PREV | PAGE-SELECT | NEXT

ひぐらし皆殺し編考察(2) 「大災害とその裏側」

今回は物語の核心、「雛見沢」を取り巻く環境を考察。
長いですが……まあご愛嬌と言う事で。
主に「終末作戦」と「女王蟻説」(一般感染者ト女王感染者)について。灰色部分は、引用したものを勝手にこっちでまとめちゃったものです。

◇『雛見沢症候群』

○発生条件(禁忌)
1.疑心暗鬼
 →人を疑る気持ちが被害妄想を膨らませ、自ら末期症状を引き起こす
2.雛見沢を離れると、距離・時間に比例して発症確率が高まる

○備考
・粘膜や体液との接触で、予防薬の投与に関わらず重度感染
・治療にはC120を使用
・C120は、健常な人体には悪影響
 →10分以内に全身の発疹、発熱、瞳孔の拡大、妄想

この発生条件は後々の推理において重要になってくる。「鬼隠し」も山狗によるもので、普段は造園業者を装っている事から、雛見沢村での一連の事件の黒幕は全て「山狗」と鷹野の仕業であると言えるだろう。

粘膜や体液との接触によって、予防薬を投与していても重度感染してしまうようだ。ここで入江はアウト。医者なのだから、確実に重度感染しているのだろう。もっとも、入江にそれが知らされていたかは微妙であるが。鷹野も、何回C120を使った事か。そして、C120は何か他にも使えそうである。例えば、目明し編で梨花が持っていた薬品などはどうだろう…?

さて、この「雛見沢症候群」によって多くの謎が解決した。喉を引っ掻くのはL5の末期症状である。富竹や鬼隠し編での圭一の死因はこれだろう。レナが喉を引っ掻いた原因も。祟殺し編最後の沙都子の奇怪な反応も、注射をしなかったためである。極端な疑心暗鬼もこの影響である。

◇緊急マニュアル第1号
L5が発生した場合、機密保持と外部発覚阻止を最優先に行動する。L5は生体で確保するのが望ましいが、それが困難であると判断された場合、生死を問わない。

これは、鬼隠し編において、圭一が殺害された理由になりえる。無論、圭一は末期症状であった可能性が高いため、自発的に喉を引っ掻いてしまった可能性も否定できない。自発的に末期症状になっても喉を引っ掻く可能性があることは、罪滅し編のレナで証明済みである。

◇緊急マニュアル付録9
L5が同時多発的に発生した場合、L5の大量発生が見込まれる場合、秘匿施設が露呈した場合は、見込みのみであっても施設長の判断において緊急マニュアル第34号を適用できるが、緊急マニュアル第34号適用の際は、いかなる場合でも最高決裁者の決裁を待たなければならない。いかなる簡易決裁も認めない。

この「最高決裁者の決裁を待たなければならない」の部分は、後々の「女王蟻説」及び「終末作戦」の項にて後述。

◇緊急マニュアル第34号
「大災害」と呼ばれていたものは、実際には「終末作戦」の目的であるこの「緊急マニュアル第34号」の最終的解決の事を指す。対処不能な事態…村人全員が「雛見沢症候群」末期症状となる事を「終末作戦」によって「起こし」、集落一つを壊滅させるこのマニュアルの適用許可を半強制的にさせるのだ。そう、集落一つを壊滅させるのは女王の死亡の影響ではなく、緊急マニュアル第34号の適用によるものなのだ。

さて、祟殺し編考察で書いた「大災害」の項目を再度振り返ってみる事にしよう。「行方不明」である人間は全て射殺された人間である(鉄平を除く)。沙都子も「潜在患者の集合」段階で既に「雛見沢症候群」L5であった事から、大人しく集合場所へ行ったものとは考えられない。おそらく、射殺されたのだろう。

◇女王蟻説
女王蟻に当たる女王感染者が常に一人いて、代々古手家に受け継がれている。一般感染者は女王感染者の半径に束縛され、女王感染者は土地に束縛。一般感染者は女王感染者から話された距離と日数に比例して高い発症確率を持つと推測。精神状態にも強い影響を受ける。末期発症者は被害妄想を著しく肥大。組織行動への従事は困難。

全てに「推測」といった言葉が使われている事が重要である。そもそも、女王感染者の存在も怪しいところである。

未発症段階から感染者を隔離する事も極めて有効。雛見沢出身者を追跡調査し、専門医療期間付きとすることを提案。

悟史が隔離されている、という最後の希望を持たせてくれるとしたらこの部分。もちろん、緊急マニュアル第1号を適用され、殺されている可能性のほうが現実的であるが。

◆終末作戦
鷹野の雛見沢脱出と富竹の暗殺、R(梨花)の殺害と緊急マニュアル第34号の適用までがこの「終末作戦」である。終末作戦では、梨花を殺害する事で「雛見沢症候群」の末期症状を一斉に発生させるのが目的である。それが世間では「雛見沢大災害」と呼ばれ、ガス災害と偽装されている。しかし、結局目的は「緊急マニュアル第34号」の適用による村人の皆殺しであるから、村人全員が末期症状であるかは関係が無い。

◆女王蟻説の真偽
これまでに挙げたような理由より、嘘であると考えると辻褄が合う。これを執筆したのは高野一二三、推測では鷹野の祖父であるから、鷹野と同じような趣味があったと考える事が出来る。梨花が死ぬ事により村人全員が末期症状になるとするなら、綿流し・目明し編でもそれが起こっていなければおかしい。

つまり、女王蟻説を使って、末期症状になると大変な事になる、末期症状になってからでは遅い、と言う事を「信じ込ませ」、緊急マニュアル第34号の最高決裁者…おそらく、内閣総理大臣の承認を下ろすための手段でしかないのだろう。ただし、梨花が「女王感染者である」部分については、梨花の母親と、梨花の誕生後の反応が梨花によって話されたものなので、この部分のみ本当である可能性も否定は出来ないが…。

| PCゲーム | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://ataraxia.blog20.fc2.com/tb.php/123-02d22329

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT