PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

アニメからの逆流現象「涼宮ハルヒの憂鬱」

うまく文章化出来ない。
情報の伝達に齟齬が発生するかもしれない。
でも、読んで。

涼宮ハルヒの憂鬱

◇収録

・プロローグ
・第一章
・第二章
・第三章
・第四章
・第五章
・第六章
・第七章
・エピローグ

◇アニメ該当話

#2「#1 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅰ」
#3「#2 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅱ」
#5「#3 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ」
#10「#4 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅳ」
#13「#5 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅴ」
#14「#6 涼宮ハルヒの憂鬱Ⅵ」
ネット上で凄く話題になっていたアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」。話題に付いていくため、あとは純粋に興味を持ったため、結局全話見てしまいました。

これこそ絶望先生で言ってた「逆流現象」だよなぁ…と思いつつも、初めてライトノベルコーナーに立ち入り、買うのにも物凄い勇気を必要としたのですが、まぁそれはともかく。
今更ではありますが、原作小説の感想です。


まず、読み終わったときの感想を正直に言えば、
「アニメから入ったから嵌ったけど、こっちが最初ならどうだったかなぁ」
というのが本音。
いや、もちろん面白かったんですけど、小説を読みなれてない俺が嵌れたのは、やはりアニメによる所が大きいなあと。

もちろんアニメ化されるほどの人気はあったんでしょうが、それはラノベと呼ばれるジャンルを読みなれている人の人気なんですよね。
そこに多くの新しいファンを呼び込んだのは、やはりアニメの効力が大きいのは間違いないわけで、実際、この作品がラノベ初挑戦と言う人も結構いるんじゃないでしょうか。

この作品の素晴らしさ、面白さが、アニメを通して分かりやすく伝わった状態で読み始めた人が多いからこそ、これほどの人気を呼び起こしたんじゃないかなぁと思ってます。

そして、著作権どうのこうのはともかく、このハルヒ人気にYouTubeが一役買ったのは間違いないであろうことを付け加えておきます。


さて、ここからは本編の感想。
キョン視点で語られていく独特の形式で、キョン以外の人間の心情はキョンの想像の範疇から抜け出せないので、逆に他の人の心情を妄想すると楽しく読める作品です。

ハルヒのアヒル口であるとか、ポニーテールであるとか、アニメの情景が思い浮かんで、終始ニヤニヤしながら読んでいたと思います。この辺の細かい描写は、やはり映像化されてこそって感じですね。

そして、この「憂鬱」で一番好きなのが朝倉vs長門。キョンが殺される直前に颯爽と現れ、全身を串刺しにされ、それでも朝倉に勝って、眼鏡じゃなくなった長門のファンになった人は数知れず。
俺もこれを見て以来長門好きの一人に名を連ねていたのですよ。「ライブアライブ」までは(ぁ


まあ正直全話アニメ化されてる「憂鬱」の感想を書こうと思うと、結局小説の感想ではなくアニメの感想になってしまうんですが、まぁそれだけアニメが面白かったのですよ。
もちろん、アニメがあれだけ面白かったのは、もともと原作が面白かったからだというのは間違いないですが。

とりあえず「消失」まで読んだので、ネタがないときにでも感想記事書いていこうと思います。

| その他ラノベ | 20:54 | comments:14 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT

つか、アニメで面白さに気付くヤツってなんなの?
ハルヒアニメ化とかいまさらかよって感じだったんだが。どこにそんな魅力があったんだ?

| a | 2006/08/13 21:48 | URL | ≫ EDIT

キョンと同じタイミングでハルヒに同じツッコミをいれてしまったICHです・・・・・3回ぐらいはもりました(アニメで)

<このハルヒ人気にYouTubeが一役買ったのは間違いないであろう
まさにそうだと(ぁ
・・・・僕はまだ憂鬱しか読んでないとか・・・・金無いから友達に借りよ(ぉぃ

時間無くて水曜のヒナの記事にコメント書けませんでした・・・・

| ICH | 2006/08/13 23:05 | URL | ≫ EDIT

一足先に出版されている原作読み終えました。カーム様の感想結構楽しみなんですが・・・あまりプレッシャーをかけないようにします。といいつつかけている。
話の内容にも、マーケティング手法にも、いろいろ思うところがあります。
アニメがネットで話題にならなければ私も一生読まなかった本ですね。いかに面白かろうと存在を知らなければ読みようがない(笑)

| tanabeebanat | 2006/08/14 01:10 | URL | ≫ EDIT

>aさん

自分はアニメでこの作品の面白さに気付いた訳ではないのですが、原作の細かい描写が映像化されたことでより深く作品の世界に入り込め、この作品の面白さに気付いた人も多いのではないかと思います。

この作品が面白いと感じない人ももちろんいるとは思うのですが、なにぶん自分が面白いと思っているのでそれについては何ともいえません。

>ICHさん

キョンの突っ込みは見方によっては作者が自分で展開に突っ込んでいるともとれますから、キョンと同じような事を考えた人はきっと多いのではないかとw

YouTubeは新たなネットを利用した宣伝方法の可能性を垣間見せてくれましたね。綺麗事ではありますが。
コメントについては時間があって気が向いた時に書いて貰えれば十分嬉しいので、気ままに書いていただければとw

>tanabeebanatさん

小説の感想は不慣れなのでどう書いたらいいか結構迷うところではありますが、いつも通り気ままに書いていけたらと思います。

アニメがネットで話題になって、更に「それがYouTubeですぐ見られた」ことが広まる上で重要だったんでしょうね。
実際YouTubeがなければ自分もこの作品を手に取る機会はなかったと思いますw

| カーム | 2006/08/14 04:23 | URL | ≫ EDIT

>aさん
自分は「憂鬱」初版を読んだ際、情景描写というか心理描写がわかりづらいなぁ、と思いました。
今ほど本を読んでいなかったせいかもしれないですが、アニメ版ハルヒがハルヒブームの呼び水になったことは間違いないですし、アニメ化にありがちな原作>アニメの図式を原作=アニメとしていることは間違いないかと。
僕の場合は、アニメで噛み砕いてから小説読んで、「なるほどな」と思ったものです。

>カームさん
アヒル口>これはすごく同意ですwアニメ→小説→アニメ、と見直すと、石原監督の思惑が見てとれますよね。
すごく的確にハルヒの表情を描いてると思います。
同シーン・つまようじくじ引きでのハルヒの「ぅうう」とかの声なども、同期させながら読むとまた面白くなったり。
そういう意味でも、アニメ化して良かったなーと思いましたね。

| YOU | 2006/08/14 16:52 | URL | ≫ EDIT

アニメから入ったらどうだったかって?
個人的にはアニメ化する前から話題にしとけて
くらい面白かったけど?ちなみに電撃で書いて
る方はもっと面白い。むしろ作者さん萌えより
SFギミックの方で有名な人だった気がするし。

| D | 2006/08/15 01:32 | URL | ≫ EDIT

>a
じゃぁ何の為のアニメ化なんだい?

| さみ | 2006/08/15 20:18 | URL | ≫ EDIT

あー谷川流ファン的には
他作品のほうが面白い(学校を出ようとか)
ハルヒはのいぢスキーにでも食わしとけ

アニメですか?はぁ出来がよいですね?
同人ショップには中身のないエロパロ本が
並ぶことでしょうって感じ

| むひょ吉 | 2006/08/15 23:25 | URL | ≫ EDIT

自称谷川流ファンの見事なまでの中二病っぷりにワロタw

| anon | 2006/08/16 02:40 | URL | ≫ EDIT

谷川流ファンの間での一般評価は昔から
涼宮ハルヒ=学校を出よう>その他
という感じですかね。
ハルヒのほうがちょっと評判が良かったような。
消失までは完全に学校>ハルヒでした。

| toshi | 2006/08/16 02:53 | URL | ≫ EDIT

個人的にはハルヒより電撃!!イージス5のほうが好きなわけですが

| nns | 2006/08/16 12:02 | URL | ≫ EDIT

興味ある話題だったので初めて書き込みます。
皆さんライトノベルをたくさん読んでらっしゃるんですね。そんなに市場があったのか…
私も逆流現象で、アニメを見てからライトノベルのハルヒを手に取ったんですが。
独特の比喩文の連続に慣れれば結構谷川流さんの本も面白いかも、と思い始めた段階ですが、今後他の作家の本も開拓してみようかと思っています。
ちなみに、私がいつも読んでいる本はかなり固めで、坂口安吾とかカミュとかなんですが。そんな私はやっぱりライトノベルを買うのは勇気が要ったなあ…

| 名無し | 2006/08/16 22:27 | URL | ≫ EDIT

コメントレス遅れてすいません。
かいつまんでレスさせていただきますね。

>YOUさん

アヒル口は原作読んでるとよく分からない情景ですが、
映像化されると凄く表情・心情が伝わってきて良いですよね。
小説では、表情や仕草から心情を想像させる書き方をされてますし。

アニメを見てから小説を読むことで一段と深く理解できるのは
とても良い相乗効果だなぁと思いました。

>Dさん

元々ラノベというジャンルは話題になりにくい感があります。
きっと話題になってない作品でも名作はたくさんあるでしょうし。
そんな眠れる傑作の一つががアニメ化で一気に爆発した感じでしょうか。

電撃で連載してる方に関しては読んだことがないですが、
機会があったら手にとって読んでみたいと思います。

>むひょ吉さん

他作品を読んだことはないのでなんともいえません。
ただ、そういう話は割と聞きますね。

ただ、アニメの出来が良かったのは事実だと思います。
同人に関しては基本的に興味がないのですが、
ちゅるやさん本は欲しいなぁとか思ってます(ぉ

| カーム | 2006/08/18 01:59 | URL | ≫ EDIT

>toshiさん

「消失」はやはりそれだけ面白かったんですね。
とりあえず早く残りの4作も読んで他の作品も読んでみたいですねぇ。

ハルヒがアニメ化された背景には、人気はもちろんですが、
いとうのいぢ絵だったことも重要だったんじゃないかと
勝手に思ってたりするんですが、どうでしょうかw
案外的外れでない気もしたりしなかったりなんですが。

>nnsさん

電撃!!イージス5…ですか。
学校を出ようは聞いたことあったんですがこちらは初耳ですね。
とりあえず書店で眺めてみて興味が出たら読んでみようかと。

>名無しさん

ライトノベルの定義はよくわかりませんが、
女の子が表紙の小説を買うのは勇気が要りますよねw(ぉ
自分もラノベはハルヒが初めてなので買いにくいのなんの。

独特の比喩文を用いた心情や表情の描き方は谷川さん独特ですね。
そしてそれがまた結構俺のツボに嵌ってしまったようです。
小説を普段読まない俺もサクサク読めるいい作品です。

| カーム | 2006/08/18 02:14 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/285-ed6d1b37

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。