2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

「ハヤテのごとく!」ハヤテは上条さんにならなくていい

 今週の「ハヤテのごとく!」は249話。
 ゴールデンウィークが始まったのが200話ですから、かれこれ1年ゴールデンウィークをやっている事になるんですね…。「これはもしかすると3~4ヶ月かかる長編になるかもしれんね」とか言っていた頃が懐かしい。ずいぶん遠くまで来たものだ…。


 さて、その本編、まずはざっくりあらすじから。
 伊澄とのバトル展開来たかと思ったら、そこに介入してきたのは咲夜。咲夜は伊澄さんの着物をめくる役割だったのか…!

 冗談はさて置いて、ハヤテによる事情説明。
 伊澄は遺産相続がらみの話にはノータッチのようですね。咲夜が帝と連絡を取ると、帝はハヤテにはっきりと選択を強いてきます。

「誰かを犠牲にしてでも主を守れるかという試験じゃ。」
「遺産をナギが失えば、ナギの執事は続けられなくても、アテネの執事にはなれるじゃろうて。一億五千万の借金も…アテネが肩代わりしてくれることじゃろ?」


 借金がハヤテをナギの元に繋ぎ止める鎖として機能しないという予想通りの流れですが、それも含めてすべて帝の掌の上というか、ミダスがらみのことも含めてすべてを掌握している感じの帝。
 そして帝から驚きの一言が。

「ワシはサンタになろうとも…お前にプレゼントはやらんという事じゃ…」

 あのサンタ、帝だったの!?
 ナギの誘拐からハヤテが執事になるまでも含めて全て帝の計画なんだよ説は一応以前からありましたが、それが現実味を帯びてきたということなのか…?!

 ちなみに今週回想形で出たサンタは1巻中扉のものですね。
 本編中では一応「夢に出てきたサンタ」ということになっていましたが、中扉の絵を見る限りでは、いつかの年のクリスマス、働くハヤテの元にサンタが現れた、ということでしょうか。


 ともあれ、ハヤテの前には3つの選択肢が提示されました。

1. 石を破壊して、アテネを救う。
 →ナギは三千院の後継者としての資格を失う。

2. 石をミダスに渡す。
 →ナギは遺産を失い、アテネも救うことができない。

3. あと数日、何もせず石を守りきる。
 →アテネがミダスと分離し、別の何者かになる。

 いきなりタイムリミットが「あと数日」だったり(ハヤテと再会したからかもしれませんが)、色々と強引な気はしますが、とにかく「ハヤテが」選択しなければならない時が来たわけです。

 ハヤテにとって、一番守りたいものは何なのか。
 一番大切な人は…誰なのか。

 ハヤテ自身の意思で、一つだけを選ばなければならない。

 ゴールデンウィーク最後の一日が、始まる。

----------------------------

 今週の展開は、ナギの執事でい続けるか、アテネの執事になるかということで、おおむね234話感想で予想した「選択」なんですが、まさか選んだ結果が「世界崩壊」「アテネの精神崩壊」「ナギの生活崩壊」のどれかになるとはなあ…。
 自分としてはそんなスケールの大きい話じゃなくて、「どちらの想いに応えるか」というベクトルでの選択を期待していたわけで、そういう意味では予想通りとは言えない気もする。


 さて、今回本編で提示された選択肢には、248話で咲夜が提示した「渡してすぐに取り返す」という選択肢が含まれていません。石を渡してミダスとアテネを分離させ、すぐに取り返す。
 もちろんこれをそのまま採用することはないでしょうけど(流石にこれをそのまま使ったら下手すぎる)、このような「第3の選択肢」というのは、「どちらも救ってみせる!」という少年漫画的展開となる選択肢。

 で。
 できればそういう少年漫画的展開にはなってほしくないなーと。


「ハヤテのごとく!」はようやく「綾崎ハヤテの物語」になる

 この記事できよさんは「スケール勝ち」という言葉を使っています。
 つまり、「どっちか片方しか救えないと思ってるんなら…まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!」というやつです。どれほど可能性が低くても、ハッピーエンドの可能性があるならば、どんなに無茶してでもその可能性を掴み取ろうとする主人公性こそが多分「スケール勝ち」なんだと思うんです。

 まあ「スケール勝ち」という言葉は慣れないので、この記事では「上条さん的」とでも称するとしましょう(半分ネタ)。
 次回以降、いきなりハヤテが上条さん的になったら、違和感ありませんか?

 「どちらも救う!」は、上条さん的主人公が選ぶからこそ映える展開であって、ハヤテがそれを選んでも、「どちらかなんて選べない!」という、「選択からの逃げ」に見えてしまうというのは痛い。
 上条さんには、そもそも「どちらかを見捨ててどちらかを選ぶ」という選択肢がないと思うんですよ。そして何だかんだで何とかしてくれそうな気がする。少なくとも、そう思わせるだけのヒーロー性があると思う。そしてハヤテにそこまでのヒーロー性はないと思う。
 だから「少年漫画的展開」は、よほど上手くやってくれないと、多分冷める。


 別に批判しているわけではなくて、ハヤテはそういうキャラなんだから、無理して上条さんになる必要なんてないんじゃないの?というお話。
 ハヤテはハヤテらしく、悩みに悩んで、色々な人と話して、この1件を解決すればいいと思う。(帝から先手を打たれたわけですが、まあそこは何とかするとして)

 ただまあ、クライマックスな展開ではあるけれどギャルゲ的にはまだクライマックスではありませんから、何だかんだで結果的にはどちらも救う。それくらいがちょうどいい…というかそうじゃないとコメディに戻れない。


 ハヤテがナギと一緒にいるのは、主と執事だから?借金があるから?
 そうではなくて、たとえ借金がなくとも、ハヤテはナギの側にいようとするはず。「アテネか?ナギか?」の選択に望んでいたのは、そういうお話を描いてくれること。記事本文と矛盾するようですが、この際「ハヤテの決断」が見れなくても、そういった「ハヤテとナギの絆」について描かれていればいいかなと。

 そんな訳で、ここからならナギが「私はお金がなくても、ハヤテがいればそれでいい!」とか言う展開が綺麗だと思うんです。
 もちろんそれはあくまでヒロイン側の決意であって、主人公側の決意というのは別になりますけど、これなら「上条さん的」でなくとも「僕はお嬢さまを守ってみせる!」といったような「スケール」を見せることが出来るし、アテネ側を選んでも、ナギ側を決して裏切ってはいない。それどころか、ナギとの強固な絆があってこそ選べる選択肢ということにもなる。

 「ハヤテが一人で見つけ出す」んじゃなくて、「ヒロインとの絆があって初めて選べる」選択肢。ほら、こう書くといかにもギャルゲっぽいじゃないですか!


 まあGW編後半はひたすら斜め上の展開ばかりだったんで今回の予想も当たる気はしませんが、最後は綺麗に締めてくれると期待しています。

 そして。
 マリアさんが最後まで蚊帳の外なんてこと…ないよね…?(おそらく予想を狂わせる一番のダークホース)


ハヤテのごとく!! 2nd season 04 [初回限定版] [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル (2009-11-26)
売り上げランキング: 307

とある魔術の禁書目録 第1巻(通常版) [Blu-ray]
ジェネオン エンタテインメント (2009-01-23)
売り上げランキング: 5649
スポンサーサイト



| ハヤテのごとく! | 03:10 | comments:7 | trackbacks:0 | EDIT

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月