2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

TVA「ハヤテのごとく!」1期を振り返っての総括

1年間続いてきたアニメ「ハヤテのごとく!」も、3月末に終了しました。第2期の製作も発表されましたが、とりあえず一段落ということで、この機会にアニハヤ第1期を振り返りつつ、自分が思ったことなどを書いてみます。1ヶ月ほど遅い気がしますが、たぶん気のせいです。

※原作ファンとしての立場で書いていますが、原作ファンが皆そう思っているという訳ではないのでご注意ください。一応。


◇自分のアニメへの全体評価。

自分のこのアニメへの評価は、何とも煮え切らない感じでして。
豪華な声優陣に安定した作画、そしてアニメという新鮮さ。しかし徐々に浮き彫りになっていく原作との差異、カオスな話。原作を読み込んで細かな伏線について考えてきた身としては、やはり気になる点は多かったです。

原作とアニメは別のもの、と割り切ることが出来たか。アニメを楽しめた人とそうでなかった人の境界線はここにあったのではないかと。割り切らないと辛い話も正直ありましたが、割り切ってしまえば案外楽しめるものです。


◇やっぱり不満はあるわけで。

やっぱり、話の内容を見れば「原作ファン」としての不満はあるわけで。原作を意識して縮こまってしまうよりはこうやって挑戦してくれた方がずっといいけど、やはり原作ファンとして納得のいかない展開があるのは事実。

という訳で、2期ではどこを直して欲しいかという意味もこめて、アニメ1期の良くなかったところをいくつか挙げさせてもらいます。


・カオス

アニハヤで一番批判されているのがこれでしょう。アニメオリジナルのカオス話は、「何がしたいのか分からない」まま終わってしまった話がほとんどだったという印象。
多少カオスでも、ある程度ストーリーとして成立していればいいとは思うのですが、そこに安易なパロディ・お色気シーン連発が加わると安っぽくなるというか。

特に、アニハヤ通して最もカオスかつ一番つまらなかった回はナベシンが出張った話でした。「ハヤテのごとく!」という作品と全く関係のない、パロディでもないキャラが登場して引っ掻き回しても何も面白くない。こういう話にゴーサインを出すのもどうかと思うのです。


・時系列一致

時系列一致って何のこっちゃという話ですが、現実世界とアニメ内世界の時系列(大まかには季節)を一致させている、という話です。これは失敗だったと考えてます。だって季節が同じで良かったなーと思える話ないもん。夏とか秋とか描けないとしても、やっぱり少しずつ時間を進めていくべきだったかと。

原作が時間や日付を意識しているのに、それを意識せずに描いたら多くの制約がついてしまうだけ。日付固定のイベントを描くタイミングが固定されてしまうから。例えばバレンタインがないとヒナハム関連の話は動き出さない。2期をやるならまずはこの辺りから始めるべきですね。


◇どうせなら、いい意味で原作を「壊して」欲しい。

メディアミックス全体に言えることですが、媒体が漫画以外に移るならば、その媒体ならではの演出をして欲しいと思うのです。漫画では出来ない、アニメならではの演出。声、歌、映像、そういったものをふんだんに活用して欲しい。そしてアニメならではのベクトルではっちゃけて欲しい。

朝10時という時間帯の制約もあったでしょうが、「ハヤテのごとく!」のアニメなんだから、いい意味で「壊して」欲しかったなと。「壊す」っていうのは、「カオスにしろ」という意味じゃないですよ。作品内の遊び心をこれでもかというくらいに強調して欲しいという意味。
原作では紙面の都合上1~2コマで流してしまうような遊び心を、徹底的に強調して遊ぶ、そういう「壊す」。その結果カオスになっても、最初からカオスにするのとはまた違うと思うし。

余談ですが、自分は上のような考えなので、44話(マジデスアニメ化の回)は割と好きだったりします。この話はまさに「原作の遊び心を強調」し、「アニメならでは」のベクトルでの悪乗りだったと思うので。個人的にはもっとはっちゃけて欲しかったくらい。本来のOPテーマの代わりに、もっと気合入れたマジデスOP流すとか。


◇何だかんだで、2期には期待している。

1期の総括と2期への期待や要望をまとめておきます。

【1期の総括】

作画も声優陣も素晴らしかった。
・OPやEDもハヤテらしい曲でよかったと思う。
・ストーリー、構成はもう少し原作の話の繋がりを意識してほしかった。
・原作を壊すことを恐れないというか、挑戦的だったのは凄く良かった。
・カオスなことが駄目とは言わないが、カオス話はつまらなかった。
・無理矢理お色気要素を入れるくらいなら、無い方がいい。
・現実の季節をアニメに取り入れる必要は薄かった。
ナベシン帰れ。

【2期への期待・要望】

・オリジナル話は欲しいけどオリジナルキャラはいらない。
・カオスにするより、遊び心を強調したベクトルではっちゃけてほしい。
・キャラソン12枚も作るくらいなら挿入歌やネタ曲を作って有効活用。
・ストーリーの取捨選択や放映順はもう少し慎重に。
深夜アニメで。


◇結局、このアニメ化は成功だったのか?

繰り返しになりますが、あくまで一個人の感想です。
共感できた方もいれば、いやいやそれは違うよ、と思った方もいると思います。このブログの管理人はそう感じたんだなー、程度に思って頂ければ。

時期尚早だったんじゃないかという思いもありますし、原作を追い続けている原作ファンとして気になるとことが非常に多かったのは事実です。
とはいえ、新規ファン層の開拓とか、ハヤテ界隈全体の活発化には成功したし、何よりキャラたちに色と声がついて動き回る事にワクワクした。自分が好きな漫画がアニメとなることにもちろん複雑な気持ちもあったけれど、でもやっぱり嬉しかったわけで。


話だけを見るなら、「可もなく不可もなく」。不満も多いけれど、面白かった話もあったし、全体としてはまあまあだったかなと。100点満点なら60点といったところ。
総合的に評価すれば、「このアニメ化は成功だった」。2期をやれる数字は出てるみたいですし、自分自身、アニメ化の影響で得られた恩恵も色々あるので。界隈全体が活性化したのは凄く良い事だと思いますし。

肯定的とも否定的とも取れる、何とも煮え切らない評価ではありますが、良いところも悪いところもどちらもたくさんあったアニメだったので、1期に対する評価は最終的にこんなところに落ち着いた感じです。


最後に一つだけ。
アニメ版ハヤテを批判するという行為の裏には、もっと良くなって欲しいという気持ちがあります。
「好き」の反対は「無関心」とよく言いますが、まさにその通り。何だかんだでアニメを追ってきたファンは、アニメに凄く期待していて、だからこそ厳しい意見も出た。「批判するくらいなら見るな」という意見もありますが、これについてはご理解頂きたいと思います。

「ハヤテのごとく!」アニメ第2期に期待を込めて、この記事は終わりにしたいと思います。また一緒にワクワクしながら待ちましょう。更に良い方向にパワーアップしたアニハヤを見る事が出来ると信じて。

------------------------------

だいぶ遅くなりましたが、ようやくまとめることが出来ました。
下書きは4月はじめに出来ていたはずなのに、おかしいなあ…。

TVA「ハヤテのごとく!」第1クール総括
TVA「ハヤテのごとく!」第2クール総括


ハヤテのごとく! 10
ハヤテのごとく! 10
posted with amazlet at 08.04.27
小学館 (2008-04-25)
売り上げランキング: 146

| ハヤテのごとく!! | 14:53 | comments:16 | trackbacks:0 | EDIT

高尾山編幻のエンディングも収録。「ハヤテのごとく!」15巻

ハヤテのごとく! 15 (15) (少年サンデーコミックス)

「ハヤテのごとく!」の15巻が発売されました。
連日マリカーに勤しんでて発売を忘れるところでしたが、ちゃんとゲーマーズまで出向いて買ってきました。ヒナギクかわいいよヒナギク。
今回の各店舗特典はハヤカレさんでご確認ください。


表紙は雪路、総扉は16巻収録話に繋がるネタ。
この巻収録分の話はほとんど感想をお休みしていたので、復習がてら軽く感想を。なお、一部は某所に連載時書いた感想のコピペです。

□第152話「いらない萌えと、いる勇気」
□第153話「遠き山に日は落ちて谷にも落ちて」

第149話から続く高尾山ハイキング編の続き。
名簿ネタの直後にもかかわらず結局新キャラは出ず、正直何が描きたかったのかよく分からないシリーズの話ではありましたが、気になるところとしてはやはり飛行石の話でしょうか。
何も明らかになってはいないので、壮大な含みを残しただけだったのですが。

□第154話「ふるえるぞハート!燃えつきるほどヒート!まあそんな感じ」

畑先生が悩んだ末に出した一つの答えです。
三千院家には地下牢があるという事が分かったので、あとはマリアさんが注射器でも持ってくるのではないでしょうか。そういえばリメイクが正式発表されたらしいですね。楽しみです。

□第155話「サキさんのヤボ用(武将風雲録)」

スーパー恋愛コーディネーター侮れないなあ。自身以外の恋に対する勘の鋭さが凄まじい。あと、カズとナギって確か同世代だった気がするので、あれは勘違いが生み出したあらぬ性癖ということに…。

□第156話「眠れないAM2:00 イラだってドアを壊す」

マリアさん水銀燈化進行中。アニメでもTCGでも水銀燈コスマリアさん出てますからね。マリアさんの声優決定時から「ジャンク」「乳酸菌」というワードを書いていた自分としては思わずニヤリ。
そういえば今週から月1で連載開始でしたね。まだ読んでませんが…。
あ、本編はハヤテのごとく!らしい話で実に満足です。

□第157話「闇に隠れて生きられない」

実はこの話は色々と深い意味があると思っていて、考察も書いていたんですが、時間的都合でまとめられずお蔵入りとなりました。考えは変わってないので、いずれ機会があれば出したいです。
あ、一応補足しておくと、伊澄の言う「悪質な霊」は神父ですね。

□第158話「高校生活の実態は、理想とだいぶ違う」
□第159話「危険がウォーキング中」

新キャラ・日比野文という観測者の立場で、ハヤテたちの奇怪さを浮き彫りにした話だと解釈してます。詳しくは以下の記事で。
「ハヤテのごとく!」日比野文の役割について考えてみる

□第160話「寒い冬のこたつ最強」

ロリマリアさん可愛すぎ。
マリアのマ~は~まじかるアンバーのマ!
あ、口が滑っちゃいました。

□第161話「たしかにお年玉は全部消えたけど思い出は永遠に消えはしない」

自分は「レッツ&ゴー!」世代です。

□第162話「ほらDSで笑顔の練習とかするゲームあったじゃん。あれとか使うといいんじゃない?」

笑顔の練習と聞いて思い浮かべるのはFF10のルカ。
FF10は割と好きな自分ですが、笑顔の練習は無いわー。
本編はヒナギクが可愛すぎる164話に繋がる話。西沢さんのヒナに対する余裕っぷりは凄いな。ナギ→ハム→ヒナ→ナギというジャンケンみたいな関係が更に強化された感が。


そして巻末には絶チルとネタがかぶってお蔵入りになった、幻の高尾山編エンディングが。いい終わり方だなあ。しっかしマリアさんの母親っぷりが印象的。ますますマリアさんじゅうななさい(ry
そして、このエンディングが幻になった影響で絶チルの4コマにハヤテとナギが出演したりしたわけですな。実質1コマしか出てないので画像は張りませんが、あの号の絶チルはちゃんと切り抜いて保管してます。

次回16巻はヒナギクが可愛すぎる話や瀬川家編が収録。特に今回のヒナギクデート編のラストである164話がメチャクチャ好きなので、今から単行本収録を楽しみにして待とうと思います。

----------------------------

なかなか生活リズムが取り戻せない…。
更新するする詐欺はやめて、のんびりと更新していこうと思います。


| ハヤテのごとく! | 17:52 | comments:5 | trackbacks:0 | EDIT

「ハヤテのごとく!」勘違いから出た誠メッタ刺し

勘違い。

思い返せば、「ハヤテのごとく!」という物語はそこから始まった。

一人の少女が、ある少年の言動を告白と勘違いした。そこから始まる二人の勘違いと誤解の積み重ね。一つの勘違いがなくなれば、それを起爆点として残りの勘違いも連鎖して全て消える。多くの誤解が一気に崩れれば、押し寄せる感情の波も大きくなる。
この連鎖反応の勢いは、さながら爆弾のよう。爆弾が爆発した後に、そこに残るのはいかなる感情だろうか。今の二人の関係は良好だけれど、一寸先は闇なのだ。


さておき、ハヤテはこうして勘違いからスタートしている。
先日、HDD整理と総括執筆用を兼ねてアニハヤの最初のほうを見ていたのだけれど、そこにあったのは、自分が心底嵌った物語への入り口だった。ナギとハヤテ。二人の間にある誤解。
アニハヤに対する意見は否定的なものが多いけれど、原作への入り口を作る役割を果たしたことは間違いないんじゃないかな。

アニハヤがどこで道を間違えたのか、それはまた別に検証する必要があるでしょうけど。


◇一つの伏線の回収

虎鉄という男がいる。

ヒナ祭り編で登場した、いいんちょこと瀬川泉の執事。ハヤテ扮するハーマイオニーに一目惚れし、その正体が男であることに激怒。それを薄っぺらな愛だとナギに諭された結果、同性愛者へと変貌した男である。

そして虎鉄に関して、バックステージVol.97ではこんな記述が。
そして、今回のシリーズに初登場だった虎鉄ですが
とりあえず細かいプロフィールは伏せておきます。特に苗字は。
そのうち使う予定になっているので。
名字やその他のプロフィールが意図的に隠された瀬川家の執事。本編中だけなら誰もそうは思わなかったでしょうが、バックステージでこんな思わせぶりな表現をされた事から、虎鉄はその後とある議論に顔を出す存在になりました。

それが、姫神に関する議論と、ハヤテの兄に関する議論。

つまり、可能性は薄いとしながらも、あまりに思わせぶりなバックステージの表現から、虎鉄の名字が姫神とか綾崎である可能性を捨てきれなかったのです。


そして、170話で虎鉄の名字がいよいよ明かされました。


080412_hayate_01.jpg

虎鉄君の本名はね、瀬川虎鉄っていうんだよ♥

虎鉄君はそういう教育のために執事をしている…
泉の双子のお兄ちゃんなのだ♥




nandatte.jpg



これは驚きです。
意外というか、ほとんどの人が考えもしなかった可能性ではないでしょうか。
あの思わせぶりな表現の結果がこれか、と若干残念に感じる人もいるかもしれませんが、先ほど引用したバックステージの表現を見る限り、それは我々ブロガーの深読みしすぎだった気がします。

ハヤテブロガー界隈は深読みしまくりな人が揃ってますから(自分含む)、たまにこういう事があってもおかしくないと思いますし、それでガッカリするのは違う気が。
こういったバックステージの情報公開を種にして議論に花を咲かせることができるのはハヤテ界隈くらいだと思いますし、これからも積極的に議論していきたいところです。


さて、結局虎鉄の名字を隠していた意味は何なのか、という話ですが、それが今週の話です。二人の双子設定を上手いこと使ってくれた話でした。今後この双子設定が生かされることがあるのかは疑問だけど、今週の話だけでも十分面白かったじゃないか!


◇勘違いは連鎖する

シラヌイによるいいんちょの携帯強奪、高尾山ハイキングによるいいんちょ置いてけぼりといったパーツを上手く使って描かれている今回の瀬川家編。
前半のいいんちょメイド服とかいいんちょぱんつとかはまあさておきとして、先週から今週にかけての部分について少し触れておきたいなと。軽く流れを振り返っておきます。


・泉父「この男(ハヤテ)は一体誰かね!」
・花菱「お宅のお子さん(虎鉄)が、本気で愛している人です」

・泉父「うちの子(泉)がお前を好きだというのは本当か!?」
・ハヤテ、泉「(虎鉄の事と思い)えっと…まぁ本当かな…?」
・泉父「お前はうちの子(泉)のことをどう思っているんだ!」
・ハヤテ「(虎鉄に)好きとか言われても気持ち悪いし迷惑だ」

以下、ハヤテが火に油をどぼどぼ注ぐ


なるほど、虎鉄の名字を隠しておいたのはこの為か…!
虎鉄の性癖を知らない泉父が、「男であるハヤテを好きになるのは女である泉」という判断をするのは当然ですし、逆にハヤテやいいんちょ側からすれば、虎鉄の過剰なまでのハヤテラブを知っていて、いいんちょフラグには全員気づいていない以上、父の言う「うちの子」が虎鉄であると思うのも仕方が無い。

そこに生まれた、綺麗な勘違いの連鎖が面白い。
父からすれば、「泉がハヤテのことを好きというのは本当か」という問いに娘本人が「本当」と答えたように見える訳で、そりゃあ先週の溺愛っぷりを見れば怒るだろうなあと。


花菱・朝風両名の火種もさることながら、ハヤテの油の注ぎっぷりも凄い。
「泉さんのこと…許してもらえますか?」ですもん。読者にすら分かりづらい表現だったというのに、いわんや泉父をや。
ここでハヤテは「泉さんが携帯を持っていなかった事を許してあげてください」と言いたい訳ですが、そりゃあ父からすれば「泉さんとの仲を許してもらえますか」に聞こえるわな。

更に重ねて「僕が責任を取らなくてはいけない過ちを犯した」と言う辺りはわざとらしいくらいですが、一応今週の3ページ目で「僕が責任を取って」とモノローグで言っているし、これがこの漫画のデフォルトだし、ハヤテが言うと違和感ない。ふしぎ。火に油を注ぐってレベルじゃねーぞ。


そして、これにも触れておかねばなるまい。

080412_hayate_02.jpg



080412_hayate_03.jpg

ウソから出た誠めった刺し。

まあウソというか勘違いではありますけども、まだフラグ段階でしかなかったいいんちょ→ハヤテベクトルを、いいんちょ本人が意識してしまった。元はいちモブキャラでしかなかったいいんちょがハヤテを取り巻く混沌としたn角関係に参入してしまうのか!?

ウソから出たハヤテめった刺し→カシミアのコート…じゃなくて執事服がボロボロに→先日の巻頭カラーで公開された新執事服へと違和感無く移行という展開でしょうか。


ちなみに今回の一連の瀬川家編で一番面白かったのはもちろん「そんなかわいいメイド服なら…僕も家で思わず着てみたいですよ」。久々に秀逸なオチでした。
そしてこのタイミングでマリアさんは下田での約束を思い出しています。
これらが意味する事とは…!?

--------------------------

毎週は無理ですが、ぼちぼち感想を再開したいなということで。
感想の書き方忘れてるなあ…考察っぽい文章になってしまった。

アニメ総括も近々アップするつもりです。1週間前に下書きは終わってるはずなんだけど…おかしいなあ…。
そもそもこの記事も木曜には下書き終わってたはずなのに、気づいたらマリカーやってたんだよなあ…おかしいなあ…。ハンドル楽しいよハンドル、Wi-Fi楽しいよWi-Fi。


「ハヤテのごとく!」キャラクターCD11/綾崎ハーマイオニー 魔法少女プリティ・ナギ
釘宮理恵 白石涼子 白石涼子 綾崎ハーマイオニー starring 白石涼子 釘宮理恵 魔法少女プリティ・ナギ starring 釘宮理恵 佐藤利奈
ジェネオン エンタテインメント (2008-03-21)
売り上げランキング: 1386

| ハヤテのごとく! | 15:44 | comments:12 | trackbacks:0 | EDIT

王道的学園ラブコメ。漫画版「とらドラ!」1巻

とらドラ! 1 (1) (電撃コミックス)

4月に入ってからもバタバタして漫画とか買ってないんで、3月に読んだ作品シリーズ。そんな訳で、アニメ化も決定した「とらドラ!」の漫画版1巻です。立ち読みしてみたらかなりツボだったので、とらに行って買ってきました!


まず、漫画版を読んで一つ、今までの勘違いを正されました。
俺、このラノベって、「手乗りタイガー」というマスコットキャラと主人公が色々掛け合う、最近で言えば「灼眼のシャナたん」的なものだと思ってたんですが。

手乗りタイガーって、単なるあだ名だったのね…。

いや、何と言うか、おにーさんびっくりだ。
本当に手に乗るマスコットキャラだとばかり。いやはや。


内容は王道的な学園ラブコメという感じでしょうか。みのりんも大河も可愛いし、大河と竜児の掛け合いもニヤニヤしながら見てしまいます。
大河が「犬」とか言ってたので、ルイズ的なイメージで釘宮ボイスで脳内再生されてたんですが、アニメでは果たしてどうなるんでしょうね。

1巻のラストは気になる展開で終わってますが、今発売中の電撃大王に続きが乗っているのでスムーズに雑誌に移行できたりします。
自分は1巻でニヤニヤしっぱなしだったので原作ラノベにも手を出してみようかなと思ってます。積んでる「禁書目録」を読み終わったら。


昨年末から今年にかけて、「ラノベ原作コミック」に当たりが多いなあ。僕はラノベに関しては漫画と違って「試しに1巻を買ってみる」ことが少ないので、こういうコミカライズは原作を知るきっかけとなって嬉しい限り。
今までは外れが多いと言われてきたラノベコミカライズですが、こういう当たりコミカライズがどんどん増えていくと良いなと思います。

-------------------------------

4月に入ったら更新再開できると思ったのになー。誤算だった。
ちなみにこの記事、元の文章は3月初めに書いていたのは秘密。


とらドラ! 1 (1) (電撃コミックス)
竹宮 ゆゆこ 絶叫
メディアワークス (2008/02)

とらドラ!1
とらドラ!1
posted with amazlet at 08.04.06
竹宮 ゆゆこ
メディアワークス
売り上げランキング: 980

| 漫画レビュー | 21:38 | comments:4 | trackbacks:0 | EDIT

お久しぶりです、マリア17歳です。

「ハヤテのごとく!」のアニメが始まったのが、ちょうど1年前。
原作ファンの方の間では色々と物議を醸していたアニメですが、
終わってしまうとなると寂しいものですね。

特に、私のぴちぴちの雄姿をもうテレビで見られないとなると、
原作ファンの方の嘆き悲しむ姿が目に浮かぶようですわ。
そんな方は、DVDを買えばいつでも見ることが出来ますよ♥


そんな訳でおひさしぶりです、マリア17歳です♥
アニメ1期が終わってしまうと聞いて寂しがってる皆さんを癒すべく、
バーチャルネットメイドとして戻ってきました☆

今日の画像は、私の白皇学院時代の写真です。
こっちの方が一部の人にウケがいいと聞いたものですから…。


さて、今日は皆さんにひとつお知らせがありますわ。
前々から噂は聞いていたコミケにサークル参加することになりました!

コミックマーケット74で、CD「きよ彦ナイトフィーバー」を頒布します♥

黒歴史とさえ言われたきよ彦さんの歌声を余すことなく収録。
人気曲2曲にボーナストラックを加えて、500円で頒布いたしますわ。
単行本にすら載らなかったこの方の美声をお楽しみに。

日頃からこの方は私に色々とひどい事を仰るので、仕返しです☆



さて、それではそろそろ今日の話ですわ。




-----------ネタバレ--------------

今日は4月1日、エイプリルフールです☆

昨年はIE6でしか私の乗っ取ったページを正常に見られず、
あとで中の人にちょっとだけ八つ当たりをしてみましたが、
今年はIE7やFirefox等でも表示確認済みなので大丈夫です♥


そういえばローゼンがYJで月一連載との事で大変喜ばしいですね。
乳酸菌を取りながら待ちたいと思います♥

中の人?

今年もジャンクにしちゃいましたわ♥


それではまたいつか~☆

| 雑記 | 00:00 | comments:11 | trackbacks:0 | EDIT

2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月