2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「ハヤテのごとく!」なまえをよんでくれるひと

 ドラクエ9の「長く遊べる工夫」ってのは、クエストが面倒くさくてマゾいことなのだろうか。かいしんのボケ出ない…。本編クリア後のほうがむしろ面白かったりして、評価は割と上向いてるんですが、クエスト関係に関しては点数を下げざるを得ないな…。


 さて、「ハヤテのごとく!」233話の感想です。
 今週のハヤテは巻頭カラーだったわけですが、その気合の入りっぷりが半端ないですね。いつぞやの過去編第1話と対比される、美しい見開きページ。1年以上前のサンデーを引っ張り出してきましたよ。

090724_hayate_01.jpg

 このカラーと今週のカラーを見比べてみると、分かりやすい「色」の違いはもちろんですが、二人の「距離」が強く印象に残ります。ハヤテが右端にいるのは変わらない一方で、178話ではアーたんも右側ページにいるのに対し、233話ではアーたんは左側ページの左端にいる。
 10年前と今で大きく離れてしまった二人の距離。178話時点でこの見開きのこの構図は既に思い描いていたんでしょうね。


 さておき、ついに邂逅した二人。何か言わなきゃと思うハヤテ。

 「だからもう一度会えたなら僕は、君に…二つの事を伝えたいんだ」

 ハヤテはずっと、二つの事を伝えたいと思っていた。先週、アーたんと邂逅する直前にも、その事を考えていた。けれどあまりに突然の邂逅に、まず最初に何を言っていいのかわからない。

 先に口を開いたのは、アテネだった。

 「花畑に迷いこむクセでもあるのかしら?」

 10年前も今も、二人が出会ったのは花畑だった。

 「どこの誰かは存じませんが…早く立ち去りなさい。」

 一人で舞い上がっていたことを反省するハヤテ。
 ハヤテにとっては、10年前から再会したかった人物。「舞い上がっていた」とはそういうことで、アーたんと再び会えて、ハヤテはまず、嬉しかったのです。

 しかしそのアーたんが示すのは「拒絶」。

 「次に来たら…この程度ではすみませんよ。」

 ハヤテがかつて、自分のことをどれだけ想ってくれていたか知っているからこそ、「次」を先に封じておくアテネ。逆に、「次」があったなら、自制できるかわからないから。
 
 ハヤテが思い出を自分の中にしまっておこうとする一方で。
 アテネは部屋で一人、彼の名前を口にする。

090724_hayate_02.jpg

 アーたんが夜中に突然外に出てきたのは、彼女もハヤテとの再会を予期していたのかもしれない。
 けれど彼女にとってもまた、今回の邂逅は突然すぎて、更に事情も複雑で。だからこそ、彼の名前を呼ばないように抑えていたんでしょうね。
 指を咥えているのはあれか、ハヤテとキスしたくて仕方が無いのか。

 ちなみに今週、ハヤテはアーたんの名前を呼んでいません。そして彼女には今、マキナという「自分の名前を呼んでくれる存在」がいます。だから今回のキーワードはおそらく「アーたん」。これはハヤテとアテネ、二人の間だけの呼び方だから。

 そんな訳で、これまでは基本「アーたん」で統一してきましたが、しばらくは「アーたん」「アテネ」両方を文脈で使い分けていこうと思います。


 今週は演出が非常に「ギャルゲー的」な印象で、その分展開は遅め。けれど見所があればちゃんと楽しめるんだなあと再確認できる話。

 何故アーたんは、ハヤテの事を知らない振りまでしてハヤテを拒絶しなければならなかったのか。王玉が必要だから?「敵」であろう三千院帝の孫娘の執事だから?

 そもそも、アーたんは何故ロイヤルガーデンに戻らなければならないのか。
 帝には、「ゆっきゅんを生き返らせる」という目的が一応見えますが、アーたんは元々望んでロイヤルガーデンにいたわけでもなく、もう一度ロイヤルガーデンに戻らなければならない理由が見えません。この辺りも今回のシリーズで明かされるんでしょうか。

 いやあしかし、やっぱりアーたん関係は面白い。過去編が合わなかった方々には今回のシリーズも不評なのかもしれませんが、自分はこういう「物語が進む」話を待ち望んでいたのです。

「ハヤテのごとく!」明かされるアーたんの正体、そして二人の邂逅(232話感想)
「ハヤテのごとく!」止まっていた時間が、動き出した(231話感想)


「ハヤテのごとく!!」キャラクターCD 2nd series 03/マリア starring 田中理恵
マリア starring 田中理恵
ジェネオン・ユニバーサル (2009-07-22)
売り上げランキング: 333
スポンサーサイト

| ハヤテのごとく! | 23:59 | comments:5 | trackbacks:0 | EDIT

ついにミコノス編がスタート!「ハヤテのごとく!」20巻

ハヤテのごとく! 20 (少年サンデーコミックス)

 「ハヤテのごとく!」20巻が発売されました。
 ついに20巻の大台に乗り、長期連載と言っていいレベルの長さになりました。それなのになかなか話が進まないもんだから、本誌で追いかけていた頃は不満も出ていましたが、単行本で読むとそこまで気になりませんね。11話分まとめて読めるからだと思いますが。

 今回の表紙はヒナハムを中心にマリアさん、ナギ、伊澄。西沢さんのパンツのラインが浮かび上がっているのがそこはかとなくエロいです。

 さて、それでは今回も収録話についてざっくりと振り返ってみたいと思います。リンク先は過去の感想。12巻以来の「全話感想書いてる巻」だぜ…。


第207話「回るルーレットに必勝法はない。回らないならある」
第208話「博打は勝たないと色々大変」
 ラスベガス編の続き。208話では、ナギの父親がゆっきゅんの執事だったっぽいことが明らかになっています。「神様にも愛された」というゆっきゅんに関しては、まだまだ謎が残っています。
 ワタルの大演説は涙目でしたが、最近はBSデジタル放送を駆使して割とテレビでアニメが見れてます。最速じゃないのがちと残念ですが、見れるだけ良いよね!

第209話「限定グッズは作る方も実は大変」
 GW編に挟まれた一話完結という事で実に面白かった話。感想を読み返すと、ルイズにやけに突っ込んでますが、今考えると別にこれくらいは良い気がしますね。当時はほんと落ち目だったからなあ。
 ともあれ、ナギ-ハルラインの話はかなりこの漫画の原点に近い所があって面白いです。ナギとハルの「見方」の違いについてはそのうちもう少し突っ込んでみたいなと。

第210話「それはキスの記憶」
 何か無駄に気合が入った記事を書いてるこの話。ルイズとナギに関する話はもっと色々書きたいんだぜ。主にくぎゅう的な意味で。
 バックステージではこの週の話について「少し分かりにくい部分があったので補足」してるんですが、単行本で修正されてはいないっぽいですね。あと、トルコ編を回想するタイミングは逃しちゃった感がありますが、どうするんだろう。

第211話「RADICAL DREAMERS:REAL SIDE」
第212話「あの星に願うように、祈るように」
 ゴルゴ31が登場した衝撃の話。よく見ると「双葉ちゃん」と書いてあるタブもあるようですが…マリアさん、ふたばはシャットアウトしないんですか。
 本編の方はあのミコノス外伝をナギサイドから見ることができた待望の話。そして「星の力」という概念が登場しました。この「星の力」についてまたも大胆仮説を記事では書いてますが、もう少し深く考えるべき要素かも。例えば、宇宙人・マヤと「星の力」の関連とか(あの時ナギは星に願いをかけている)。

第213話「トライアングラーをさらに倍プッシュだ」
第214話「神話への扉」
 小休止的な意味合いのあるヒナハムパート。
 ヒナギクとハヤテのやり取りに関しては、結局「私たち」「見捨てた」のままでしたね。ヒナギクもやっぱり「見捨てられた」と思ってしまっている、ということか。
 ナギがここでは楽しめていなかった「皆と遊ぶ」ことを、後々の話(231話)では楽しめている事もポイントでしょうか。

第215話「ミコノス迷宮組曲」
第216話「迷宮の封印」
第217話「恋愛迷宮」
 ミコノス地下迷宮編。
 ポイントはやっぱり「剣をもって正義をしめせ」でしょうか。ロイヤルガーデンの話なのは間違いないでしょうけど、具体的にはどういう事なのか。やっぱり正義の味方の最終兵器「白桜」で呪いの石である「王玉」を壊す、とかなのかな。遺産相続条件(21巻収録分)から考えると、やはり最終的に王玉は破壊されなければならないと考えられるのですが。
 また、20巻の中扉(中表紙)ではその壁画を帝らしき人物と謎の人物が見ている様子が描かれています。この背の高い人物はいったい誰なんでしょうか…。


 巻末おまけページは今回はボツシーン紹介。結局ハヤテのシャワーシーン描かれてるじゃないか!この巻末で!あと日比野文かわいいです。

 カバー4コマ漫画はハルと愛歌さんの関係性が垣間見られる話と、ゆっきゅんが色々凄まじい話。カバー下の西沢さん、僕の部屋にはフィギュアはありませんよ!(電撃大王の付録フィギュアも結局箱から出してない始末)

 以上、20巻の感想という名の復習記事でした!


| ハヤテのごとく! | 22:22 | comments:2 | trackbacks:0 | EDIT

「ハヤテのごとく!」明かされるアーたんの正体、そして二人の邂逅

 ドラクエ9買いました。何だかんだで楽しめてますが、徹夜して遊びたいほどでもなく、まあ、普通かな。ファミ通の40点もアマゾンの星1も、どっちも極端すぎると思います。100点満点で70点くらいですかね、今のところ。


 さて、今週の「ハヤテのごとく!」232話の話ですが…。来たるべき時が来た、という感じで実に面白かったです。

 ヒナギクが語る、天王州アテネの正体、それは…

090719_hayate_01.jpg

 白皇学院理事長、だと…!?

 アーたん=理事長説はアーたんが回想で登場した当時からありましたが、アニメで葛葉キリカというキャラが白皇学院理事長として登場、本編においても名簿ネタの時にKirika, kuzuhaという名前が判明しており、アーたん=理事長の線はなくなったと思ってましたが…まさかの。ほんと、まさかの。

 確かに、先週の「ヒナギクはいかにしてアーたんとハヤテを結び付けたのか?」という問いへの回答として「白皇学院理事長」はあり得ますが、その線は(葛葉キリカの存在により)完全に否定されたと思ってたので…。姫神とかの扱いを考えれば、アニメ1期を根拠にするのは確かに微妙だったかもしれませんが。

 「5人の理事」とか「理事長代理」は後付け感がある(それを匂わせる描写が一切なかった)というか、どっちにでもできるように曖昧にしておいた、という印象ではありますが、どちらにせよ今回の話に関しては素直に驚きました。

 あと、アーたんと帝は敵対する関係にあることが(今週以前の)本編から読み取れますが、それならば何故三千院帝が理事ポジションにあるのか、なども気になるところ。

 そしてその話を聞いた直後、邂逅するハヤテとアーたん。10年経った今でも互いが互いをはっきり分かる、そんな二人が次回どんな行動・言動を取るのか…。


 今週の話は内容的にはそれほど濃くは無いんですが、ちゃんと上手く「見せ」てきてるなと。ビーチバレー編なんかはヒナギクをかっこよく見せようとして密度が薄くなった感がありましたが、今週のは薄くしてでもしっかりと「見せ」るべき重要な場面ですし、畑先生がずっと前から思い描いていたシーンなんだろうと思うので。次号巻頭を貰ったということで、畑先生も気合入りまくりなんでしょうね。

 とりあえず今回は、ほかでもないハヤテが「決断」しなければならないシリーズになるでしょう。ディナーも観光も終わっていないので、おそらくはもうしばらく先になるのだとは思いますが、ナギも含めてどんな展開になるやら、凄く楽しみです。

「ハヤテのごとく!」止まっていた時間が、動き出した(231話感想)


| ハヤテのごとく! | 23:59 | comments:1 | trackbacks:0 | EDIT

「ハヤテのごとく!」止まっていた時間が、動き出した

 先月はハヤテ記事しか書いてませんでしたが、そろそろハヤテの感想以外もアップしていきたいなあ。とりあえず、先月下書きを書いたっきりそのまま放置しているラノベ関連記事あたりから。


 さて、「ハヤテのごとく!」231話の感想です。今週は面白かった!久々に自信を持って面白かったと言える週だったと思います。前半のコメディパートの密度、後半のシリアスパートの「引き」、申し分ありません。こういう話が読みたかったんじゃよ。

 ミコノス島を離れ、アテネへと向かう一行。その船の中ではパーティーが行われていました。いいんちょはこういうイベントの司会が映えるなあ。
 そして開催される王様ゲーム。王様ゲームといえば最近では「ペルソナ4」なんかを思い出してしまったりするわけですけど。りせちーかわいいです。

 王様になったのは花菱さん。

090709_hayate_01.jpg

 「ヒナギクが王さまのほっぺにチューをする。」
 名指しですか!しかもなんて露骨な百合的命令!いいぞ、もっとやれ!

 ハヤテは「王さま」という言葉から「王族の力」を思い出し、姫神の話をお嬢さまに尋ねようとして踏みとどまります。ナギの「王さまやりたい放題だな。」は何か仄めかす意味があるのでしょうかね。キング・ミダスとか。

 そして次の王さま・ナギの命令は…「2番と3番が、ハヤテに女装させる。」実に空気を読んでいる!さすがお嬢さま!王様の言う事は絶対なのです。ギアスなのです。


 ところでもちろん、ここでこの命令が強制的に実行されるということは、一つ前の命令も実行されているはずで…なぜ描かなかったし!!ヒナギクの隣で眠る花菱さんの満足そうな顔といったらもう。ナギもちゃんと皆との旅行を楽しめてて良い感じです。

 あと、ハーマイオニーの表情が完全に「ハヤテ」してたのが地味に残念です。ハーマイオニーはもっと可愛いもん!


 そしてナギが知っている「王玉」の情報が明かされます。

「それは昔々の王さまが、星の力を集めて作った願いの石。強欲を試す祈りの石。たとえこの身を犠牲にしても、君を守りたい救いたいという、強い想いに形を与えた…絆の石。もしもその光を失わず、ずっと持ち続けている事ができたなら、永遠の向こう側でいつか、愛の意味さえ知る事ができるだろうと…教えられた。」

 お前は何を言っているんだ。

 いやまあナギも教わった通りに言っているだけでしょうけど、抽象的すぎて何が何だかさっぱり分かりません。一応GW編で出てきたキーワードがちらほら見受けられますが…。
 まあとりあえず「強欲を試す」というからには、「君を守りたい救いたい」という想いの「光」を失わないことと「王族の力」を得ることはおそらくトレードオフなのでしょうね。


 これがナギの知っている全情報なのかどうかは分かりませんが、ともあれナギも遺産相続条件で「破壊すること」があった理由は分からないようです。呪いの石ですから、破壊することでロイヤルガーデンへの道が開けたりするのでしょうかね。

 教わったという「8年前」は、描写を見る限りゆっきゅんの死後のようです。誰に教わったのかまでは覚えてないようですが…

090709_hayate_02.jpg

 1つ前のコマのナギの表情と、この「さぁな?」という投げやりな言い方。そしてハヤテから逃げるように「下船の準備だ」と行こうとするナギ。本当に「覚えていない」のでしょうか。

 上のことを踏まえて「誰が教えたのか?」と考えるならば、それは「あっさりいなくなってしまった」人物であり、「王玉」を奪おうとしてクビになったという、姫神なんじゃないかなと。つまりナギは「覚えていない」のではなく「話したくない」のではないでしょうか。


 さて、アテネの別荘に着いたハヤテは、「アテネ」という地名から、同じ名前を持つ少女…天王州アテネのことを思い出していました。ハヤテの時間はあの日止まったといいます。
 夜空に浮かぶ月を見ながらたそがれているハヤテの元に現れたのは、ヒナギク。

 アテネ。この星で、もっとも偉大な女神の名前。

 その一言を聞いたヒナギクは、突然笑い出し、言います。

090709_hayate_03.jpg

 「だってそれ…天王州さんの口グセでしょ?」

 止まっていた時間が、動き出す音がした。


 いやあ、今週のラストページのヒナギクには驚いた。しばらくはナギと西沢さんの観光、ヒナギクとのディナーといった展開が続くのかと思いきや、ここで予想外の展開が入ってきましたからね。

 ヒナギクがアーたんの事を知っている。更に、ハヤテがアーたんの事を知っていることを知っている。これはどういう事なのか。

 ハヤテとアーたんをヒナギクが結びつけられるとしたら、それはナギ経由でしかないでしょう。つまり、ナギとアーたんが知り合いで、それをヒナギクが知っていた。そして、ハヤテの口からアーたんの口癖が出たから、ハヤテもナギ経由でアーたんを知っているのだと思ったのではないかと。

 そしてハヤテはおそらく、今でもアーたんがロイヤルガーデンにいると思っていたのでしょう。あそこはアーたんが生活する「家」だったのだから。そしてその「家」は忽然と消えてしまった。それなのにヒナギクがアーたんの事を知っている。

 ハヤテは、ヒナギクがアーたんを知っているという事だけでなく、あの日を境に全く会うことが出来なかった少女が、身近な人物と接触しているという事実にこそ驚いたのでしょう。


 では、ヒナギクはどのようにしてアーたんと知り合ったのか。
 ナギ経由というのはもちろん可能性の一つですが…やはりここでは、「アーたんも白皇学院の生徒である」という説を推したい。

 このブログでは2年前にアーたん留学説なんてのを提唱してた事がありまして。4月になってもアーたんが登場しないもんだから外れたと思ってましたが、アーたんが留学していて、単にまだ戻ってきていないだけ…という可能性もあるのかも。

 「ハヤテのごとく!ボクがロミオでロミオがボクで」についてきた白皇学院生徒手帳には、学則がいくつか抜粋されていまして、書き出してみると
第1条:目的(学校の目的)
第9条:学年(4/1~翌年3/31)
第18条:学期(3学期制)
第26条:編入(編入方法と編入試験)…ハヤテ
第34条:留学(外国の高校への留学)…アーたん?
第47条:特別進級(飛び級)…ナギ、伊澄、ワタル
第52条:学習評価(進級と出席日数は無関係)…主にナギ
第78条:卒業(全過程を修了したら卒業できる)…主にマリアさん
第89条:褒賞(銀時計)…マリアさん、ヒナギク
 このようになっています。最初の3つは全ての生徒に関係があることですが、第26条以降は主に「特定キャラに関係がある学則」だけ抜粋されているように思えるんですね。第52条および第78条に関しては一応全員に関係がありますが、休みまくりのナギの進級やマリアさんの早期卒業に特に関係があるといえる。

 そんな中で、第34条の留学の項目だけ該当者が見当たらない。ならばそれは、これから出てくるキャラ…すなわちアーたんに関係する学則なんじゃないか、というのが留学説を提唱した時の根拠でした。
 そして2年経った今でも、白皇学院の生徒で留学しているキャラは出てきていない。ならば…?

 ちなみに久々に生徒手帳を取り出して読んでいて気づいたんですが、白皇の制服、「膝以上の高さのあるニーソックス、又はストッキング」指定なのな。しかも、夏季冬季の区別なく。畑先生の趣味ですね。


 ところで、ロイヤルガーデンの主はアーたんであり、そして外界とロイヤルガーデンを繋ぐ門、ガーデンゲートの主はヒナギクです。このように見方を変えてみると、二人が知り合いでも何ら不思議ではない、とも言えます。ヒナギクは正義の味方なので、正義の味方の最終兵器「白桜」に繋がり、それが「剣を持って正義をしめす」ことに繋がるのかも。

 また、今週はとにかく「月」が強調されています。過去編におけるロイヤルガーデンでのハヤテとアーたんの日々で描かれる月はすべて満月で、今週強調されている月はすべて「欠けている」。満月を「満ち足りている」と解釈するならば、あの頃と今との対比になっているのかもしれません。

 何はともあれ、今週のハヤテは本当面白かった!これまでの若干低迷していたGW編の印象を払拭するだけの面白さがあったと思います。来週以降にも期待です!


| ハヤテのごとく! | 21:50 | comments:1 | trackbacks:2 | EDIT

「ハヤテのごとく!」草津ネタでつきぬけろ!

 ハヤテ230話の感想なんですが、気がつけば既に火曜日ということで、ざっくりとまとめていく程度にしたいと思います。実はアップしてる時間的には既に水曜なのは秘密!次回はもう少し早くアップしたいと思います……。

 まずかなり賛否両論感のある背景ネタですが、試みとしては面白いと思います。ただ、「作者急病」ネタと同様、ちょっとスベっている感は否めません。

 一応自分は「手抜き」ではなくちゃんと「ネタ」として捉えてます。ただ、ネタとしてここまでやるなら、ネタとして突き抜けて欲しかった。「単に背景が草津なだけ」なので、インパクトがあるのは最初だけですし、ちょっと「半端」な印象を受けました。

 あ、今回の雪路と薫先生の話自体は全然アリだと思います。若干まとめ切れてない感があって、2週使っても良かったんじゃないかと思わないこともないですが、まあ確かにアテネ編に早く入ってほしいのも正直なところではあります。


 あと、バックステージの話について少し。

まんが家バックステージにまつわる”甘え”の構図

 まあ実際、バックステージで「明かしすぎ」な部分があるのは事実というか、「それも作中で描けばいいのに」と思うことは割とあります。

 「黄金の城」に関しては、考察の種になるだろうに勿体無い、という感じ。一ブロガーとしては、「実は雪路もロイヤルガーデンに関係があったのか!?」なんてテーマであーだこーだ語るのが楽しかったりはするので。いや、スルーすることもそりゃありますけど。

 ただ、バックステージというのは結局は「おまけ」、読者サービスに過ぎません。更新頻度こそ違うけれど、単行本巻末のおまけページとあまり変わらない。読む層は多少違うでしょうけど、どちらも「読まなくてもいいけど、読めばもっと楽しめる」そういう場所。
 我々ブロガーは「今ある情報を全て使って考察する」ことを楽しんでいるわけですし、バックステージに甘えているとは思わないかな。

 バックステージが毎週更新されることによって考察が賑わっている面はあると思いますけど、むしろもっと賑わってくれていいと思うし。「明かしすぎ」に注意した上で、これからも畑先生にはバックステージでいろいろ更新して欲しいな、というのが一ブロガーとしての意見です。


 今週のバックステージに関して言うならば、残念に思ったのはむしろこっち。

>なんというか面白いか面白くないは二の次で
>漫画表現としてやってみたいという衝動を抑えられなかった感じです。

 漫画表現としてやってみたかったのは分かるんですが、「面白いか面白くないかは二の次」というのは、たとえ思っていても書いて欲しくはなかったな、と。ここまで大掛かりなネタをやるならば、「このネタは面白い!読者も面白く感じてくれるはず!だからこのネタをやるぞ!」くらいの気概は持って欲しかったです。


 まあともあれ過去編終了(187話)から実に44週、ようやくアテネ編が始まるはずなので、大いに期待したいと思います。GW編、色々言われてはいるけれど、ここからが本番だよね!


| ハヤテのごとく! | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

2009年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。