PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

夢オチという禁忌

今週の「さよなら絶望先生」は、『夢オチ』の話。

いきなりの夢オチ宣言を見ると、どうしても

hayate_59_99.jpg

このコマを思い出してしまうんですが、
これは師弟によるコンビプレーという解釈でいいのでしょうか。

夢の中では、現実と正反対のキャラ達が登場。
しかし夢を見ているのが絶望先生本人なせいで、
絶望先生の正反対…すなわち

hayate_63_99.jpg

よろしく希望先生は登場せず。残念です。

そして結局、オチてなかったせいで、
絶望先生は夢の中に身体を全部持っていかれてしまいました。
きっとその頃現実世界では

交「畜生ォ…持っていかれた…!助けて…誰か…」
交「返せよ…家族なんだよ… 足だろうが!両腕だろうが!」
交「……心臓だろうがくれてやる」

こんなやり取りが行われていたに違いありません。まさに禁忌です。


その頃絶望先生は真理の扉の内部にいる筈ですが、
真理を知れば、服が透けて見えるメガネも作れるのでしょうか。

そう、今週の「あいこら」です。(あまりにも自然な話の流れ)

服が透けて見えるなんて夢のような話じゃないですか。
…そう、「あいこら」も夢オチなんですね。
夢オチ以外では来週以降も連載されている事に説明がつきませんから…

そんな訳で「あいこら」は、作中では服が透けて見えるメガネが登場、
さらにサンデー付録として「3Dフェチメガネ」が同梱しています。

わざわざメンバーの全裸を3Dシーンにするとは素晴らしい。
ここまで3Dメガネを上手く使った漫画は見たことがありません。
単行本収録は難しそうなので、今週号はしっかり保存しておきましょう。


そんな永久保存版な今週のサンデーでは、
先日単行本1巻が発売された「聖結晶アルバトロス」が
着々とバトル漫画化しようとしている気がします。

その「アルバトロス」の単行本を試しに買ってみましたが、
オマケ要素が殆ど無しと言う事で悲しかったです。
ポストカードやメッセージカードがついてくる店もあるようですが、
ハヤテと違いそこまで欲しくはないので普通の書店で購入。

第1巻の最初の頃はバトルと萌え要素のバランスが良かったのに、
最近は少し比重がバトルに傾きつつあるような気がします。
とりあえずリカとピジョンを出して危機を脱するべきです。


バトルと萌え要素のバランスが絶妙な漫画といえば「ネギま!」。
今回はいきなり超とネギのバトル開始かと思いきや、
ネギがあっさりやられ、そこに刹那と楓が参上。

凄くかっこいい登場シーンだったのに、
半端に衣装をつけているせいで盛り上がりきれません
刹那はきっとヒナママに薦められるがままにネコミミをつけたのです。
余談ですがマザー3で母親の名前を「ヒナママ」にしたら絶望した

「ネギま!」といえば、通常版は表紙が手抜きな14巻が発売。
ブックカバーに1000円の価値を見出せなかったので通常版をセレクト。
ちゃんと書店で購入時にカバーをつけてもらいました。
機能的には全然変わらないのに1000円も安いとは得した気分です。


ところで超の正体は結局未来人ということでいいのでしょうか。
超なら夢を操る秘密道具機械も作れそうです。
もしかするとドラえもんの道具の製作者は超だったのかも。

きっと未来の世界には今も夢から抜け出せない絶望先生がいて、
超が戻り次第夢にオチを加え絶望先生を救うに違いありません。
まるで有名な「ドラえもん最終回」のような展開に絶望した!

-----------------------------

実に自然な話題の切り替えでしたよね。ね?(遠い目)


絶望先生内で「よろしく希望先生」が見たかったw人気ブログランキング

| サンデー・マガジン | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/225-c026b4cf

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。