2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「ハヤテのごとく!」360~361話雑感

 ハヤテの本誌連載は休載を1週挟んでいるのに、なかなか最新号まで追いつかないこの感想記事シリーズ。最近ですと「DQM3D」とか買ってしまいまして、実はテリーは初体験なんだよなあとか思いつつ楽しくプレイしております。

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D
スクウェア・エニックス (2012-05-31)
売り上げランキング: 3

 それはさておき、「ハヤテのごとく!」の今やってるシリーズが面白いので早く記事も追いつこうということで、一話完結の方のざっくり感想などまとめていきます。


360話



 ヒナギクがめんつゆと麦茶を匂いで嗅ぎ分ける話(違
 めんつゆと麦茶を同じ容器に入れなければいいと思うんだ……。

 ヒナギクの幽霊話といえばやはり思い出すのは44~46話。ハヤテ相手に強気に出ていたあの頃のヒナギクが懐かしいレベルですが、惚れた弱みというやつでしょうか。そしてあの頃とは違うのは、ヒナギクは「木刀・正宗」と「白桜」を持っており、神父など一撃で倒せてしまう戦闘力が備わっているということ。神父も戦々恐々です。

 しかし神父の居場所に対するヒナギクの勘は本当に勘なのだろうか……アテネ(地名)でのアテネ(人名)との戦いを通じて、ヒナギクのスキルも色々パワーアップしているのかもしれません!

 そして執事たるもの、ホットミルクを一瞬で入れられなければなりません。この漫画における「執事」とはまあ秘密道具を持たないドラえもんのようなものだと言われていましたが、最初期に示された「執事」像として、咲夜の執事である巻田・国枝の境地に少しずつ近づいているのかも。なんか色々一瞬で準備するのがこの漫画の「執事」です。


361話



 マリアさんじゅうななさい。そんなお話。
 まあこの作品におけるメイドさんというのは母親のようなポジションですし、今回の話もマリアさんのナギへの優しさが見て取れてとても良い話なのですが、やっぱり17歳には見えない。加速世界で膨大な時間を過ごしてきたのかもしれません。話は逸れますが、アニメ版のニコちゃんは大変かわいいですね。サグ先生が反応するのも無理はありません。

 ハヤテは以前はマリアさんへとその気持のベクトルを向けていたわけですが、最近はそれがあまり見られなかったように思います。
 今回はそこへの理由付けなのか、「最近見慣れてきた」というコメントが。今のハヤテの恋愛感情はどっちへ向かっているのか。見慣れた上で、それでもマリアさんへ気持ちは向いているのか。気になるところですね。今後このあたりを軸に話を動かしてくれると、ラブコメスキーの血が騒ぐというものなのですが。ちなみに最近のラブコメでは断然「ニセコイ」推しです。


 というわけで次回から長編の記事を書いていきますよ!
 ドラクエに負けずに更新するよ!(この後ポケモンに攻めこまれますが)


スポンサーサイト

| ハヤテのごとく! | 02:00 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。