2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

アテネ編の終わりと、始まるナギの新生活 「ハヤテのごとく!」25巻

 3日連続更新第3弾、25巻の感想です。
 初期作品集「ハヤテのごとく!の前」はまだ読めていないので書くとしてももう少し後になるかなと……。

 ハヤテのごとく! 25 (少年サンデーコミックス)

 表紙は何と、ハヤテ一人。どんな意図あってのことなのだろうか。裏表紙には脱いだマリアさんと謎の新キャラ……いや、実際は新キャラじゃないんですけど、まあうん。


 それでは今回も話ごとに見ていきたいと思います。

第262話「THE END OF THE WORLD(11) 正義の味方」
第263話「THE END OF THE WORLD FINAL 微笑みを君に」
 THE END OF THE WORLDのタイトルを受け継いでの過去編の続き。ハヤテ兄こと綾崎イクサ初登場、アテネが外に脱出するまでの経緯が描かれました。額に十字傷ということでどうしてもシラヌイとの関係性が気になりはしますが、流石に無関係なんじゃないかなあ。
 ハヤテ兄はどのような形でハヤテと再開することになるのか……。

第264話「鐘の音は未来に響く」
 アーたんかわいい! アーたんのアホ毛かわいい! 25巻のおまけ4コマ2本目でも、アーたんのアホ毛が「?」の形になっていますね。アホ毛は本体と一心同体であり、触れてしまったが最後、別人格が現れても仕方がないのかもしれません。ハンバーガーもきゅもきゅ……はっ、まさかマキナは(ry
 266話でのアテネとナギの出会いの布石も仕込まれています。さりげなく最終ページでのアテネのセリフが修正されており、若干受ける印象が変わってきますね。

第265話「木の芽風」
 ダブルミーニング的「アテネ編」の決着。
 展開自体は雑誌連載時と変わりませんが、単行本収録にあたってハヤテとアテネのキスが見開きになり、より「10年前の二人」の演出が強化された形です。新しく追加されたと言える見開き左側のページは、過去から現在への流れを強く印象付けてきます。過去に囚われたままだった二人の「過去との決別」ですね。そして二人は「現在」を見つめて歩き始める。

第266話「そして笑顔になる」
 長い長いゴールデンウィーク編・エピローグ。愛歌さんがさりげなく暗躍しており、まだ「ロイヤルガーデン」を巡る物語は終わっていないことを仄めかしつつ、ナギとアテネの邂逅が描かれます。
 アテネが帽子を渡すときのセリフが修正入ってますね。「大事な帽子なんでしょ」という言葉が「あなたのでしょ」に変わってます。『ハヤテにもらった大事な帽子』というナギの言葉を聞いていたのかいないのか。
 一方その頃、新人発掘に出ていた千桜は……という新展開への導入も。千桜が発掘した新人はルカとは別人のようで、本誌連載でも未だ出てきていませんが、さりげなく――

 100822_hayate_01.jpg

 メガネが描き加えられています。(左:連載時 右:単行本)
 わざわざメガネを描き加えるというこの変更が意味するところは何なのか――大変興味深いですね!

第267話「会長の耳はロバの耳!!」
 ヒナギク超かわいい。上でアーたんアーたん言った直後であれですが。
 番外編的な位置づけの話ですが、テンポも良く、また話自体も丁寧に描かれていて、かなりお気に入りの回です。もちろん自分の好きなキャラであるヒナギクが活躍したのも大きいのですが、それを抜きにしてもGW編以前の「ハヤテ」が帰ってきた印象を受ける話だったんじゃないかな。

第268話「長いシリーズも終わったし、この話から読むのもいいんじゃね?」
第269話「若い頃の僕らはりびんぐゲームでいずみちゃんの秘密を知りショックを受けたりもした」
・第270話「どんな建物にもオッサンにも歴史はある」

 新展開、家探し編。268話冒頭で新キャラ=ルカの名前を出し、ルカと思しきキャラが見開き絵で登場。その割にさっぱりルカが出てこないので、読者的にはまたも焦らされている感が出てしまった原因でもあったり。ルカを出すのは3000号記念カラーの時で良かった気がするなあ。
 久々に出た女装ハヤテ=ハーマイオニーも、若干「出すこと自体が目的」だった感はあります。ここで出すのであれば、クラウスとのラブコメ(!)をやっても良かったような気はしますね。

・第271話「メイド服を着るからメイドさんなのではない。メイドとしての能力があるからメイド服を着るのだ」
・第272話「少年まんがのラブコメは風呂場で事件がよく起こる」

 感想を書いていた記憶はあるのに記事がアップされていない……。下書きのまま放置してしまっていたようです。
 GW編では結局まともな出番がなかったマリアさんが活躍する話。久々にマリアさんがマリアさんらしい話を読めた気がします!


 とまあ、25巻を振り返ってみました。
 いずれまた別の形でGWを振り返りたいとは思っているんですが、なかなか筆が進まずブログ自体が止まる感じになっていたので、しばらくはリハビリがてら色々な記事を書いていこうと思います。

我々は忘れてはいけない。ヒナギクの失恋を―― 「ハヤテのごとく!」23巻
これがメインヒロインの風格……! 「ハヤテのごとく!」24巻



スポンサーサイト

| ハヤテのごとく! | 00:03 | comments:1 | trackbacks:0 | EDIT

これがメインヒロインの風格……! 「ハヤテのごとく!」24巻

 3日連続更新第2弾! 24巻の感想です。

ハヤテのごとく! 24 (少年サンデーコミックス)

 これまで通り各話ごとに振り返っていきたいと思います。


第251話「夜に光る」
 ツンデレナギがマジ可愛い回。いやもう、最近の本誌連載分を見てても思うけど、ツンデレナギはマジ天使ですよね本当。西沢さんとナギの組み合わせが、まさかここまで破壊力抜群になるとは。今ナギの可愛さを一番引き出せるのは間違いなく西沢さんであると言えましょう。
 そんな西沢さんに関しては、「けいおん!」6話の画像を用いて論ずるのが適当でしょう。花菱さんグッジョブ。

第252話「ここから先の未来」
第253話「Proof」
 ナギはメインヒロインである。その厳然たる事実を、メインヒロインたる風格を、貫禄を、この上なく読者に知らしめた話。特に252話の方ですね。神回と言って差し支えないかと。本当に素晴らしかった……。その思いは252話の記事の方に込めましたのでそちらを見ていただくとして。
 25巻まで出た今の状況で考えると、結局ナギが相続するはずだった遺産ってのはどこに行ったんでしょうね? 言葉遊びのようなものとはいえ、帝の説明からすれば、ナギが王玉を破壊した以上ナギが相続権を持つはずなんですが。今の新生活から屋敷へ戻るときにこのネタが使われるのだろうか。

第254話「そして最後の対決」
 コメディとシリアスの運用がちぐはぐな印象を受ける話。「………え?」の部分さえもう少しコメディ的、ギャグ的な反応をしてくれていればこのちぐはくさも薄まっていただろうに。

第255話「一つ目の言葉」
第256話「question at me」
 アーたんかわいい! アーたんかわいい! 大事なことなので2回言いました。アテネの免責的には色々と問題のある回でしたが、そっちはもういいや……。

第257話「誰かが君を」
 西沢さんは本当に強いなあ……。そんな回。
 ほんと西沢さんって常に可愛さを単調増加させ続けている感じのキャラだなあと。ここまで一途な愛を見せつけられてしまうと、もしハヤテが誰かとくっつく展開があるとするなら、ナギではなく西沢さんだろうなぁ、と思ってしまいますね。西沢さんルートの困難性というのもありますし。

第258話「永遠のために君のために」
第259話「~Fly High~」
第260話「ETERNAL WIND」
 アテネ救出編。記事中の読解が若干間違ってた感があるんですがまあいつものことですね。とりあえず、CLANNADだと思っていたらFateだったのがGW編の世間での低評価につながっているんじゃないかな……。

第261話「イチャイチャイチャイチャ」
 アテネの免責問題関係とかはあとで記事を書く際に付け加えたものであって、読んだ時の第一印象は神回でした。アーたんとハヤテがイチャイチャしててそれを神回と言わずして何と言う! アーたんかわいい! アーたんかわいい!
 もちろんイチャイチャしてるだけで神回と言っているわけではなく、ラスボスがゆっきゅんだった事実が明かされたことも要因のひとつ。「やられた!」と思ったので、その時点でもう負けたなあと。真っ先に思い浮かんでもよさそうなキャラなのに、当時は考えてすらいませんでした。


 この巻のポイントはやはりナギのメインヒロインっぷりですね。あとツンデレっぷり。ナギたんマジ天使。
 それでは明日は25巻です! よろしくお願いします!


| ハヤテのごとく! | 00:02 | comments:1 | trackbacks:0 | EDIT

我々は忘れてはいけない。ヒナギクの失恋を―― 「ハヤテのごとく!」23巻

 3日連続更新(予定)第1弾! ハヤテ23巻の感想です!

ハヤテのごとく! 23 (少年サンデーコミックス)

 ……既にバレバレな予感なので白状しますが、明日は24巻、明後日は25巻の予定です。

「GW編とはなんだったのか?」

 その問に答えを出すため、もう一度我々は、GW編について考えてみる必要があるのです……!総括をまだ書いてないからその代わりとも言いますが!

第240話「君への想いを」
第241話「アイギスの盾」
第242話「夜に想う」

 ヒナギク失恋、および、ハヤテvsマキナの回。
 最近の本誌の展開、あるいは25巻を既に呼んでいる方はご存知の通り、ヒナギクの失恋って半分なかった事になっている感があるんですが、それでもやっぱり僕らは忘れちゃいけないと思うのです。このヒナギクの涙を。ハヤテの背中を押した、ヒナギクの苦悩を。
 そして花菱さんは本当にヒナギクの良い友達だなぁと思ったのでした。旅の最後は笑顔で終えよう、と。そこに若干の下心があろうとも、幼い頃から育んできた友情は本物なんだなぁ。
 え、マキナ? そういえばマキナって何者なんでしょうね(今更)。

第243話「スキだらけの寝顔に想う」
第244話「好きだけど 好きだから」

 アテネ苦悩・葛藤の回。
 王玉は絶対に必要だ、けれどハヤテは傷つけたくない……というアテネの葛藤が見られる回ですが、ミダスに取り憑かれていて「自分が何をやっていたのかあまり覚えていない」アテネがこんな葛藤を出来るというのもまた凄い。そういう細かいことを気にしなければアーたん可愛くて良い話だと思います!

第245話「Love Me Tender」
 ハヤテが無神経にも程がある回。マジ今回のハヤテは無いわ……。
 そしていわゆる「アテネの免責問題」が浮上した回でもあります。アテネが王玉のためにハヤテやその周りの人を傷つけたとして、その責任が全てアテネではなくミダスの方が負ってしまうというあまりよろしくない展開。25巻まで発売した今のタイミングで言うなら、結局これに関しては有耶無耶なままでしたね……。まあいいんですけど。

第246話「最強vs無敵」
第247話「天涯の力」

 バオウ・ザケルガ。バトル回。
 246話の感想記事は割とうまく書けてたんじゃないかなぁとか今読み返してみて思いましたw

第248話「彼女の選択」
第249話「究極の選択」

 ハヤテに対して選択肢が提示される回。
 しかしまあ、「ナギか? アテネか?」という選択自体は予想通りなのですが、その裏にあるものがまさか世界崩壊の危機になろうとは。それでも何だかんだで選択が提示されたことによって面白くはなりました。うん、何も選択しないという展開になるとは思ってなかったんだ……。

第250話「終わる日の始まり」
 いいんちょ超かわええ。


 そんな訳で、24巻及び25巻すなわちGW編の結末を知った今読むと、また見え方が違ってくる23巻でした。色々細かいことはそちらに回すとして、やっぱりバトル展開はいまいちだったかなあ、という感想だけを述べておこうと思います。

 それでは、予定通りに行けば明日は24巻感想です! よろしく!


| ハヤテのごとく! | 00:01 | comments:2 | trackbacks:0 | EDIT

「ハヤテのごとく!」ハッピーバースデー西沢さん!

 気がついたらもう夏コミ直前。月日が経つのは早いですね……。
 夏コミでは3日目東N-12b「むんくろ」むんくろ!読本2010(上)に参加してます。コミケ3日目に来られる方は是非お立ち寄りください。自分もスペースにいます。たぶん。


 さて、久々になってしまいましたが「ハヤテのごとく!」の話でも。最新号では283話が掲載されましたが、その前に281~282話について少し。

 3月3日はヒナ祭り。白皇学院でもヒナ祭り祭りという催し物が行われ、生徒会メンバーによりヒナギクの誕生日会が企画されました。
 そしてその夜、ヒナギクはハヤテと二人きりの誕生日会でハヤテへの恋心に気付いたのは皆さんもご存知の通り。

 でも、普通の人にとって、誕生日ってそんな劇的じゃない。
 せいぜい誕生日おめでとうメールが来るとかその程度でしょう。誕生日に仲間内でパーティを開いてもらうような人は間違いなくリア充です。隣人部の面々に「リア充は死ね!」とか言われても反論できないレベルです。

 そう。誕生日は特別な日ではあるけれど、そこまで劇的な何かを期待する日ではない。


 そんな訳でゴールデンウィークも終わって1週間。
 5月15日――西沢さんの誕生日がやってきました。

100811_hayate_01.jpg

 西沢さん17歳!
 訓練されたハヤテファンは「17歳」の部分をついひらがなにしたくなってしまいますが、ここはぐっと我慢して数字や漢字を使いましょう。とか言って自分もそのうち忘れてひらがなで書いているような気はしますが!

 25巻と同時に「畑健二郎初期作品集 ハヤテのごとく!の前」が出ることと関係しているのかいないのか、「海の勇者ライフセイバーズ」にも登場している宗谷くんも登場。5月15日に対して「5がいっぱい」と答える宗谷……5がいっぱい……?ま、まあ、2005年ですしね……(?)

 ハヤテファンにとっては常識である5月15日=西沢さんの誕生日ですが、作中キャラにとっては必ずしもそうではありません。彼女のプロフィールが載った単行本は作中には存在しないのだから。
 それでも西沢さんは、恋する乙女として思うのです。自分の好きな少年に、せめて一言誕生日を祝ってもらいたい――と。

 ならば積極的にアピールするしかないじゃないか!
 そんな決意を胸に西沢さんは歩き出します。日曜日に制服でどこへ行くんだろう……。


 一方、ハヤテサイド。
 女子の友達の誕生日をスラスラっと暗唱できてしまう天然ジゴロ。この質問からすれば、マリアさんも皆の誕生日を覚えているようですが、そこに雪路が入ってくるのはちょっと意外だったなあ。
 しかしまあ、生徒会3人娘は以前作中で誕生日を教えていましたが、教えていないであろう伊澄とかの誕生日も知っているとは。以前、咲夜の誕生日を知らなかったハヤテが、あれを教訓に友達の誕生日を確認したのかな……?

 そして今回の裏主役=ナギ。
 明け方まで原稿をやっていたにもかかわらず起きてきて、「誕生日プレゼントはただ渡せばいいものではないのだ!せっかくやるのであれば必要以上に感謝されたいじゃないか!」=「ハムスターをもっと喜ばせてあげたい!」という素直になれない可愛さ抜群。

 そこにハルから提案されるサプライズパーティー。
 ナギは気恥ずかしいからと敬遠しますが、西沢さんの喜ぶ顔が見たいし、何よりハヤテがいる!ということでサプライズパーティーの決行が決定します。

 サプライズパーティー会場は喫茶どんぐり。そこにヒナギクや生徒会3人娘を集め、計画を説明。しかしそこに西沢さんが予想より早く登場し、「今日5月15日は…なんの日か知っているかな!?」と、何かをすごくアピールし始めます。

100811_hayate_02.jpg

 さすがヒナギク!ナイスフォロー!
 こういう状況ですらすらっと歴史的出来事が出てくるとは、流石ヒナギク、頼りになります。しかしいくら予習復習を欠かさずしっかり勉強しているとはいえ、こういった出来事の日付まで覚えているとは……。


 その後も続く西沢さんの「さりげなく私の誕生日だと気づいてもらおう作戦」。しかしそれらをハヤテはかわしていきます。
 その一つが新聞を使った星座占い作戦。星座占いで誕生日の範囲を伝える作戦ですが、それより気になるのはこの新聞。

100811_hayate_03.jpg

 マエダックス熱愛発覚、さのすけ逮捕。マエダックスの隣にいる女性は過去にも何度か見覚えがありますね!記事内容も色々突っ込みどころが……!
 テレビ番組欄にも小ネタが。正直解読にはだいぶ目が疲れますが、さりげなく

100811_hayate_04.jpg

「ハレルヤオーバードライブ」の文字が!アニメ化ですか!? 「ハレルヤオーバードライブ!」面白いので、読んだことない方は是非。

 そういえば、作中時間は2005年なはずなのに、新聞は20XX年(平成2X年)になってる件。平成2X年って明らかに2005年じゃない……。


 そして、さりげなく誕生日を聞く方法を私にやってみて作戦。ここまで来たらもはや「さりげなく気づいてもらう」という条件を満たせてない気はしますが、それはさておき。

 こういう時の常套手段は「あなたと同じ誕生日の有名人」を聞くこと……らしいです。いや、そういうシチュエーションに陥ったことがないので……。
 しかしそれをハヤテが実践してしまうと、「声優の中尾衣里さん」という答えが帰ってきてしまい、ハヤテが強制的に気付かされてしまうらしい!西沢さん、なかなかの策士……!

 ちなみにこの中尾衣里さん、ググってみたら花菱さんの声優らしいですね。ここで花菱さんが「世間の常識」と言っているのはそういうことか!
 ハヤテキャラの声優に、うまいこと5月15日生まれの人がいたからこそ生まれたネタと言えそうです。

 それに対するハヤテの返答は「When is your birthday?」。西沢さん、とっさに英語が出ません。西沢さん……(ノД`)
 潮見高校は数Iの試験で複素関数の問題が出てくる程度にはハイレベルなわけですが、西沢さんこんなんで大丈夫か。もしかして日曜に制服で出かけてたのは補習か何かかもしれませんね。


 そんなこんなで西沢さんの質問を上手いことかわし続けたハヤテ。しかしそのせいで西沢さんは落ち込んでしまい、「忘れ物を取りに来い」とのナギの電話にも取りに戻る気力を見せません。どうする、主催・ナギ……!

100811_hayate_05.jpg

「旅行が終わってお前とずっと一緒にいられないからさみしいと言っているのだ!! わかったら戻ってきて私とお話しろ!!」

 ナギちゃんマジ天使。
 恋敵としての関係から始まった二人が、少しずつ親しくなっていき、「友達」になり、今ではこんなにも仲が良い……。微笑ましすぎる。素晴らしすぎる。
 なかなか素直になれないナギが、サプライズパーティーのためとはいえこんなことを本人に直接言うなんて!デレだ!これこそがツンデレのデレの破壊力だ!西沢さんの誕生日なのにナギがメインを持って行ってしまったんじゃないか、そう思うくらいナギが可愛い……!

 扉を開けた瞬間の「誕生日おめでとう」の声に驚く西沢さん。あまりの嬉しさに、思わずナギに抱きついてしまうほど。サプライズパーティー大成功ですね!
 涙を浮かべる西沢さんを見ているとこっちまでこみあげてくるものがありますよ。西沢さん、誕生日おめでとう!


 誕生日イベントに期待するのは、やはりそのキャラの喜ぶ顔が見られること。そんな訳で、今回の西沢さん誕生日イベントは大満足の面白さでした。あまりの嬉しさに涙を浮かべ、ナギに抱きつく西沢さんが見られるだなんて!(いや抱きつく部分は見られなかったけど)
 バックステージによるとこの後にオチが続く予定だったようですが、良い話で終わってよかったんじゃないかと思います。

 そんな訳でとても面白かった西沢さん誕生日編。勝因は2話でコンパクトにまとめたことだと思う!そんな訳でまた次回、おそらくはコミケ後の記事でお会いしましょう。コミケ来る方はコミケでも!



| ハヤテのごとく! | 02:41 | comments:2 | trackbacks:0 | EDIT

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。