2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月

「ハヤテのごとく!」アテネとの別れの時

 世界樹3をAmazonで予約したのでkonozamaを食らわないことを祈ります。もう発売は目の前ですね!わくわく。

 さて、「ハヤテのごとく!」第265話「木の芽風」の簡易版感想。
 ゴールデンウィーク編もほぼ終わり。アテネ編を締めくくる1話です。


 ―――わかってしまった。
 ハヤテの笑顔を見た時に、全部。

 もうハヤテを傷つけないと決めたから、アテネは身を引いた。
 ハヤテには三千院ナギという大切な人がいて、だからアテネと一緒にはいられない。ハヤテにはもう、心を埋めてくれる人がいる。だからここでお別れ。

 アテネから突きつけられた突然の別れに、ハヤテは困惑します。
 けれど、1億5千万の借金をアテネが肩代わりしてくれるとしても…アテネと共に、アテネに残るわけにはいかない。「命そのもの」であるナギと別れることはできない。

「私ね…あなたの事が好きだったのよ…」

 過去形での告白。10年前であれば、互いにそれが当たり前だったことを、今更のように。そして、今しか伝えられないことを伝えるように。

 ハヤテの中で思い起こされる、「アーたん」との記憶。
 そしてハヤテは言わなければならないことを言います。

「僕も…!! 君の事が好きで…!! 本当に好きで…!! だから…!! ヒドい事言ったの…ずっと謝りたくて…!!」

 二つ目の言葉。それは、謝罪の言葉。
 何だかんだで結局は感謝と謝罪に落ち着くのね。二つの伝えたいこととは、多くの人にとって予想通りであろう、「ごめんね」と「ありがとう」だったのでした。

 ハヤテの謝罪は、10年前のあの花畑での出来事であるかのように描かれます。
 前に書いた解釈が微妙に違ってた感が。今回の演出はつまるところ、この二人の関係性は10年前のままであり、未だ二人の「今」の物語が動き出していないことを意味するものであるように思えます。
 そういう意味では、今回の別れでようやく10年前と決別した感じ。
 次に出会うときにようやく、二人の物語が始まるのかな。

「私のために流す涙は…これで最後よ。」

 ささやかなくちづけの後、二人は別れる。

 王様の耳はロバの耳。それは、誰かを許して許されて、そうやって人と人とはつながっていくという物語。

 決着をつけたハヤテはナギの元に戻ります。
 ハヤテにとってただ一人の「主」のもとへ――。

-------------------------------

 結果だけ見れば妥当だし、先週の流れからはこうなるしかない。アテネはいったん退場し、ロイヤルガーデン関係の物語が動き出すまでは登場しない可能性が高いです。
 今回は、この10年間ハヤテを縛ってきた想いにひとつの決着がつき、改めてハヤテ回りの恋愛模様がスタートラインに立つという話かな。ある種の失恋。あのイチャイチャを見た後でなお、リセットされたと思えるかどうかは別として。

 これでGW編・アテネ編は完結という事になるわけですが…。
 どうもすっきりしないまま終わっちゃったなあ、というのが正直なところ。

「ハヤテはナギの元に戻らなければならないから、アテネと一緒にはいられない」

 これがアテネ編の決着です。しかしそれはハヤテが表明したわけではなく、アテネが「そうでしょ?」と問いかけたものです。ハヤテは結局流されるままなのね…。

 ともあれ、長い長いGW編も次回で終わり。
 最後は綺麗に締めてくれるといいですね。

| ハヤテのごとく! | 23:52 | comments:4 | trackbacks:0 | EDIT

「ハヤテのごとく!」ハヤテにとっての"お嬢さま"

 長らくハヤテ感想以外の更新が滞っている当サイトですが、4月から更新再開していきたいなと思います。主に世界樹の迷宮3プレイ日記で!延期のせいでもう待ちきれないレベル。今から楽しみ!


 さて、「ハヤテのごとく!」第264話の感想です。先週までの過去編を引き継いで、「これまで」から「これから」へと転換していく話。

 城を出てから1年以上眠っていたというアテネ。
 キング・ミダスはハヤテ兄が城から出たとは限らないとアテネに語りかけ、それを確かめるために「王玉」を求めさせ…それがミダスとの「合意」となったという経緯のようです。

 もしあの人が万が一外に出ることが出来ていなかったら。
 そう不安がるアテネですが、その人はハヤテの兄だった。

100321_hayate_01.jpg

 綾崎イクサ…?
 イクサだなんて日本人の名前とは思えませんでしたが、漢字で書くと「戦」ということか。「ライフセイバーズ」には戦部というキャラがいるそうで、そのキャラが元になっているのかもしれませんね。


 ハヤテ兄改め綾崎イクサはちゃんと家に帰っていた。その後本当に行方が分からなくなっているとはいえ、少なくともアテネを助けた「あの時に」城に取り残されているということはなくなった。

 あの兄さんが死ぬわけはない。生きていれば必ず会える。
 ハヤテがいつかイクサに再会できるのと同様に、アテネもまた、イクサと再会することもできるはず。
 だから、もうアテネには王玉は必要ないのだと、ハヤテは優しくアテネに語りかけます。そして、それに頷くアテネ。

 色々思うところはあるのだけれど、「王玉を求めた理由ってこれだけ?」という気分になるのは事実ですねえ。想像していた以上に薄かった。
 ハヤテを巻き込んでまでも王玉を欲した理由が、「あの時私を助けてくれた人が中に残っていないか確かめる」だけっていうのは肩透かし感が。「ミダスに操られてたんだから以下略」ということか…。うーん。


 消化不良感はあるものの、これでアテネの「王玉を求める物語」は終わり。
 そして響く、5月7日を知らせる鐘の音。それはシンデレラの魔法が解ける知らせのようで。「これまで」と「ここから」を隔てる鐘の音は、未来に向けて響いていく。

 アテネ編を通してどこか達観した感のあるナギですが、この後ナギにもう一度見せ場があって欲しいところ。この達観した発言や雰囲気の理由、そして今後へ向けての展望を描く機会があってもいいでしょう。メインヒロインなのだから、最後は持っていってくださいな。
 一方世界の平和を守ったヒナギクは、今後どうするのかなあ…。


 アテネに必要なのは、もはや王玉ではない。これからのアテネに必要なのは、10年の時を経て再会した、目の前にいる少年。

 アテネはナギのことを尋ねます。ハヤテは基本的にはいつも怒っているよ、と紹介。しかしまあアテネのアホ毛が気になって仕方ないな。
 今のハヤテがいるのは全部ナギのおかげで。あの日、路頭に迷ったハヤテを救ったのは、アテネではなくナギで。そしてナギのおかげで、たくさんの人と出会い、今の日々がある。

 だから、ナギはハヤテにとって、恩人とかもはやそういうレベルではなく。

100321_hayate_02.jpg

 命そのものなのだ、と。

 こういう事を、アテネの前ですらサラリと言えてしまうのはもはや一種の才能か。ともあれ、239話でナギが出てこなかった、これがその答え。

 あの時ハヤテは自分にとってアテネとはどういう存在なのか考え、好きな人であると答えを出した。では、ハヤテにとってナギとはどういう存在なのか?それが今週の核であり、アテネとの対比。
 ハヤテにとってナギとは命そのもの。そしてそれはハヤテにとって既に「当たり前のこと」であって、考えるまでもない。「好きな人」であるアテネの前で、それでもサラリと言えてしまうほどに。

 つまりこれは「お前が明日死ぬのなら僕の命は明日まででいい――お前が今日を生きてくれるなら、僕もまた今日を生きていこう」って奴ですね!(違
 でも自分も、ハヤテで好きなキャラは?と言われればヒナギクと答えるけど、ナギはある種別格だったりはするんだよね。そこがこの漫画を好きになった原点だから。


 その笑顔を見て、アテネは全部分かってしまったという。今のハヤテが、誰のために、誰とともに生きようとしているのか。そしてそれは、自分ではないということ。

 ハヤテと一緒にいたい。共に生きていきたい。けれど今のハヤテには、守るべき人がいて。泣いてすがれば、ハヤテはきっと困ってしまうだろう。ナギかアテネか、いずれかを切り捨てねばならない選択を迫れば、ハヤテは傷ついてしまう。

 罪の意識もあったのだろう。
 そうしてアテネは、身を引いた。

100321_hayate_03.jpg

「さようならハヤテ。会えて嬉しかったわ。」

 それは別れの言葉。
 本当にこのまま終わってしまうのか…?次回に続きます。

------------------------------------

 もちろんこのまま終わりはしないのでしょうけど。
 まだ「2つ目の言葉」を言っていないわけですし。

 次回のタイトルは「木の芽風」だそうで(バックステージより)。
 アニハヤ1期第4クールのEDテーマですが、忘れかけていたので久々に聞いてみました。端的に言えば「なまえをよんで」という曲。確かにこれは、この作品にぴったりの曲だなあ。
 「名前を呼ぶ」という行為が、この作品において非常に重要であることは言うまでもなく。その歌の名前をサブタイトルにつけるということは、そういうお話になるのかな…? 


 しかしまあ、今週の話を読んで思うのはやっぱり、ハヤテは結局何も決断しないんだなあということ。ここまでくると流石に意図的なのだと思えてきますが、主人公としての見せ場が結局ないままアテネ編が終わってしまうのだろうか…。
 来週と1セットの話と言うことでこの件は保留にしますが、ヒロインだけが頑張って、主人公は何もしないまま終わるようなことはないと思いたい…。

 アテネの一時退場はほぼ確定でしょう。ヒナギクはアテネに対して、アテネはナギに対して身を引いているので、ナギがヒナギク→ハヤテのベクトルに感づくという展開もアリかな。ヒナ・ハム・ナギの三すくみは西沢さんが強くなりすぎてパワーバランスが崩れてきたので、新たな三すくみとして。
 今一番読みたいのはナギとハヤテの話だけど、次に読みたいのはナギとヒナギクの話かもしれない…。

 そして未だにGW編で見せ場がないマリアさんの明日はどっちだ。


音のない夜空に/木の芽風(メジャーデビューシングル)
IKU
Geneon =music= (2008-03-19)
売り上げランキング: 53635

| ハヤテのごとく! | 17:34 | comments:1 | trackbacks:1 | EDIT

「ハヤテのごとく!」過去編(12) - 君のことを助けたい

 気がついたら火曜日だった!感想書くの忘れてた!
 一方TOVはそれなりに順調です。世界樹3まであと2週間強、TOVを遊び倒そうと思います!


◇神さまの怒り

 ロイヤルガーデンの出入りには「王玉」が必要だ。
 しかし、神さまの怒りを買うとその王玉に触れられなくなるという。
 《神の怒り/Wrath of God》は4枚集めておきたいカードだったので、王玉に触れられない人はたくさんいそうですね!

 アテネの口から淡々と語られるロイヤル・ガーデンのシステム。しかしハヤテ兄はそんなものは意に介しません。アテネに出る気があるのなら、出る方法を探せばいいのだから。

 少し前にハヤテにはヒーロー性がないという話をしましたが、ハヤテ兄はまさにヒーロー性を持ち合わせているキャラのようですね。

 ハヤテはそんな兄に憧れているのだから、いずれはハヤテもヒーロー性を身につける日が…来ないだろうなあ。ネギがナギにならなくていいように、ハヤテもハヤテ兄にならなくていいんです。


◇強欲と絆を試す場所

 そしてハヤテに教えなかった、ロイヤルガーデンを出るための方法。
 それはいつぞやの地下迷宮で伊澄が読み上げたフリギアの碑文でした。

「アブラクサスの柱の森、剣を以て正義を示せ。さすれば道は開かれる」

 伊澄はその続きを「あまりいい事は書いてない」として読み上げてくれませんでしたが、おそらくそこに書かれていたであろう事実を、アテネは淡々と語ります。

 アブラクサスの柱の森にある柱の一本を、二人で手を取り合って斬りつければいい。そうすれば外へと続く正しい道が示され、神の怒りを買った人間も外に出ることが出来る。
 ただし、正しい柱は365本のうち1本。間違った柱を斬りつければ、王玉の持ち主は死ぬ。

 柱の周りにあった朽ちた剣の残骸は、そのなれの果てだと言いますが、つまりはそれだけの人数がこれまで城に入り、そして死んでいったということ。じゃあその人たちが持っていた王玉はどうなっているのだろうか…という素朴な疑問。

 ハヤテ兄は、どうでもいい奴をだませばよかったんじゃないかと言いますが、アテネの年齢と王玉の数を考えれば、そうそう人が入ってくる場所でもないでしょうに。

 もしもアテネがこのことをハヤテに教えたら、ハヤテは必ずやると言い出すだろう。だから言えなかった。一緒に外に出たかったけれど、それでも。もしもハヤテが死んでしまったら、その時の絶望は計り知れないだろうから。


◇微笑みを君に

 ハヤテ兄は、正しい柱なら選べるといいます。なぜなら俺は正義だからだ!凄いキャラです。まあ、こういうところがヒーロー性なんだろうけど。

 白桜はそんなハヤテ兄を持ち主として認めたのか、兄の元へと飛んでいく。ミダス(完全体)をサクっと倒す兄。何だこの強さは…。

 そして、ハヤテ兄の顔が明らかになりました。
 額に十字傷…。バックステージを読むと、神父リィン・レジオスターとハヤテ兄は無関係であるとのこと。そしてご丁寧に喫茶どんぐりのマスターの話まで。

 となると、残りの額に十字傷のキャラなんて…

 ………シラヌイ?

 でもまあ正直シラヌイにはただの猫でいて欲しいなあ。
 ヒナギクたちが猫を拾ったのはたまたまであって、しかもたまたまヒナギク母が猫アレルギーだったから、たまたまその時ヒナギク家にいたハヤテが持ち帰って三千院家で飼うことになった訳で、そしてその猫がたまたまハヤテ兄だった…なんて展開は流石にご都合でしょう。確かにシラヌイに十字傷があることは気になりますけど、ね。

 しかしまあ、結局その後のことを覚えていないというのはなんだかすっきりしませんね。アテネがどうやって脱出したかが気になっていたのに、ハヤテ兄すごい!だけで終わってしまった感じで。

 ハヤテ兄の顔がこれまで隠されていた意味もあまり感じられず。額に十字傷のキャラの情報があったわけでもありませんし、重要人物の顔を明らかにすることそれ自体に意味があるのかなあ。


ハヤテのごとく!! 2nd season 08 [初回限定版] [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2010-03-25)
売り上げランキング: 320

| ハヤテのごとく! | 23:47 | comments:3 | trackbacks:0 | EDIT

「ハヤテのごとく!」過去編(11) - 涙も枯れて

 迂闊っ…!
 他にもやることはたくさんあるのに、前に買って未開封のままだった「テイルズオブヴェスペリア」を開封してしまった…!リタ可愛い…!


 さて、今週の「ハヤテのごとく!」は262話。サブタイトルはまさかの「THE END OF THE WORLD(11)」…過去編の続きですか!そういえば「世界の終わり」って結局何だったのかとか考え始めて、伊澄さんが世界が終わるとか言ってたなぁとか今更思い出しました。


◇静寂のロイヤルガーデン

 ハヤテが去った後のロイヤルガーデンに一人残されたアテネ。
 アテネはこのハヤテとの最悪の別れについて自らを責めます。大切な指輪をハヤテの親に売られた怒りに身をゆだねてしまい、ハヤテを行かせまいとしてハヤテと戦ってしまったこと。
 そして、頭痛を感じるアテネ。この頃からミダスは少しずつ育っていったのだろうか。

 この時アテネはミダスという存在に気づいていたのかどうかが気になるところ。それによってこのシーンの解釈は変わってきます。「自分の愚かさ」が、前述のような「カッとなってしまったこと」を招いたのか、「ミダスに利用される結果」を招いたと考えているのか。

 アテネがハヤテと共にロイヤルガーデンを出る方法はあると言います。けれどそれをハヤテに教えるわけにはいかなかった。その方法を知ったら、ハヤテは必ず…何なのか。
 その方法はハッピーエンドにつながるようなものじゃなくて、何らかの犠牲を強いるものだったんでしょうね。そしてそれを教えてしまったら、ハヤテが必ず実行してしまうような…けれどアテネはハヤテにそれを実行して欲しくないような、そんな。
 二人とも出ることを前提にしていますから、どちらかが中に残るとか、消えるとか、そういう類のものではないでしょう。記憶を失うとか?


◇正義の味方

 ハヤテにハンカチを渡すハヤテ兄。ハヤテ兄が人助けをするのは日常的なことだったようで、ハヤテに渡したハンカチは三千院紫子のものだといいます。そんな兄に、たくさんの人を助ける「正義の味方」に、ハヤテは憧れていた。

 ハヤテがポケットの中から取り出したお守りには。

100308_hayate_01.jpg

 王玉、あったんかい!!
 ハヤテは後から思い出して「あれは王玉だったんだ」と思ったりしなかったんかい…。せっかくの王玉アメ玉説が…。

 サンタもどうやら夢オチなのかな。けれど正確な個数まで言うということは、ハヤテが夢だと思っているだけで、夢じゃない可能性もあるかも。いずれにせよ、帝はどこまで手を回しているというのか…。ナギと出会う前のハヤテに「何か」があったと考えるのが妥当なんでしょうかね。

 ハヤテ兄は「助けて…」という声を聞き、ハヤテの元を離れてまた人助けに走ります。声を頼りにロイヤルガーデンへの入り口を見つけ出したハヤテ兄。そこにはアブラクサスの柱の森が広がり、王族の庭城がそびえ立っていた。

 アテネはハヤテと同様に、何にも期待しないことを選んでいた。

「いっそこのまま朽ち果てれば…夢の中だけでもハヤテに…」

 そんなことを言っていたアテネの元に、ハヤテ兄は現れた。

「お前が呼んだ。」

 キザな兄やのう…。そんなわけで次回に続くようです。


 ハヤテ兄がロイヤルガーデンに関わっていたことが確定したわけですが、今行方不明となっている理由がロイヤルガーデンがらみである可能性も高まってきましたね。
 案外、アテネの代わりにロイヤルガーデンの中にいる…という可能性もあるかもしれません。

 いつか、ロイヤルガーデンにたどり着いた現代のハヤテが、自分が最後に見た姿とはかけ離れている兄と再会する。そんな展開も「ハヤテにとって結構衝撃的」なのではないでしょうか。

 兄がこうやってハヤテの王玉を手にアテネの元に走らなければ、ハヤテは雨が上がった後またロイヤルガーデンに入ることが出来たわけですよね。そう考えると、この兄の行動がアテネを真の意味で「助けた」ことになるのかどうか、そこが気になってくるところです。


ハヤテのごとく!! 2nd season 08 [初回限定版] [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2010-03-25)
売り上げランキング: 454

| ハヤテのごとく! | 16:18 | comments:1 | trackbacks:0 | EDIT

2010年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年04月