2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

1回休みにつきナギ達が代理更新するようです。

vni_nagi.jpgかんなぎは地震(キリッ)
vni_nagi.jpgじゃっておwwwww
vni_maria.jpg実際今週も水曜深夜に宮城で地震ありましたね。震度4くらいの。あと一応突っ込んでおくとナギ違いです。
vni_nagi.jpgそ、そうだな。さて、しばらく全然結果を追ってなかったが、今年のアニメ最萌はどうなっているだろうか!
 
アニメ最萌トーナメント2008
 
vni_nagi.jpg……………。
vni_maria.jpg……………。
vni_nagi.jpg……えー、ヒナギク決勝トーナメント進出おめでとう。
vni_maria.jpg……ナギも頑張ったんですが、つかささんに昨年の雪辱を果たされる結果になってしまいました。
vni_nagi.jpg…「CLANNAD ~AFTER STORY~」はとても面白いな。
vni_maria.jpg…アニメは面白いですけど、このトーナメント結果は面白くないですね。偏りすぎでは…。
vni_nagi.jpgとまあ無理矢理スペースを埋めてみたが、中の人が風邪引いたので1回休みだ。また11月に会おう!
vni_maria.jpg2日に1回更新なんて無茶なことやるから…。
vni_nagi.jpgう、うるさいうるさい!無茶なんかじゃないはずなんだ!
スポンサーサイト

| VNIネタ | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

「とある科学の超電磁砲」白井黒子の小学生時代

アニメ「とある魔術の禁書目録」が放映中です。
「とらドラ!」が非常に展開が速かったその一方で、「禁書」はこれでもかというくらいじっくりペース。4話でまだ1巻の内容が終わってないとは思わなんだ。


さておき、今月の「とある科学の超電磁砲」のお話です。
今月の電撃大王には美琴のフィギュアつき!プラス100円でこのフィギュアがつくなら十分でしょう。まあフィギュアとか入手するの初めてなんですけどね。飾る場所無い…。

今月の「超電磁砲」は番外編。話数もナンバリングされていませんね。「とある二人の新人研修」ということで、黒子と初春の風紀委員新人研修のお話。
黒子と初春の出会いは風紀委員の研修だったんですねー。初春の頭の花がちょっと控えめ、黒子のツインテールも短いです。

081028_railgun_01.jpg

「中でも『超電磁砲』などと呼ばれる超能力者がいるらしいのですが、きっとコーマンチキでいけ好かない性悪女に決まってますの」

やはり今週の気になるコマといえばここですよねー。
後にベッタリになる美琴の事をこんな風に思っていたとは…!

あと風紀委員の先輩の透視能力は大変うらやましいですね。この風紀委員は4話に出てきた人と同一人物だったりするのかしら。


多分この番外編は美琴と黒子の出会いを描いたものになるんじゃないでしょうか。原作「禁書」の方で美琴と黒子の馴れ初めについて記述があったか覚えてないんですけど、具体的な記述はなかったと思うので。

美琴と黒子は学年が違うので、こういうイベントがないと出会うきっかけも無さそうですし、この番外編で「何を描きたいのか?」を考えると、やっぱりそれが思い当たります。そんな訳で次回は美琴が颯爽と現れ事件を解決する展開だと予想。そして黒子が恋に落ちる。

黒子の「周りの人間を頼るようにならないと危なっかしい」という部分は、12話の美琴の「こんな時くらい「お姉様」に頼んなさい」という台詞にも繋がるのかな。今でも黒子の本質的な部分は変わってないんだなぁと。


それにしても、制服じゃない黒子って凄く新鮮でいいですね。黒子のニーソックス姿が見られるとは思わなかったヨ!

読みごたえ抜群の一冊「とらドラ!VS禁書目録」
「超電磁砲」ファンが今月の電撃大王を買うべき3つの理由
先月の「とある科学の超電磁砲」の美琴は最高ですよね


電撃大王 2008年 12月号 [雑誌]

角川グループパブリッシング

とある魔術の禁書目録 第1巻 Blu-Ray (初回限定版)(Blu-ray)
ジェネオン エンタテインメント (2009-01-23)
売り上げランキング: 277

| その他漫画雑誌 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:2 | EDIT

『かんなぎは地震』とはまた言い得て妙な

「CLANNADは人生」のような呼び方のシリーズ、今期アニメに関しても色々と名付け(?)られているようです。「とらドラ!は数学」とか。何気ない1レスがこうして広く伝わっていったりするんですね。

そんな中、かんなぎは…

『かんなぎは地震』

だそうで。
ああ、宮城県は地震が多いことを反映してるのですね、わかります。
何とも宮城県舞台っぽい、言い得て妙な呼び方が…!

東京での放送時にL字型の地震情報が何回か出た事が由来なんでしょうね。東京では地震情報がL字で出るのかー…とか思いながら見てました。


ところで、

284 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2008/10/25(土) 02:13:56 ID:1VQj1Kao
>>282-283    . '   _ 二二 _ .、
          /    /´ -‐…‐- .`\
        /     /´    i   !`ヽト、
.    ,ヘ  ,'   i    !  !  | |i  |ハ i ヽ キリッ
   /  ゝ!  ノ|  ! !::__!::ノ ´  ̄  i::.i |!
   \  .| .:i i :i i |´   \  / `!、ハ:!  
      `ヽi  从 i i | ニニミ    .ニニ !:::::|   <クラナドは人生
.       |  YハiハN  {r::リ`  ´{r::リ '::::N    とらドラは数学
.       |  ヽゝ   ´´     ``ハ!`     かんなぎは地震
.       |∧   Ⅵ!        ′ ,':::|
       j/∧  _!::} 、   ⊂' ..イ:::::|
      ///∧´ ∨  `  ,.... ィ´゙Y:::::|
.     /////∧ ヽ    {ト、∧ |::::::!
     ,< ̄ ̄∧  } `ヽ  >''} { ̄`ヽ
.    /   `ヽ:::::::::Y´ヽ      i´`∨::::∧
   /      ∨:::::| .:: !       i .:.: !::::/ i

           _ ___
        ,. :'´: :,. -―‐-ミ:ヽ、
      /: : : :厶ィ': ´ ̄ ̄ヾ : :\
      /: : : : : :.!: :M: : : : : }、: ヽト、:.\   <じゃっておwww
     i: : :.!: : : レ‐' ` ̄⌒ ⌒" トヘ:ハ!
   ト--|: : :.!: : 、|  ー‐'' ´ `'ー  }: :.ト
  ミ ミ ミ : :!: : : :! z=≡   ≡z.{: :.ハ    ミ ミ ミ
 /⌒)⌒)⌒.ハ :_Nとつ \\\ C VVリ   /⌒)⌒)⌒)
 | / / /:弋こ \ヽ __,.   } (⌒)/ / / //
 | :::::::::::(⌒) : :}\  /   1  /  ゝ  :::::::::::/
 |     ノくf⌒Y ` {_  _,ノイ|    /  )  /
 ヽ    /  ヽ ヘ,、  _「 |::!:::::}   /    /     バ
  |    |   l||l 从人 l||l.!::|イ:::ヽ_./ l||l 从人 l||l  バ  ン
  ヽ    -一''''''"~~``'ー--、/:::::イ;  -一'''''''ー-、    ン
   ヽ ____(⌒)(⌒)⌒) ):::/}  (⌒_(⌒)⌒)⌒))

やる夫ならぬ「ナギ夫」だそうですが、これは

かんなぎ ナギ様

かわいいのう!
このAAは流行りそうだなあ。


さて、これだけだと何なのでアニメの話をすると、4話で普段の生活圏というか、仙台駅周辺が背景に使われていて物凄くテンションが上がりました。聖地巡礼なんてせずとも、学校帰りに写真撮れるよ!


「かんなぎ」の舞台に関するささやかなツッコミ
「かんなぎ」OPのナギ様と、原作のナギ様
ComicREXの「かんなぎ」プッシュっぷりが凄まじい
「かんなぎ」もしかして…これは…鯉?
秋からアニメも始まるこの機会に、「かんなぎ」のススメ


かんなぎ  1(完全生産限定版)
アニプレックス (2008-11-26)
売り上げランキング: 31

| その他アニメ | 23:30 | comments:3 | trackbacks:0 | EDIT

「リトバスエクスタシー」感想(3) - リトバスEXは良作でした

リトルバスターズ エクスタシー 通常版

リトバスエクスタシー感想シリーズ・第3回。
今回は一応総括ということで、作品全体への感想です。

≫ Read More

| PCゲーム | 23:58 | comments:2 | trackbacks:0 | EDIT

「ハヤテのごとく!」ナギとナギ様の静かな朝

各所で多くの人が撃墜されている「CLANNAD ~AFTER STORY~」第3話を見ました。

これはやべぇ…やばすぎるぜ…。

ニコニコ動画で芽衣の例のシーンだけをリピートする動画があったので開いたら、気がついた時には3週くらいしてました。今は既に消されてしまったようですが、いやはや、芽衣恐ろしい。ニコニコのタグに「田村ゆかり(32)」とか書いてあっても気にならない可愛さだったぜ…。


閑話休題、今週の「ハヤテのごとく!」の話です。
今週は良くも悪くも物語が進まない話で、まあそういう話は今回が始めてという訳ではありませんが、今後への伏線も特に見つからないという意味では珍しい回だったかもしれません。

バックステージ(Vol.206)でも
話自体に特に内容はないですが
この漫画においてはかなり大事かつ重要な試金石みたいな話です。
それは物語に対してという意味ではなく、
もっと大きな、作品自体の方向性のようなものに対しての試金石。
と、特に内容はないとのこと。あと、これとは関係ないですが、バックステージの最後を「また来週~☆」で締めていない…だと…!?


つまるところ、今週の話は風香の言うところの『「何もない」がある』話だったんじゃないでしょうか。普通に生活していたら毎日毎時イベントが起こるわけがありませんし、たまには今週の話のように普段描かれていない日常風景みたいな話があってもいいのではないかと。

そんな訳で今週の話に関しては、ハヤテは「日々を積み重ねていく」物語なのだから、「何もない」時間だって積み重ねているだろうという解釈です。物語が佳境に入ったときに思い返すような話になるかもしれません。

この屋敷編特有の雰囲気は好きですし、色々な要素を詰め込んでぐだぐだになるよりは、色々取っ払ってすっきりまとまった今週の話も結構好き。卵とトマトの炒めものが食べてみたくなった!


さて、こんな話でもやっぱり仕込まれている小ネタたち。

ハヤテのごとく! 197話感想

ん?こ、これは…

ハヤテのごとく! 197話感想

ナ、ナギ様じゃないですか!
「かんなぎ」OPのナギ様シルエットとnagi☆ロゴがプリントされたマグカップを使っているナギ。ナギとナギ様の競演!

それなら今度は「かんなぎ」の方にハヤテのナギが登場する展開に期待してみてもいいものでしょうか。アニメのEDや単行本のピンナップでのWナギ貧乳コラボレーションとかも見てみたいものですが。

あとは、同じ声優的な意味で「とらドラ!」2話冒頭のシーンを視聴しているナギとか。今期アニメのチェックに余念がありません。畑先生も。


そんな訳で「何もない」があった気がする今週の話。
それと畑先生誕生日おめでとうございました!でもクラウスの誕生日話を200話でやるのは勘弁なので、この際100話の時に大人の都合で先延ばしにされた1週丸々マジカルデストロイとか是非。


アーたん登場の過去編に突入!「ハヤテのごとく!」17巻
「かんなぎ」OPのナギ様と、原作のナギ様


ハヤテのごとく!  三千院ナギ 1/8フィギュア
タキコーポレーション (2008-08-13)
売り上げランキング: 3411

かんなぎ なぎ (1/7スケールPVC塗装済み完成品)
壽屋 (2009-02-25)
売り上げランキング: 619

| ハヤテのごとく! | 22:32 | comments:0 | trackbacks:3 | EDIT

巻末のおまけ漫画がまた嬉しい「神のみぞ知るセカイ」2巻

神のみぞ知るセカイ2巻感想

今年のサンデー最大の話題作、「神のみぞ知るセカイ」の2巻が発売!
またも表紙は桂馬一人という事で、これはもう毎回表紙は桂馬一人、裏表紙に攻略キャラ…という流れなのだろうか。流石3次元には興味が無い落とし神様…!ある意味漢です。

今回の攻略対象はヤンデレアイドル・かのんと、寡黙な文系少女・の2キャラ。ちゃんと話数を計算して、単行本ごとにキリよく終わるように描かれているようですね。
サンデーコミックスでは話数が巻ごとにリセットされることが多く、通算話数が分かりにくくて不満だったのですが、この神知るでは話数がちゃんと通算で表示されているのも分かりやすくて良いです。


まずはかのん編。アイドルを前にしてもいつも通り「現実なんてクソゲーだ」を貫く桂馬は流石ですね。表情がころころと変わるかのんが可愛いです。

かのんの名字が連載時の「西原」から「中川」に変わったようで、その理由は「作者が間違えたから」ということですが、何か他にも理由がありそうな。その変更劇を巻末でギャグにしてしまうのは上手い。

※追記:作者ブログに「中川」に直した理由が書かれてました。
>この「なかのん」というコールは中川と真ん中がかかっているんで、中川という名字である必要があった
普通に「真ん中」と「かのん」が掛かっているだけだと思ってましたが、実は名字も掛かっていたらしいですね。


そして栞。「ありがろん」もさることながら、「死ぬればいいのに」という台詞に懐かしさを感じたり。栞も「聖結晶アルバトロス」を読んだのでしょうか!栞編は最後の「無言」が空へと霧散していく描写がとても好きで。いやあ、栞いいキャラですよねー。

また、巻末ではこの子に布教されてバンプを聞く栞の姿が。

081020_kaminomi_02.jpg

栞が「鑑賞」しているのは「orbital period」ですね。栞が持っているやつは歌詞カードじゃなかったはずですが、自分が持ってるのは初回限定版なので通常版だと歌詞カードになってるのかな。

ともあれ、こうして巻末で各キャラのその後をやってくれるのは嬉しいですね。記憶が消えるという関係上、その後の出番は少なくならざるを得ませんし。桂馬と過ごした事が記憶の隅にかすかに残っているようで、それに対するキャラの反応もそれぞれで面白いです。


そんな訳で今回も面白かった「神のみぞ知るセカイ」2巻の感想でした。
神知るの面白さというのは本編の展開もさることながら、1ヒロイン4~5話程度で終わるそのキリの良さも大きいなと。
もちろん今後話が進んでいけばもっと時間をかけて描かれるキャラも出てくるでしょうが、ある程度まとまっているおかげでダレることなく読み進められるのは心地よいです。

どうでもいいですが未だに「神のみぞ知るセカイ」の略称は何にするか悩みます。公式略称は「神のみ」のようですが、ファン間では「神のみ」「神知る」「神セカ」「味噌汁」と統一されてなさすぎるぜ!

:: HoneyDipped :: (作者ブログ)
ギャルゲー理論の異色ラブコメ「神のみぞ知るセカイ」1巻


| 漫画レビュー | 23:59 | comments:0 | trackbacks:1 | EDIT

アーたん登場の過去編に突入!「ハヤテのごとく!」17巻

ハヤテのごとく!17巻

「ハヤテのごとく!」の17巻が発売ですよ!
今回も特典はハヤカレさんを参照ということで。自分は最近は金欠気味ということもありゲーマーズで買ったのみですが、本音を言えばアニメイトのアーたん特典も欲しかった…!


さて、17巻の表紙は咲夜。8巻以来の表紙登場ということで一部では非常に盛り上がっていますが、その一方で自分はいるべき人がいないことにしょんぼりとしたりも。

ここで問題です。
いるべき人とは誰でしょうか。

アーたん?

いえいえ。確かに彼女は収録11話中7話でメインを張る、まさにこの巻の顔と言ってもいいキャラですが、表紙にいるだけである意味ネタバレですし、過去編が次の巻にまたがっている以上18巻の表紙で登場でも遅くは無いでしょう。

いるべき人とはアーたんではなく…

そう、マリアさんですよ。

だって17巻なんだぜ?17巻。
個人的には今回の表紙はマリアさんが独占してもよかったんじゃないかと!
流石に一人だとバランスが悪いから、ナギとハヤテもちょこっと隅に、とか。

………俺は何を力説してるんだろう…。
咲夜も可愛いですけど、17という数字につい反応してしまうのはブロガーの性というか何というか…


いい加減本編の方に触れましょうか。
今回の17巻ではファンの間でも賛否両論の過去編「借金執事のできるまで」ことアーたん編に突入しました。普段からは想像もつかないシリアスムードで、更に雑誌連載で10週も続いたということもあり非常に好みが分かれるところですが、単行本で一気に読めばまた違った感想を持つかもしれません。
自分は元々考察好きということで非常に楽しんで読めました。アーたんかわいいよアーたん。

畑先生も巻末のあとがきで「こういう暗い話はもうあまりこの漫画には望まれていないだろうなぁと感じていた」などと悩んでいた事を語っています。

それはやはりバランスの問題で、今までほとんどシリアスな展開がなかったために、シリアス展開を受け入れる土壌がまだ出来ていないんでしょうね。
マリアさんやヒナギクの過去編など、まだ描かれていない、かつシリアスになりそうな展開はある訳ですし、ちょこちょこシリアス展開もバランスよく入れていって、シリアスとコメディのバランスを取っていけばいいのではないかと思います。


17巻収録分の話は何と11話中10話を連載時に感想を書いていたということで、軽く触れながら振り返っていきたいと思います。

第174話「法律でダメって言われても、観たい気持ちは消えない」
感想というよりネタだった件。ごめんなさい。

第175話「人生に必要な人とはだいたい出会うようにできている」
元気はつらつなメイドさんたちよ、何処へ。

◇第176話「仮面の下の涙も汗も、ヒーローだから見せられない」
この巻で唯一感想を書いていなかった話。何だか書きにくくて。
ヒナギクのレッド設定がこの話限りのものでなかったことに驚きつつ、マスターの「その新人っていうのが…高いところが苦手なんですって…」の部分をチェックすると、ますます194-195話の出来が残念に思えてきて…。
つまり、「レッドが高いところが苦手」なことは割と知られていたにも関わらず…まあこれに関しては別の機会にしましょう、うん。

第177話「それは、光で時を切り取る機械」
普通に感想を書こうと思ったら書きにくかったので、アーたん編に入る前にざっとアーたんについて確認してみた記事。ナギのカメラへの興味は何気にここでも描かれていたんだなあ、と今更気付く。これが193話のあれに繋がったのかな。

第178話「THE END OF THE WORLD(1) 君が望んだ三千世界」
第179話「THE END OF THE WORLD(2) 神さまが棲むという城」
第180話「THE END OF THE WORLD(3) 天照の箱庭」
第181話「THE END OF THE WORLD(4) 世界に届く声で」
第182話「THE END OF THE WORLD(5) 終わりへの予兆」
第183話「THE END OF THE WORLD(6) 力への意思」
第184話「THE END OF THE WORLD(7) 左手に愛を誓い」
過去編。
一応毎話考察を書いています。過去編がすべて終わった今振り返ってみれば、当たっているものもあれば外れているものもあり、やっぱり考察は楽しいなあと思ったりして。

整合性とか、細かい突っ込みどころを挙げれば色々あるんですが、連載最初期と整合性を取るのは難しいですし、その辺りは気にしないのが一番かな、と。
アーたん編のまとめも書く予定だったんですが未だ書いておらず…18巻発売頃に書くこともあるかもしれませんが、本編がゴールデンウィークに突入しそうなこの頃ですし難しいかな…。


カバー下裏表紙の「フラグ立て全滅」って、逆に言えばナギやマリアさんルート以外でも過去編は強制イベントということですし、ゴールデンウィーク編ではアーたんがヒナハムグループとも会ったりするのだろうか。

そしてあとがき。
ファンとしては毎週休載なく読めることは本当に嬉しい事です。これからも出来るだけ休載なく、でも無理はすることなく続けていって欲しいと思います。これからも応援してます!

200話が近いので、節目となる200話からゴールデンウィーク編突入かな?100話の時みたいな人気投票やらないんでしょうか。やるのであれば100話の時同様、当ブログでも連動投票企画をやってみたいなーと思っているんですが、はてさて。

ともあれ200話が楽しみです。
いや、もちろん来週からの197~199話も楽しみですけども!


| ハヤテのごとく! | 23:59 | comments:1 | trackbacks:1 | EDIT

僕の心を鷲掴みにするライトノベル「さよならピアノソナタ」

さよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6) さよならピアノソナタ (2) (電撃文庫 (1570)) さよならピアノソナタ 3 (3) (電撃文庫 す 9-9)

恋と革命と音楽の物語、「さよならピアノソナタ」
ここまでラノベに嵌ったのは久しぶりというか、読み終えるのが勿体無いくらい最高に面白かったです。いやー本当すごい。これは素晴らしいライトノベルだと思います。


基本的にはボーイ・ミーツ・ガール。偶然ガラクタ置き場で出会った少女・真冬が主人公・ナオの学校に転校してきて…という割とありがちな展開ですが、もうその後の展開がツボすぎる。

初めてのセッションであるとか、真冬との対決の描写とか、その他諸々とにかくひとつひとつが僕の心を鷲掴みするんですよ!1巻読んでビビっと来て、次の日にはもう2巻と3巻も買ってきて読み始めてましたね。それくらいツボでした。

「さよならピアノソナタ」というタイトルですが、バンドものと言っても差し支えないかと思います。もちろんピアノが話の核にはなっているのですが、実際の話の展開は「民族音楽研究会」というバンドが中心。

そしてこういうバンドものが大好きな自分。更にラブコメと来たらもう。色々言葉を並べるよりも、「僕の好みに完璧に合致した物語」と言ったほうが伝わるでしょうか。


とにかくヒロイン・真冬が可愛くて仕方が無いです。その喋り方にその仕草。怒った時にナオをぽかぽかびしびしするのが最高です。特に3巻ラストの展開は素晴らしかったとしか。ああもう、星5だな!

また、同じ「民族音楽研究部」のメンバーである千晶や神楽坂先輩もいいキャラです。ただ、ラブコメとしては実質真冬の一人勝ち状態。千晶はなんともまた報われないキャラだなあ…。とある台詞にはもう涙ですね、色々な意味で。


作中には色々なクラシック等の曲が出てきますが、知らなくても楽しめます。もちろん知っていた方が更に楽しめるとは思いますが、知らなくても全然大丈夫。自分も知ってる曲ほとんど無かったですし。

さよならピアノソナタ・曲目紹介
さよならピアノソナタ2・曲目解説
さよならピアノソナタ3・曲目解説

作者の方による曲目解説もあります。ただ完全にネタバレなので、最初は普通に読み進め、読み終えた後余韻に浸りながらこれらの曲を聴くのがお勧めです。さあ、もう1回読み返すか…。


ラノベにこんなに嵌ったのは「とらドラ!」以来かも。あまり話題になってない(気がする)のが不思議なくらい面白かったです。
4巻は12月発売ということで、また真冬が見られるのが楽しみすぎます。どうやら4巻が最終巻らしいですが、まあ3巻の終わり方を考えれば納得ではあります。寂しいけど。

そんな訳で、お勧めライトノベル「さよならピアノソナタ」、是非!


NEET TEEN(作者サイト)
FancyFantasia(絵師サイト)


さよならピアノソナタ (電撃文庫 す 9-6)
杉井 光
メディアワークス
売り上げランキング: 15718

さよならピアノソナタ (2) (電撃文庫 (1570))
杉井 光
メディアワークス
売り上げランキング: 30703

さよならピアノソナタ 3 (3) (電撃文庫 す 9-9)
杉井 光
アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 4514

| 電撃文庫 | 23:58 | comments:1 | trackbacks:0 | EDIT

「かんなぎ」の舞台に関するささやかなツッコミ

アニメ「かんなぎ」に七北田川が映って思わずニヤリ。
そんなこの頃ですが、更新ネタが無いので、小ネタで更新してみるテスト。

たけなしのーと

武梨えり先生のサイトに、かんなぎの舞台に関する記述が。
ロケ地は仙台という事で仙台が舞台と勘違いされやすいですが
特に設定はしていません
日本のどこかです
つーか多分仙台じゃないんじゃないかなあ…
ということで、「かんなぎ」の舞台は、具体的には設定していないようです。
「日本のどこか」だそうですが…

かんなぎの舞台

小学校の修学旅行で福島に行く地方ですよね!きっと!

ちなみに、仙台の小学校の修学旅行はだいたい福島な気がします。
自分も小学校の修学旅行で五色沼行きましたよ!落ちませんでしたけど!
その時はあいにく雨だったんですが、今でも写真は残ってます。

まあ、作者本人が「設定していない」と言っている時点で議論の余地は無いんですが、五色沼に突っ込んでみたかったのです!すみません!

そんな訳で、アニメ「かんなぎ」で知っている場所が映るんじゃないかとワクワクヒヤヒヤしながら待つ日々です。特に、第3話で登場するだろう、仁の通う高校とかね…。


「かんなぎ」OPのナギ様と、原作のナギ様
ComicREXの「かんなぎ」プッシュっぷりが凄まじい
「かんなぎ」もしかして…これは…鯉?
秋からアニメも始まるこの機会に、「かんなぎ」のススメ


かんなぎ  1(完全生産限定版)
アニプレックス (2008-11-26)
売り上げランキング: 66

| その他漫画雑誌 | 23:59 | comments:13 | trackbacks:0 | EDIT

「リトバスエクスタシー」感想(2) - エクスタシーの快感

リトルバスターズ エクスタシー 通常版

前回に引き続き、リトバスEXの感想シリーズを。

第2回は、鈴ルート+Refrainと、エクスタシー追加ルートの感想です。

≫ Read More

| PCゲーム | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

この青春を駆け抜けろ。「とらドラ9!」感想

とらドラ 9 (9) (電撃文庫 た 20-12)

「とらドラ!」はやっぱりラブコメ最高傑作級の面白さだな、と。
ラノベを普段読まないような人にも是非オススメしたい超優良ラブコメです。
そんなとらドラシリーズの最新刊、「とらドラ9!」の感想です。

そういえば、アニメの方も放映が開始されましたが、危惧されていたキャラデザは実際は気にならず、展開が速すぎることを除けばいい出来です。アニメを見て興味を持った方は、是非原作も読んでみてください。超オススメ。

以下、発売直後なので一応格納。

≫ Read More

| 電撃文庫 | 23:18 | comments:4 | trackbacks:0 | EDIT

「かんなぎ」OPのナギ様と、原作のナギ様

「かんなぎ」のOPが話題ですね。
かくいう自分も見た瞬間に吹いた人です。ヤマカンだし何かやってくるだろうなあとは思っていましたが、そういう意味では色々と期待通りでした。

この漫画は、コメディ要素とシリアス要素の両方を描いているので、OPとEDでコメディ側とシリアス側とに分けているのかな。つかみとしてもOPにこれを持ってきたのは正解でしょう。各キャラの特徴がよく出ていて、「動いている」以外にも色々と上手いOPだったと思いました。

以下、少し原作の展開に触れてるので念のため隔離。

≫ Read More

| その他漫画雑誌 | 22:30 | comments:5 | trackbacks:0 | EDIT

「リトバスエクスタシー」感想(1) - 個別ルートは弱いのか

リトルバスターズ エクスタシー 通常版

発売から2ヶ月あまり。
ようやく「リトルバスターズ!エクスタシー」をコンプリートしました。
「CLANNAD」は越えられなかったと思うけれど、プレイしてよかったなあと思える作品だった事は間違いありません。そんな訳で、ぼちぼち感想を書いていこうと思います。

第1回は、無印版個別ルートの感想です。ネタバレなので続きからどうぞ。

≫ Read More

| PCゲーム | 23:07 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

ComicREXの「かんなぎ」プッシュっぷりが凄まじい

「かんなぎ」のアニメが間もなく放映開始ですね。
かんなぎの原作はComicREXで連載中なのですが、それにしても最近のREXのかんなぎプッシュっぷりは凄まじい。


2008年発売分のComicREXの表紙を調べてみると(参考

2月号:BUS GAMER
3月号:かんなぎ 付録:かんなぎ4巻かけかえカバー
4月号:SOUL GADGET RADIANT
5月号:東方儚月抄
6月号:ろりぽ∞
7月号:かんなぎ 付録:かんなぎ下敷き
8月号:蒼海決戦
9月号:かんなぎ 付録:かんなぎ5巻かけかえカバー
10月号:かんなぎ 付録:かんなぎポストカード
11月号:かんなぎ 付録:かんなぎ奉納DVD

2008年発売分のうち、実に5冊がかんなぎ表紙という状況。特に、アニメの詳細が判明してきたここ5ヶ月分で4回。しかも表紙を飾った際は確実に何かしらの付録がついてきています(かんなぎ関連以外の付録はリストアップしていませんが)。

週刊誌に比べ刊行する回数が少ないとはいえ、恐ろしいほどのプッシュっぷりです。名実共にComicREXの看板作品といったところでしょうか。もちろんファンとしては嬉しいのですが、他にプッシュするものないのかと少し不安にもなる勢いです。


月刊誌は正直あまりチェックしていないのですが、他の月刊誌でもプッシュ作品に対してはこれくらいプッシュするものなのでしょうか。あまり例が思いつきませんが、ハガレン全盛期のガンガンとかだとこれ以上のプッシュっぷりだったりしたのかな。

かんなぎ第1話完成とREX付録DVDのこと - アキバBlog

この記事によると12月号(11月発売分)にもかんなぎの付録が付くということですが、1年の半分表紙飾っちゃうのだろうか。

何はともあれ、これだけプッシュされているアニメ「かんなぎ」の成功を願わずにはいられません。宮城県が舞台ということで、機会があればかんなぎ聖地巡礼とかもしてみたいなあ。


「かんなぎ」もしかして…これは…鯉?
秋からアニメも始まるこの機会に、「かんなぎ」のススメ


かんなぎ  1(完全生産限定版)
アニプレックス (2008-11-26)
売り上げランキング: 774

| その他漫画雑誌 | 22:16 | comments:4 | trackbacks:0 | EDIT

読みごたえ抜群の一冊「とらドラ!VS禁書目録」

とらドラ ! VS (バーサス) 禁書目録 2008年 11月号 [雑誌]

今月の電撃大王は「超電磁砲」「とらドラ!」「よつばと!」が休載ということで立ち読みで済ませることにして、「とらドラ!VS禁書目録」を買ってきました。
電撃文庫MAGAZINEなんて買ったことはおろか読んだ事すらありませんでしたが、「とらドラ!」と「とある魔術の禁書目録」という、僕が大好きなラノベ2作品を特集した一冊となれば買わないわけにはいかないだろうと。


内容ですが、読み応え抜群。「とらドラ!」「禁書目録」「狼と香辛料」「灼眼のシャナ」などの外伝小説以外にも、アニメの記事や対談、コミカライズ、ゲームのノベライズなど色々載っていてお腹一杯です。

コミカライズとして「とある科学の超電磁砲」の番外編が載っているのですが、これが凄い。冒頭2ページの展開でいきなり全力で吹いてしまった。この持っていき方は上手すぎる。
たった8ページの番外編ですが、そこには自らに課せられた使命を完璧に遂行しようとする、熱い男たちのドラマが描かれているのです…!

いやあ、美琴はほとんど出てないのに何だか凄く満足ですよ。それにしても、外伝とはいえ「超電磁砲」でミサカが描かれるのは初めてだというのに、その初めてのコマがアレかよ!いやいいけど!


あと、名作ゲームノベライズとして「LIVE A LIVE」のノベライズが話題ですが、元ゲームをプレイしていない自分としてはやはり「世界樹の迷宮II」のノベライズに反応したいところ。
世界樹のノベライズではファミ通文庫から「世界樹の迷宮 -去りゆくモノたちへの鎮魂歌-」というのが出ていますが、こっちは積んでてまだ未読だったりします。

そんなノベライズですが、雰囲気を壊すことなく、またドクトルマグスという職業の特徴を物語に上手く生かしていて面白かったです。アーテリンデが何気にいい人で、もう少し活躍しても良かったのになあ。世界樹はキャラへの感情移入度が高いうえ、キャラの性格が各人の想像によるので、むしろNPCをメインに据えてもいいんじゃないかなと思います。


反応するところが凄く偏っているのはご愛嬌として、電撃大王で今月「超電磁砲」「とらドラ!」が休載な不満を解消してくれる一冊でした。

怒涛の展開に早くも次巻が待ちきれない「とらドラ8!」
「禁書」の美琴が可愛すぎてニヤニヤせざるを得ない。
こんなラブコメが読みたかったんだよ!「とらドラ!」


| 電撃文庫 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。