2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

「ハヤテのごとく!」帽子と約束は時を越えて

 「けいおん!」が終わってしまった…。何だかんだで今クール一番楽しませてもらったのはこの作品だったので寂しい。夏季アニメは「化物語」に期待でしょうか。


 さて、今週の「ハヤテのごとく!」229話はナギの帽子の話・後編。

090628_hayate_01.jpg

 お嬢さまの「ぐぬぬ…」に萌えざるをえない。

>「ずっと…ずっと探していたんだ…」
>「風に飛ばされてなくして…何年も何年も…必死に探したんだけど出てこなくて…大切な人が…たしかにそこにいたっていう証のきざまれた帽子だったんだ。」
>「やっと出てきたと思ったのに…思ったのに…」


 穴があいた帽子。
 それは、推定5歳の過去のナギが、ハヤテに守ってもらった証が刻まれた帽子。それは風に飛ばされ、そしてそれと同時に、少女を過去でも未来でも守ると言った少年もまた消えた。
 その帽子が帰ってきたのは、つい数日前。ナギにとっては8年間見つからなかった帽子が、突然見つかった事になります。


 この帽子は「時間」が絡んでくるために色々ややこしいのですが、もう少し突っ込んで考えてみましょう。この帽子にまつわるイベントを「起きた順」に並べてみます。

・ナギ(5)が帽子Aをなくす
・ハヤテがナギ(5)に帽子Bを渡す
・ハヤテがナギ(5)をシスターの父親から守る
・ナギ(5)が帽子Cをなくす[1]

・ナギ(5~13)が帽子Bを買う

・ナギ(13)が帽子Bをなくす
・ハヤテがナギ(13)に帽子Cを渡す[2]


 このようになります。ここで、「帽子C」は「帽子Bに穴があいたもの」です。今回本編中でナギが言っている「何年も何年も必死に探した」帽子というのは、[1]→[2]とハヤテが時をかけて今のナギに渡した「帽子C」ですね。
 ナギ(5)が帽子(B)を「返せ」とハヤテに言った以上、ナギ(5)は最初に帽子をなくしているはずで、その帽子(A)は本当に風に飛ばされてしまったということになるのかな。


 あと、この出来事についてハヤテが「つい昨日の出来事」と言っていますが…あれ、一昨日じゃね?

 5月2日:タイムスリップ、地下迷宮
 5月3日:ビーチバレー、シスター
 5月4日:作中現在

 本編中の描写からしてこうなるような気がするんですが。


 さておき、蝶を追いかけてきた伊澄に、「ペリカンを探したり出来ませんか」と聞いて出てきたのが、ペリカン探知機、略してズラうさ。

090628_hayate_03.jpg

 それはおそらく地下迷宮で伊澄がつけていたウサミミですから、ペリカンに限らずレーダー的なものなんでしょうけど、その分精度は不安です。ともあれ、これでハヤテもビスビス出来るわけですね。

 ところで最近の原作はアニメ本編と微妙にリンクしている事にお気づきでしょうか。ヒナギクビーチバレー編とアニメのヒナギクお泊り編や、シスター里帰り編とアニメのチューしてくれる話など、ちょこちょこリンクしている部分があります。

 そう考えるとアニメでヒナ祭り祭りをやっている今の時期は原作ではヒナギクディナーをやってるかと思いきや、ナギとハヤテの話でした。何が言いたいかお分かりですね。つまり、今回アニメとリンクしているのがこのウサミミ。ハーマイオニーLv.2といい、ハヤテにはウサミミが似合うなあ。


 さて。

>「三千院家の…遺産…か。たしかにその石を奪われたら…今の屋敷には住めなくなるな。」
>「いくら私に個人資産があるとはいえ、あの屋敷を維持する程はない。そもそも私のものじゃないし、あれは。」
>「だから…金に守られた生活は、石を奪われると…もうできないだろうな。そう考えると…未来が少し不安かもな…」


 「遺産はいらない」「金には困らない」と言っていたナギですが、遺産が無いと屋敷には住めなくなり、資金的な余裕も無くなるようです。
 まあ確かに「そもそも私のものじゃない」というのはその通りなんでしょうけど、2巻での「遺産はいらない」発言と微妙にズレてる気がするんだよなあ。あれから4ヶ月、ハヤテと共に過ごしてきた屋敷に深い思い入れを抱いたとかでしょうかね。


 それを受けてのハヤテの台詞…それは、まさにナギ(5)が当時、「どろぼうでうそつきで約束の守れない奴」から言われた台詞でした。

 それを聞いてナギは言います。

 「ああ。そうだったな。」

 いい、いいよこれは。
 「そうだな。」ではなく「そうだったな。」なんですよね。
 既に二人とも、あの現象がなんだったのか把握している。
 執事と帽子が「時を越えた」という事実と、その意味を把握している。

 ナギの「どろぼうでうそつきで約束の守れない奴」発言。それは実は作中現在から2日前のナギの発言ですが、今のナギは、その発言が間違っていた事に気づいています。
 あの帽子は、時を越えてハヤテが自分の元に持ってきてくれました。少年はウソをついてはおらず、星を見る約束は8年の時を越えて果たされましたし、過去でも未来でも―という約束はちゃんと守ってくれていて、そしてこれからも、きっと。


 ペリカンから帽子を取り返したハヤテは言います。

090628_hayate_02.jpg

>ハヤテ「今度はちゃんと…なくさなかったですよ。」
>ナギ「今度は…か。」
>ナギ「それじゃ…今度こそゆっくり…デートの続きでもしようか。」


 「今度はなくさなかった」のは、ハヤテがちゃんと「いる」から。

 先ほどの帽子チャートを見ながら整理すると…ナギ(5)が帽子Aおよび帽子Cをなくした時、あるいはナギ(13)が帽子Bをなくした時、そこには「ハヤテがいなかった」か、「ハヤテが帽子とともに消えた」ことに気がつきます。
 そして今、ナギ(13)がペリカンに取られた帽子Cは、ハヤテとともに消えることもなく、ちゃんとナギの手元に戻ってきたわけですね。

 8年前、帽子とともに消えてしまったデートの相手が、今はちゃんと隣にいる。だから安心して、8年越しのデートの続きを楽しめることでしょう。


 今週は、一読するとなんてことはない話なんですけど、「RADICAL DREAMERS」の一連の話(外伝、211~212話)を読んだ上でじっくり読むと、節々の台詞回しにじんわり来るものがある良い話だと思います。

 もしかすると、ハヤテが体験した奇妙なタイムスリップ現象すらも、いつかロイヤルガーデンで説明がついたりするのかもしれませんが…ともあれ、来週にもう1週幕間を挟んで、いよいよアーたん登場となりそうです。期待!


※本文中の「ナギ(5)」や「8年前」は推測です。(4)だったり9年前だったりするかもしれないので、間違ってたら指摘お願いします。(21)にしておけば確実なんだけどね!

「ハヤテのごとく!」世界で一番お気に入りの帽子なのだ(228話感想)


「ハヤテのごとく!!」キャラクターCD 2nd series 01
三千院ナギ starring 釘宮理恵
Geneon =music= (2009-06-24)
売り上げランキング: 329

「ハヤテのごとく!!」キャラクターCD 2nd series 02
桂ヒナギク starring 伊藤静
Geneon =music= (2009-06-24)
売り上げランキング: 217
スポンサーサイト

| ハヤテのごとく! | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

「ハヤテのごとく!」世界で一番お気に入りの帽子なのだ

 「けいおん!」の最終回が素晴らしかったですね。唯版ふわふわタイム良かったなあ。それにしても、「ふでペン~ボールペン~」に歌詞つけた人凄い。ミニアルバム収録の「カレーのちライス」も楽しみ。

 さて、今週の「ハヤテのごとく!」228話はナギとハヤテのミコノス観光のお話。今週は回想中のゆっきゅんを別にすればナギ・マリアさん・ハヤテの3人しか登場しませんが、この3人の話というのは鉄板ですね。この3人メインの話というのはほんと安定していて、読んでいて楽しいです。やっぱりこの漫画の原点はここにあるんだなあ、と。


 まずはマリアさんとの会話シーン。「私の私服はそんなに似合いませんか?」「私服もとっても可愛らしいですよ」「そんな風におだてたって何もでませんよーだ」って何だこのイチャイチャなやり取り。ハヤテがそう言ってくれる事は分かっていたでしょうから、マリアさん、策士です。でも、女の子です。

 実家に帰ってきたからテンションが上がらないというナギ。実家だからこその落ち着きがあったりもするんですが、ナギの場合実家と言っても両親がいないからなあ。
 とはいえ、今のナギの場合は実家だからテンションが上がらないというより、旅行前に思い描いてたハヤテとのキャッキャウフフが出来てない事もテンションの低さの大きな要因でしょう。


 そんなナギに「思い出作りに付き合ってくれませんか」ということでデートの申し出。そりゃもうこれこそがナギの望んでいた展開ですから、ナギのテンションもだだ上がり。

 エプロンをしたお母さんから弁当とミルクティーを受け取り、大切な帽子をかぶってお出かけ。ハヤテは勿論、ナギもこの穴がなんなのか気付いているようですね。まさに今週のタイトル、「思い出は時を越えて」

090620_hayate_01.jpg

 この日常のワンカットのようなコマが素晴らしいと思うのですよ。「世界で一番お気に入りの帽子なのだ」。その穴があいた帽子は、どんなにお金を積んでも買えない大切な帽子。いやーこのコマはほんとガチだなー。


 さて、ナギの案内によるミコノス観光、最初の場所は「カト・ミリの風車」。聖地巡礼じゃないけど、いつか行ってみたいですねえ。イメージ検索で今は我慢する。

 ペンギン…じゃなくて、ペリカンのペン太はナギの大事な帽子を奪って逃げていきます。次回はその帽子を取り返す話になるんでしょうけど、どんな展開になるんでしょうか。またタイムスリップは流石にないでしょうけど、その穴が過去のハヤテとの思い出ならば、今度は今のハヤテとの思い出を刻むようなイベントになるのかな。


「ハヤテのごとく!」忍耐強い愛情…まさに彼女のための言葉(227話感想)


ハヤテのごとく!! LIVE 2009 ヒナ祭り祭り!![SONG & TALK]
TVサントラ
Geneon =music= (2009-06-24)
売り上げランキング: 182

| ハヤテのごとく! | 22:19 | comments:1 | trackbacks:1 | EDIT

「ハヤテのごとく!」忍耐強い愛情…まさに彼女のための言葉

 梅雨に入ったこの頃ですが、あじさいの花言葉をご存知でしょうか。

>「移り気」「高慢」「辛抱強い愛情」「元気な女性」「あなたは美しいが冷淡だ」「無情」「浮気」「自慢家」「変節」「あなたは冷たい」

 多ッ。
 しかも「浮気」がある一方で「辛抱強い愛情」とか、花言葉ってのはよく分かりませんねえ。アジサイの中でももう少し細かい種類によって違ったりするのだろうか。

 そんな訳で、今週のサンデーの表紙はなかなか面白かったですね。ある種のコメディとして成り立っていたと思います。ボケとツッコミみたいな感じで。
 もちろんハヤテはナギのことを「高慢」とは思ってないでしょうし、ナギの方は今でもハヤテと両想いだと思っているはずで、「忍耐強い愛情」はむしろ西沢さんにピッタリと言えます。


 本編は227話。ハヤテがシスターから三千院家をうらんでいる理由を聞いたのは作中で2月上旬ですが、今回のGW編でタイムスリップした事で、ナギ暗殺失敗と自分の関係に気付くハヤテ。これだからタイムスリップはややこしい。

>「死なばもろともって事よ!! 自分の手に入らないものなら…いっそ壊してしまった方がいいに決まっているでしょ!!」
 シスター、その発想だと最終的にワタルが殺されてしまいます。ヤンデレですか。

>「それに私の手に入らないものをあの三千院ナギが手に入れるのだって…がまんならないわ!!」
 先日の「あの金髪女」はアーたんかなと思ってましたが…この台詞を見ると、ナギのことだったのかなあ。ここは微妙なところ。

>「あなたにはわからないでしょ!?あなたには!!届かない想いも…!!振り向いてくれないさみしさも!!片想いのつらさも…!!何もかも!!」
 これは「シスターのワタルへの想い」の事を指しているんでしょうけど、さすがにそれは描写が足りなすぎます。シスター→ワタルを描いた話って、先日アニメでもやった「チューしてくれる?」の話(8巻10話)だけですし。

 さて、状況を打破したのは、やはり西沢さんでした。振り向いてくれない寂しさを自分のハヤテへの想いに重ねての、西沢さん自身の話。
 展開としては予想通りですけども、これは流石に「普通の意見」とは呼ぶわけにはいきませんね(→先週の感想)。そしてそこで王玉を返せるシスターも、悪人にはなりきれないんでしょう。


 そして念願かなってハヤテとビーチで夕日を見る西沢さん。
 西沢さんもヒナギク同様「石を守った」わけですが、ヒナギクとはディナーに行くわけで、西沢さんとの間に対応の差が出来てしまう。ハヤテはどうお礼したものか迷います。ハヤテがお礼に迷う展開多いなあ。

 ただまあ、そこは西沢さん。「とりあえず私にチューでもしてくれるかな?」と冗談を言って…

090614_hayate_01.jpg

 自分からチューしちゃったー!!
 「ん?何かしたかな?」と、何事もなかったかのように言う西沢さん。お互い、このキスを重い意味には捉えない方がいい。それを分かっているからこそのこの台詞。

 だから西沢さんは、その雰囲気を崩さず言います。

090614_hayate_02.jpg

 こりゃ惚れるわ。

 もちろんこの台詞もそうですけど…この台詞を、この雰囲気を崩さずに言えることが西沢さんの「強さ」だと思います。

 それはもちろん、本気で言えばまた気まずくなってしまう、ということでもあるのですが…。
 「振り向いてもらえない寂しさ」を自分の中に隠し持ったままで、「今はまだ」友達関係のままでもいいよ、と言う西沢さんの振る舞いが、「今はまだ」誰かと付き合うことができないハヤテにとってどれだけ助かるか。
 自分の思いを押し付けるのではなく、積極的にアピールしつつも、それがハヤテの負担にならないようにしているんですね。

 更に、「アーたんの影響でハヤテは女性と付き合わない」ことを西沢さんが知っている、ことをハヤテは知りません。
 ハヤテは、「自分が西沢さんが好きじゃないから付き合わない」わけではない、ということを西沢さんに説明していないんですよ。ハヤテ視点での西沢さんの強いこと強いこと。まさに「忍耐強い愛情」と言うほかありません。

 そして、感謝とか「西沢さんと思い出が作れて嬉しい」とかそういう気持ちを込めたハヤテの次の台詞に繋がるんですね。次の西沢さんのちょっと語尾が弱い台詞というのは、そういったハヤテの真意を汲み取った上で、今この瞬間に満足しているという、ちょっと微妙な心情が表れてるんじゃないかな?二人の「………」は、何かしら思いが伝わっていると読むべきでしょう。


 さて、場面は変わって、アーたんとマキナ。そしてアーたんの元にある「帝」印のたくさんの手紙。仮にアーたんの元に手紙が送られていたとしても1通で十分ですから、これらはおそらく他の「権利を持つ者」たちから奪い取ったもの。

 何があっても、どんな相手でも、絶対に石を渡さない、という意思を固めるハヤテ。その意思は、アーたんと会って揺らぐのか。いよいよゴールデンウィーク編、本番です。


 ここからいよいよアテネ編に入っていくことになるんでしょうけども…正直言って、ここでこれ以上出し惜しみすると、出し惜しんだものを出せる頃にはファンは離れている気がするんですね。
 密度はもちろん、この段階で出せる情報はきっちり出して、「話が進んだ」という実感を得られるようなアテネ編であって欲しいと思います。

「ハヤテのごとく!」西沢さんが普通に頼もしい件(226話感想)


本日満開ワタシ色! [初回限定盤]
桂ヒナギク with 白皇学院生徒会三人娘
桂ヒナギク with 桂雪路
桂ヒナギク with 西沢歩
Geneon =music= (2009-06-10)
売り上げランキング: 11

| ハヤテのごとく! | 23:12 | comments:1 | trackbacks:0 | EDIT

「ハヤテのごとく!」西沢さんが普通に頼もしい件

 最近土曜アップが割とデフォになりかけてますが、できれば水曜か木曜に戻したいなーと思いつつ「ハヤテのごとく!」226話感想です。


◇王玉の所有権

 シスターの作戦は功を奏したといえるのか、西沢さんの必然的な勘違いによって隙ができたハヤテから「王玉」を奪い取ったシスター。

 どうやら王玉の所有権が自動的に変わるという仕組みのようで。所有権が変わったことをどう確認するのか分かりませんし、そもそも所有権というシステムが存在する意味も分かりませんが、ともあれ王玉には所有権システムがあるようです。

 …奪われても取り返して24時間たったら所有権戻りそうな気がしますけど、一度所有権を失った人には二度と所有権が戻らないとかいうルールでもあるのかな。


◇三千院家の遺産の価値

 シスターに王玉を奪われ慌てるハヤテ。
 ハヤテがここまで取り乱すのは珍しいなあ。ギルバートの時は「仮にバレーで負けても渡さなければいい」みたいな考えがあったのかもしれませんが、今回は実際に奪われてますからねえ。

 ナギとハヤテの遺産に対する考え方はまったく違っていて、ナギはかつて帝の「三千院家の遺産が欲しいか?」との問いに以下のように答えています。

090606_hayate_01.jpg

 帝の教育の賜物か、遺産が無くても金には困らないということで、割とどうでもよさげ。むしろナギにとっては遺産の件でハヤテが狙われる事のほうが気になるくらいでしょう。
 ロイヤルガーデンや王玉についてナギが知っているのかどうかは分かりませんが、ナギはこの件に関してさほど危機感は持たない筈。

 一方のハヤテはというと、かつてのギルバートの襲撃(1回目)の際

090606_hayate_02.jpg

 このように、「三千院家の遺産を継げなくなったら、ナギは路頭に迷ってしまう」と考えているんですね。そして今に至るまでその認識は変わっていないはず。これもある意味ナギとハヤテとの間の「すれ違い」と言えるでしょうか。

 4巻1話でその遺産はハヤテが守るものになり、更に220話でハヤテではなくハヤテの持つ王玉が狙われる対象になったため、ハヤテにとっては「王玉」と「遺産」と「ナギの生活」がすべてイコールで結ばれているという事になります。

 それを考えれば、ここまで慌ててもおかしくはありません。ナギが遺産を貰えなくなる事は勿論、イコールで生活すら危うくなる(と思っている)わけですから。

 三千院家の遺産の価値は、ナギとハヤテとアーたんと、それぞれにとってまったく違います。アテネ編ではそのあたりが重要になってくる、はず。


◇根拠の無い頼もしさ

 西沢さんが声をかけてもまったく気付かないほど慌てているハヤテ。西沢さんは、自分に気付かず取り乱しまくっているハヤテを見て「む~」(可愛い!)。そして

090606_hayate_03.jpg

 「落ちつけハヤテ!! まずは落ちついて因数分解をするんだ!!」

 仮にこの場にいたのが他のキャラであっても、同じような事は言ったでしょう。ヒナギクだったら「シャキっとしなさい!」とか言って。けれど、この状況でここまで「力強く」ハヤテを立ち直させることができるのは西沢さんくらいなんじゃないかなと。

 普段「ハヤテ君」と呼んでいる西沢さんが「ハヤテ」と呼ぶことは地味にインパクトがありますし、ヒナギクやナギとの関係性においてのものと同様、「姉」としての頼もしさがある気がしますね。実際16歳組で一番誕生日が早いのは西沢さんです。

090606_hayate_04.jpg

 ここで「私がついてる!なんとかなるって!」と根拠の無い頼もしさを出せるのも流石。
 本当に「自分なら何とかできる」と思っているわけではなく、まずはハヤテを落ち着かせることが大事だと分かっているからこそこんな事を言っているわけです。人に相談してみるとあっさり打開策が見えてきたりもしますしね。

 西沢さんは時折こういった「強さ」を見せてくるから侮れない。ハヤテに関して一度吹っ切れているからか、一本芯が通っている気がします。


◇女の子の普通は強い

 王玉を奪ったシスターはというと、「ワタル君にTS○TAYAをプレゼントしてあげる事も可能…!!」と喜んでいます。ワタルに好かれようとしてやっているようですが、色々と空回ってるなあ。

 ワタルは「自分で店をでかくして」「三千院家なんか目じゃない財産をつくり」「伊澄に好かれたい」という野望を抱いています。実際伊澄よりサキさんとくっつきそうだとかは置いといて、これだと間接的に三千院家の財産を使ってライバル会社をゲットしているわけで…。

 ハヤテが「そうはいきませんよ!!」って聞いてたんかい、と突っ込みは置いといて、シスターが王玉を盾にする展開。王玉を破壊した所でシスターに遺産を受け取る資格はないんですが、ハヤテがそれを最も恐れるがゆえに効果はあります。(今更ながら、遺産相続資格を持つ者が王玉を破壊したとして、破壊したのが誰かをどうやって証明するんだろう…)

 この状況をどう切り抜けるかといえば、西沢さんなんじゃないですかね。人の大切なものを奪って得たものに価値はあるのかな?とかそんな感じの正論、いえ、普通の意見でシスターを説得するとか。普通は強い、のです。

 でもなあ。西沢さんのおかげで取り返せると、どちらも「遺産を守った」のに、ヒナギクとの間で対応に明らかに差が出来てしまう事になるなあ。一緒にディナー行くわけにもいかないし。
 あ、じゃあ、ビーチで一緒に夕日を見て、良いムードになりながらキスでもすればいいんじゃないかな!かな!


「ハヤテのごとく!」シスター究極奥義・めだかボックス(225話感想)


本日満開ワタシ色! [初回限定盤]
桂ヒナギク with 白皇学院生徒会三人娘
桂ヒナギク with 桂雪路
桂ヒナギク with 西沢歩
Geneon =music= (2009-06-10)
売り上げランキング: 23

| ハヤテのごとく! | 21:36 | comments:2 | trackbacks:0 | EDIT

安定したコメディパート - TVA「ハヤテのごとく!!」第8話、第9話

 2日連続更新したら某氏に「テレ東でアニメ中断されるレベル」と言われたので、3日連続で更新したら一体何が起こるのだろうか!

第8話「シラヌイがやってきた」
第9話「乙女心が求めるものは……」

≫ Read More

| ハヤテのごとく!! | 23:02 | comments:0 | trackbacks:1 | EDIT

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。