫ EDIT

×KOOL
○COOL

| _ | 2006/10/29 19:20 | URL | ≫ EDIT


ごめんなさいごめんなさい
圭一君でしたごめんなさい
太字しか見てませんでしたごめんなさい

| _ | 2006/10/29 19:22 | URL | ≫ EDIT

>集積屋さん

なるほど、観客に月はまだナオミも詩織もノートに書いてないと思わせておいて、実は書いていた、という演出ですか。
確かにそんな感じですね。結局演出上の理由でしかないっぽいですけど。

「詩織が殺されそうなのを見て、ノートに書いておきながらもついペンを取り出してしまった」とかなら可愛げもあるってもんですが。
後編でこれがLの推理の助けになる可能性もありますし、演出上の行動ではなく、何か意味があっての行動だと後半で解明されると面白いんですけどね…。

>X【アンノウン】さん

圭一ネタを分かってもらえたのはさりげなく嬉しかったり。
上手いネタですよね、KOOL。最初に考えた人凄い。
この記事を見てくれた人の何人が「スペルミス」だと思って記事を閉じてるかと思うと怖いですがw

| カーム | 2006/10/29 23:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/312-3b63f24b

TRACKBACK

爆笑!日本HIP-HOP冠軍 ~プリンケツプリンケツ~

ただいまー。バイトから帰ってきました。ではでは更新だけして寝ますwお休みw【画像】ニュースキャスターの悲劇[なおみん]吹いたwいやぁ、描いた人お上手ですねwカンダダがあらわれた!(ワラタニュース)

| ラグタイム | 2006/10/29 23:41 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT