2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

ぷらずまトピックス#2

【7/31】

7月も終わりですね。
最近かなり更新頻度が落ちてる感がありますが
月8個あったアニメ感想が消えただけなので大差はありません。
試験が終われば回復します。たぶん。

>ジャンプ

「斬」は何と言うか、やっぱり
「こんな絵でも連載できるんだ!」
と希望を与えるための漫画に思えてなりません。

そして「To LOVEる」はアイスを舐めてる美柑が(ry


【7/29】

世間は夏休みのようですが、僕は試験期間です_| ̄|○
でも、これが終われば夏休みさー!

まほらば(12)

まほらば最終巻出ましたね。
これで終わりかぁ…もっと読んでいたかった気もするけども。
レビューはそのうち書きますね。多分試験が終わった頃にw

来月は真夏の祭典。
行けない自分にとっては「ひぐらし祭囃し」くらいの意味しかありませんが
1度くらいは行ってみたいですなぁ。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 雑記 | 21:24 | comments:19 | trackbacks:0 | EDIT

デトロイト・マリア・シティ

今週の「ハヤテのごとく!」は久々のマリアさん話。
先週各所で「西沢さんへのフォローをしたんだから、マリアさんへのフォローもしてあげてください」という言葉を見かけましたが、ここでマリアさん話とは…!!
マリアさんファン大絶賛(たぶん)のお話です。

◇マリアさんの誕生日

扉絵「秘密を知るのは危険な事です。」その通りです。マリアさんの年齢が2X歳であること、マリアさんはアンリマユを自由自在に操れることなどの秘密を知ってしまったら…

さておき、ヒナギクさんの誕生日プレゼント…結局何を買ったのか…お嬢さまはご立腹です。
そりゃあ、お嬢さまはハヤテと相思相愛であると勘違いしているわけで、ハヤテのこの行為は不倫に近い感覚なのでしょう。

そこですかさずナギへのプレゼントを差し出すハヤテ。

hayate_89_02.jpg

「ありがとう。大切にする。」
とても喜んでいるナギが凄く可愛い。そういえばハヤテからナギへのちゃんとしたプレゼントって初めてなのかな。バレンタインとかはありましたけど。

そんなナギの仕草も束の間、元通りプレゼントについて追求するナギ。
「ごまかしきれなかった。」
って…ごまかすためのプレゼントだったのか(´Д`;)


その修羅場をどうやって切り抜けたのか、マリアさんと二人になっているハヤテ。マリアさんが「桂さん」でなく「ヒナギクさん」と呼んでいる事に少し違和感。あのエレベーター事件で何かが変わった?

マリアさんの誕生日を尋ねるハヤテですが、うまくはぐらかされてしまいます。17歳でメイドさんをやっているって事はそりゃあ事情が色々あります。ハヤテはマリアさんが13歳で白皇を卒業した事を知らないんでした。

そして地雷を踏んだハヤテの元に現れたのは神父リィン・レジオスター―――シラヌイ=神父説ここに破綻―――でした。
神父はどうやらハヤテの心を読む能力があるようです。
心なしか神父も若くなってるのは気のせいですよね?あと、ロシアンルーレット、断頭台ときたら日本人なら切腹だと思います><;


マリアさんを探すハヤテの元に現れたのは

hayate_89_01.jpg

ゴートゥDMC!ゴートゥDMC!(ry
ちなみにDMCはデトロイト・マリア・シティと読みます。クラウザー様のように人には言えない過去があるから「秘密を知るのは危険」なのです。

「私はナギに感謝している。メイドにならなければこの世全ての悪になっていたから…」

そういえば畑先生は昔BSで
どちらにしてもタマはそのうち地獄を見るかな……
と仰ってましたが(該当BS)、地獄のテロリストであるクラウザー様になって地獄を見てきたとかそういうオチじゃないですよね?
SATSUGAIせよSATSUGAIせよ言ってたであろうタマがSATSUGAIされて先に進む。


そこにマリアさんの悲鳴が!

hayate_89_03.jpg

抱きついてる!あのマリアさんが取り乱すなんて、一体何が!?
1巻のマリアさんプロフィールによれば、マリアさんの苦手なものはただ一つ、「台所等にいる黒い生命体」…ゴキブリかっ!


そんな訳でシラヌイがくわえているゴキブリをハヤテが退治します。
ところで、次のコマでもマリアさんは抱きついたままなのですが、ハヤテはマリアさんに抱きつかれたままで退治したんでしょうか。その方が怖いと思うんですが…マリアさん恐るべし。

あと、猫は獲った獲物を主に自慢したいそうですが、既にシラヌイの主はヒナギク→ハヤテ→ナギを経てマリアさんになっているわけですな。シラヌイ、どんなしつけをされるか覚悟しておいた方がいいぞ


◇マリアさんの過去

「ははは。別に聞いちゃいけないってわけじゃないんです。」

空笑いするマリアさん…突然シリアス展開に移行ですか!?
誕生日も、両親の顔も、自分の本当の名前も知らないマリアさん。戸籍上は12月24日生まれの本名「マリア」なんでしょうかね。

泣いたふりをするマリアさんに、「マッフィー」のぬいぐるみをプレゼントするハヤテ。

hayate_89_04.jpg

やばい…マリアさんが…すごく可愛い…
「ハヤテ君が初めてくれたプレゼント」ハヤテからのバレンタインチョコはプレゼントには入らないんですかね。


しかしプレゼントを貰っておきながら直後に12月24日のプレゼントの催促をするとはなかなかに図々しいですねマリアさん
それでもハヤテは「まかせてください!!」と答えます。

「12月24日のクリスマスイブには………もっとステキな何かを、必ずマリアさんにプレゼントしてみせます!!」


その直後の虚ろな表情は、一体何を心に思い描いていたのか。

hayate_89_05.jpg

月光の射す三千院家の庭で、交わされた二人の約束。
マリアさんがメインヒロインたる風格を漂わせ始めました。


新たな伏線を作り、ハヤテのごとく!の世界はもうじき3月を迎えます。


◇マリアさん年表

今回、マリアさんが拾われた場所の絵がありましたが、もちろんイメージ図に過ぎないとはいえ、生後ほとんど間もない頃のようです。
これにより、前から考えていた「数歳の時に拾われたため、年齢が実年齢とずれている」というマリアさん2X歳論が使えなくなってしまったんですが、まあそれは置いといて。

これから少しずつマリアさんの過去が明かされていくという事で、現時点で判明しているマリアさんの過去をまとめて大まかな年表を作ってみました。
あまり細かく調べてはいないので間違いなどあったらご指摘ください。

・0歳:マリア像の前で三千院帝に拾われる。*1

(0歳~4歳):クラウスと知り合う。*2

・4歳:ナギ誕生。

・10歳:日本に住み始める。*3
・10歳:白皇学院入学。*4

(12歳~14歳頃?):ナギの両親が事故で他界。

・13歳:白皇学院卒業。

・17歳?:ハヤテとの出会い。
・17歳?:ハヤテとの約束を交わす。

*1:マリアさんはナギの両親ではなくおじいさま(=三千院帝)に拾われたと言う事が67話(7巻4話)にて明らかになっています。

*2:ナギよりマリアさんとの付き合いのほうが長いクラウス(1巻プロフィール)。でもマリアさんには懐かれていない様子。

*3:ナギは「私もマリアも日本で暮らしてた期間の方が短いからな。」と言っているので、ナギが13歳である事と、白皇学院が日本にある事から、ほぼこの時期であると考えて良さそうです。入学は編入かも。

*4:おそらく同時期にナギも白皇に入学したものと思われます。41話(4巻10話)で、ナギは「6・3・3で通いたくないから」飛び級したので、小等部から通っていたと考えるのが自然ですし、一応義務教育ですし。


何やら物語において物凄く重要な立ち位置と過去がある様子のマリアさん。この過去の話に、きっと何かしらハヤテと接点があるのではないかなと思います。
それ以前に、2005年のクリスマスイブまで物語が進むのは何年後になるやら…

------------------------------

マッフィーは地獄から来た暗殺者狙って買った説もあり。マッフィーはきっとデトロイト・マリア・シティの住人なのです。

≪関連≫

畑先生バックステージ
マリアさんネタキャラ化の要因が人気取りだったとはw
17歳ネタもそのテコ入れの一環?…な訳ないですよね

ハヤテのごとく!カレンダー(ついでにパロディ元ネタ解析)
当ブログの過去のハヤテ記事はこちらから

ハヤテのごとく! 7 (7)

| ハヤテのごとく! | 21:57 | comments:9 | trackbacks:8 | EDIT

最近読んだ漫画:鋼の錬金術師(14)

鋼の錬金術師(14)

満を持して発売した「鋼の錬金術師」の最新巻。
初回限定特装版の特典は「鋼の錬金術師 ラフ画集」。
12巻以降はすっかりロゴが金色になってます。限定版良いね。
どこぞの魔法先生みたいに表紙の下がカットされないのは良いです(ぁ

ラフ画集も、4コマのときに比べれば少し劣るとはいえ、
コメントがさりげなく面白かったのでよし。

で、本編。

≫ Read More

| 漫画レビュー | 23:58 | comments:3 | trackbacks:1 | EDIT

「悪の女王」アーたん…SMプレイですか!?

今週は非常に内容が濃い話でしたね。
ヒナ・いいんちょ・西沢さんが一同に介するなんて最高です。
そして謎の新キャラも登場…新キャラ、だよね?


◇怒りの生徒会長

今週は先週の続きから。ゴニョゴニョしている西沢さんが可愛いです。ハヤテが出会いを覚えていたことがよほど嬉しい様子。
その後、生徒会三人勢とともにヒナへのプレゼントを買いに行くことに。

その頃白皇学院では日曜を使って補習が行われていました。薫先生の補習を手伝うヒナ…生徒にも慕われてますし、本当完璧な生徒会長ですね。
ハヤテも薫先生も生徒会三人は一括りで「瀬川(さん)たち」。とりあえず生徒会勢はいいんちょイメージが強いようです。そりゃそうだけど。


ヒナは帰路でいいんちょたちを発見。すかさずスネークばりに隠れます。

「僕、可愛いぬいぐるみとかいいと思ったんですよ。」

hayate_88_01.jpg

えー?えー?可愛いぬいぐるみってー?ちょっと嬉しいかも…

ぬいぐるみに期待するヒナが超可愛い
少し興奮している様子がもうたまりません。やっぱり完璧生徒会長といえど女の子ですもん。今週のNo.1コマですね。


しかしそこから怒涛のヒナ攻撃がスタート。ヒナが弄られ役になるとはまた珍しい。「トゲでケガ」「ムリ」「特攻服は似合いそう」とか多分全部花菱さんです。ヒナを弄れる貴重なキャラ。

そして怒れるヒナの擬音「ピキッ」「ヒクヒク」「ワナワナ」。ヒナが弄られる事自体作中では少ないんですが、弄られるヒナも最高ですね。ビバヒナ祭り。


ハヤテ達と二手に別れ探すことになり、ヒナに見つかっていることに気づいてしまういいんちょたち。
70話で「ヒナちゃんにいいつける。」事を「大変なこと」として挙げていましたが、今リアルタイムで大変なことになりそうです。
反応も三者三様。

hayate_88_02.jpg

血の気が引いている朝風さんは、ヒナに対しどれくらい後ろめたいことがあるんでしょうか。きっと生徒会で、ヒナの恐ろしさを常に味わってるんでしょう。
生徒会勢から恐れられるヒナ…そんなヒナが大好きです。


◇約束された勝利の剣

デートのような状況に心ときめく西沢さん。扉絵もそうですが、西沢さんの眼の書き方が少し変わった気がします。
この幸せをしっかり味わう西沢さんですが、幸せの後にオチがつく、と考えているあたりにハヤテとの共通点が垣間見えます(64話)。

hayate_88_03.jpg

「たっは~」て。西沢さん可愛いなぁ(*´∀`*)
ソフトクリームを食べるなんてデートそのものじゃないですか。良かったね、西沢さん(ノД`)


しかし一番気まずくなる話題を自ら持ち出してしまうハヤテ。この辺の凄まじいデリカシーのなさがあってこそ今のような状況になっている訳ですが…やはり気まずくなると「ハムスターは にげだした!」

その一部始終を見ていた生徒会役員たち。朝風さんの「やはり男がスキなのか?」の「やはり」から察するに、生徒会メンバーのハヤテの印象は

・女の子っぽい
・いじめられるのがスキ
・男がスキ

流石ハヤテです。


むしろ「オレのエクスカリバーが~って…」の部分が気になります。朝風さんの一人称は「私」で、「男がスキ」ネタの中で使われていること、キャンディの模様から…って分析するまでもなく。

個人的には、元ネタがこれであるという説を推したいです。台詞が微妙に違いますが。
朝風さんからBL(ベーコンレタス)のにおいがプンプンするぜーっ!特集直後にこれだけ出番と台詞があるとは皮肉なものです。


◇恋愛成立の条件

西沢さんの告白を初めて断った後のハヤテの自問自答(38話冒頭)は「今は女の子と付き合う資格なんてないし」という意味深な台詞でした。
それは「借金があるから」だとおぼろげに予想はしていましたが、今回その台詞の詳細が明らかにされました。

「だって僕には…女の子を養う甲斐性がないから…」

どうして?と凄く切ない表情で聞いたヒナの顔が一瞬にして曇っていきます。そこまでおかしい理由でもない気はしますが、気が早すぎかな。
甲斐性とは「働きや才覚があり、生活力に富んだ頼りになる気質」のこと。生活力だけなら余りあるであろうハヤテですが、やはり借金が尾ひれを引いているようです。

「前の彼女に言われたんです!!」

めちゃくちゃ驚くご一行。朝風さん以外の3人は目を見開くほどの過剰反応。幼稚園の頃の話とはいえ、確かにハヤテは「前の彼女」と言いました。

「16年間、恋人がいないダメダメな人生を送っている僕ですから」(67話)

ハヤテの「彼女」という言い回しがニュアンスが違うんだろうとは思いますが、やはり矛盾を感じた人は多い筈。BSを読んでみたら矛盾は承知だったようですが…この矛盾について追求しても意味が無いので先に進みます。


語られるハヤテと「アーたん」の過去。

hayate_88_04.jpg

パワフルです。ハヤテとのやり取りが凄く見てて微笑ましいです。これは久々に期待の持てる新キャラではないでしょうか。
ヒナ曰く、アーたんは悪の女王らしいですが…

・アーたんは悪の女王で暴力的。
・ハヤテはMでいじめられるのがスキ。

SMプレイですか!?

いやはや、凄い設定ですね。感服しました。


そして、嫌われているわけじゃないことを知り安心する西沢さん。今まで報われなかった西沢さんが、ちょっと報われた瞬間。

最後のコマはやはり三千院家。「お~そいな~♪」とハヤテを待つナギと、「心配しなくても、帰りが遅い時は大変なことに巻き込まれている時ですよ。」と言うマリアさん。
大変なことに巻き込まれているなら心配してあげましょうよ…。まあ、そんな大変なことではない気がしますが。


◇白皇学院の悪の女王

今まで全く明かされることがなかった設定、ハヤテの幼少時の「彼女」、アーたん。まだ正体は明かされていないようですが、BSにて少しアーたんについて語られています。

畑先生がBSで仰っている「ヒナギクの台詞から」というのは、ヒナの「悪の女王みたいな女のせいで」という台詞の事でしょう。ヒナ初登場話のBSに書かれている
まぁ彼女が正義の味方なら
当然、悪の女王もいるわけで……(笑)
そのうち出てくる……はずです……多分……
の部分に該当する「悪の女王」がアーたんなのではないか、と推測できます。

また、同BSにおけるヒナの解説文によると
高校一年生でありながら
白皇学院高等部の生徒会長を務める少女であり
学院のアイドルであり、正義の味方。
と、「学院の」正義の味方であるため、「悪の女王」も白皇学院にいる可能性が高いでしょう。
色々な推測が飛び交っていますが、まあ新キャラでしょうね。「マリさん」説もありましたがそれはそれで面白いw 「理事長」説もアホ毛しか根拠が無いのでやはり新キャラでしょう。


かつて少年にとって神そのものだったらしいですから、アーたんが不機嫌になると何か変なのが暴れだしたりしそうです。もしくは、髪のあのアホ毛に触れたら最後、ひたすらハンバーガーを貪りだすとか。

…ハヤテとのSMプレイも、アリと言えばアリなんじゃないかと(ぉ


◇複雑化する恋愛模様

今回の「甲斐性話」はギャグで流せるかというとそうでもないというか、「ラブ」部分にも深く関わってくる話だと思うんですよね。

ナギサイドでは、ナギ・マリアさん共に、ハヤテとアーたんの話は知らないので、ナギの恋愛が成就しないもう一つの理由はマリアさんすら知らない事になります。アーたんとナギが知り合いであるという可能性もありますが…

それに対し西沢さんサイド。西沢さん・ヒナ共に、ハヤテとアーたんの話を聞いているので、甲斐性話が解決しない限りは、ハヤテが恋愛するのは難しいという事を知っています。


まあ結局、恋愛成立へのハードルが高くなっただけで、当分は(少なくともGWまでは)現状維持になりそう。
ハヤテと他キャラとの「ラブ」部分が進むためには、甲斐性の話についてハヤテが納得する事が必要となり、そのためにはアーたんの登場が必要です。

個人的な予想としては100話あたりで出してくるのではないかなぁと思うのですが、どうでしょうか。ナギの漫画を2周年記念・多分巻頭カラーでやるほどの勇気が畑先生にあるとは思えませんしw

ますます複雑になる恋愛模様。お嬢さまも厄介な男を好きになってしまったものです…勘違いが根幹にあるとはいえ。

-------------------------------

アーたん…アータン…アーダン…一人クリア…?

≪関連≫

畑先生バックステージ
前回の新キャラであるところのシスターはあまり人気が無いようですが、アーたんは既にかなり話題になってますし、早めの登場を希望します。

ハヤテのごとく!カレンダー(ついでにパロディ元ネタ解析)
当ブログの過去のハヤテ記事はこちらから

ハヤテのごとく! 7 (7)

| ハヤテのごとく! | 21:46 | comments:8 | trackbacks:7 | EDIT

「さよなら絶望先生」木津千里は神鳴流の剣士だった?

今週(既に先週)の「さよなら絶望先生」はタイミングの話。
確かにタイミングによって効果が変わるのはよくある事です。
ジャンプが土曜に出る事を知らなかったせいで、
いつも巡回しているサイトの記事がネタバレになりましたし(ぁ

TPOにより効果が20倍30倍にもなる素敵なタイミングがあるのです!

・話を明るくするいいんちょのありがたさ +20倍
・たまに出るリカのありがたさ +15倍
・31人の生徒が出てくる漫画のパンチラの価値 +1.1倍
・パロディ漫画に出てきたタカヤネタの面白さ +30倍
・眼鏡を外した長門の素晴らしさ +40倍
・ライブの話の直後に出る劇中歌集の売れ行きと話題性 +20倍

しかし、プラスがあればマイナスもあるのがタイミング。
同じ言動だとしても謂れもない何倍ものマイナスポイントを与えられることもあるのです!

・毎週休載している漫画がやっぱり休載した時のムカツキ度 -1.1倍
・みくるが着替えている時に本を棚に戻す長門のムカツキ度 -10倍
・真面目な野球漫画かと思ったら羽が生えてた時のムカツキ度 -5倍
・某忍者漫画が某休載漫画の念能力判定法をパクった時のムカツキ度 -20倍
・突っ込みどころ満載な漫画で猫が喋ってしまった時のムカツキ度 -15倍
・記事を書いている時のF5ボタンのムカツキ度 -50倍

そして最後は木津千里が絶望先生を呪うというオチですが…

zetubou_200632.jpg

そういえばこれは「ネギま!」で最近出てきた葛葉刀子の目と似ています。

negima_200630.jpg

この目はどうやら「神鳴流の剣士が怒った時の眼」らしいです。
ということは、木津千里は神鳴流の剣士ってことですね。
流石久米田先生。赤松先生に対抗心を燃やしてます(ぇ

今まで木津千里が暴れて終わるオチは何度かありましたが、
暴れて惨事を引き起こすだけの強さにはこんな理由があったのですね。

つまり、登場するタイミングにより効果が20倍30倍にもなるのです!
・絶望先生のオチとしての木津千里の使いやすさ +10倍
・葛葉刀子が出た直後の木津千里の変貌ネタのタイミングの良さ +30倍
・ジャンプネタが思いつかないときの絶望先生ネタのありがたさ +50倍

さよなら絶望先生(4)
魔法先生ネギま!(14)

| サンデー・マガジン | 18:42 | comments:3 | trackbacks:1 | EDIT

実は巫女さんな風紀委員、朝風さん特集!

本日7月13日は、生徒会役員の風紀委員ブラック、朝風理沙の誕生日です。
単行本を買っていない方は、今週の話を読んで初めて名前を知ったかもしれないレベルの出番の少なさであるこのキャラの認知度を、少しでも上げるため、全力で特集したいと思います!

…そう、全力で。


◇朝風さんの出番

まずは以下のリストをご覧ください。

(まぁ確かに…不細工ではないけど…)
「それ以前に名前なんだっけ?」
「ミナミハルオでございます。」
「すまん、朝風理沙だ。」
「その通りだハヤ太君。」
「我々をあなどるなよハヤ太君。」
「「よほどの事」で落第しそうなくらいにな!!」
「できるわけがない。」
「結論としてヒナのタテブエは今頃、ハヤ太君のものだ。」
「中辛で」
「しかも最近では迷い込んだら二度と生きては出られないという噂…」
「ちなみにコースは白皇の敷地一周だからかなり長いけど、」
「さらに敵か味方か!?風紀委員ブラック!!」
「ザ・生徒会役員!!」
「ま、ハヤ太君には特別に今、空いている黄土色の称号を…」
「7月13日だ。」
「私は朝風理沙だ。歩君。」
「追わないのか?」

このリストは朝風理沙の台詞を引用したものです。「朝風さんの発言と思われるもの」を抜き出したので微妙にズレはあるかと思いますが、せいぜい18個前後。これが朝風さんのほとんど全台詞です。

ザ・生徒会役員のブラックを担当する朝風さん。確かにブラックな雰囲気のする彼女ですが、ブラックさではマリアさんを超えることは出来ません。何故かいいんちょ・花菱さんの2名に比べ出番も台詞も圧倒的に少ないのも彼女。

登場回数もサラっと適当に調べてみたところ、41・44・45・53・70・77・86・87の合計8話でしか登場せず、その登場コマ数の合計は3・12・5・3・3・1・4・6で合計37コマ。とにかく生徒会の中ではぶっちぎりに出番が少ないのです。(参考までに、70話だけでいいんちょの登場コマ数が41個です)

6巻発売時のBSでは、

あと巻末の人物紹介についてですが
美希だけが一ページで後の二人が半ページとなっていますが
本当は一人一ページ割り振るつもりでした。

でも、どうしてもページが増やせなかったので泉と理沙は
半ページになってしまいました。
一人一ページで割り振れなくて残念……
役割の大きさは同じはずなのに……

と、ここまで出番と役割に差があるように見えるにも関わらず、朝風さんと花菱・瀬川両名の役割の大きさは同じとのコメントが。

そして、6巻巻末のプロフィールでは、

ほとんど出番も台詞もないキャラの説明というのも
ちょっと気が引ける
のですが
三人でひとまとめみたいな部分も多々あるので一応解説を……

と、ちょっと本音を暴露しちゃった感じ。
BSでの内容と微妙に矛盾がありますが、出番や台詞の数を調査した事からも多分単行本の方が正しいかと。
畑先生が「いつか活躍する機会もあるはず」のような事を書いているキャラはやっぱりほとんど活躍する機会がない法則。


そんなある意味マリアさんよりも報われないキャラである朝風さん。まあ、メインヒロインとモブキャラの「報われない」度を比較するのがそもそもの間違いであるという説もありますが…

黒髪に赤目という、髪の色がある意味異常なハヤテ世界においてかなり現実に近いキャラである朝風さんですが、一応結構な神社の巫女さんらしいです。キャラ立ち的には龍宮みたいな狙撃主が似合いそうですが、今後の彼女の出番は、果たして。


◇朝風さんの名シーンベスト1

名前が初めて出たとき「ミナミハルオでございます。」でなかなかノリのいいギャグキャラを演じていた時は、まさかこんな不遇キャラになるとは思いませんでした…。

とりあえず、37コマ中一番いいな、と思ったコマを選定しました。
こちらです!


asakaze_01.jpg
(44話より、左上が朝風さん)

…本当、彼女の出番が増えるといいですね。
畑先生、宜しくお願いします。

という訳で、

朝風さん、誕生日おめでとう!

-------------------------------

さて、次回の特集は9/9の花菱さんの予定で、
気づけばザ・生徒会役員3連続特集となるみたいです。凄い偶然。

≪関連≫

スパッツを巧みに操るMキャラ、いいんちょ特集!
ドジッ娘メイド、サキさん特集
とっとこ走るよハム沢さん特集…なのかな?
咲き誇る事夜桜のごとく! 咲夜特集
今日は楽しいヒナ祭り! ヒナギク特集
バーチャルマンガ黒メイドマリアさん17歳

| ハヤテのごとく! | 22:37 | comments:5 | trackbacks:2 | EDIT

マリアさん、寄せて上げるブラ疑惑

2週連続でタイトルがマリアさんネタで申し訳ないw
今週の「ハヤテのごとく!」は久々の巻頭カラー。

しかし巻頭カラーにもかかわらずページ数は通常の16Pなので、
扉絵が多い分いつもより少なく感じました。
冒頭の扉絵を除いた2ページだけが過去話のようです。
西沢さんのお弁当エピソード読みたかったのですが、まあそれは次に期待。


◇切り取られた夏

表紙は切り取られたように夏、海。表紙はナギとハヤテですが…作中で海に行くのはいつになるやら…と書こうとして、先週も行っていたのに気がつきました(ぉ
扉絵「執事の夏がやってくる!」…作中ではまだ2月ですけども。やっぱり切り取ったようにここだけ夏の扉絵には、ハヤテ達が「秋葉原駅」の近くにいる様子が描かれています。ミコノス島のようにタイムスリップしたんですかね。

というか、マリアさんが私服です。凄く新鮮です。
信じられません…あのマリアさんが…17歳に見える…!

そうそう、バックステージによると
ちなみに胸の大きさがコロコロ変わるとよく言われますが
世の中には何かを
寄せて上げる物があったりなかったりなのですよ。
との事ですが…

hayate_87_01..jpg

まさかマリアさんが寄せて上げる物をつけているとは…。
あと、さりげなくサクは、微妙にパンツが見えてます。あざといです。

でも、サクに寄せて上げる物は見当たらず。
まあ、サクの初めてのまともなカラーですから…!

そして夏でも和服な伊澄と夏でも執事服なハヤテ…本当、季節感のない人たちです。


◇ハヤテと西沢さんの出会い

MTBに乗って颯爽と走る西沢さん…クラス分けの前のようなので、高校の入学式へ行く途中だと思うんですが、鞄も持たずに、MTBで疾走とは、なかなかにアクティブなんですね。
死を覚悟した西沢さんは、気がついてみるとハヤテに抱っこされてました。

hayate_87_02.jpg

ハヤテが胸を触っているかどうかなんてもはやどうでもよく、
ただただカラーの西沢さんの制服姿に見惚れるばかりでした。

MTBに乗っていたはずの西沢さん。MTBはガードレールにぶつかり、ガードレールを凹ませているのに、どのようにしてあのようにハヤテに止めてもらったのか不思議ですが、そもそもハヤテがどこから現れたやら。
何はともあれなかなかに運命的な出会いです。そんな二人の出会いを夢に見た西沢さん。ハヤテを夢で見ることが出来てご満悦の表情。

hayate_87_03.jpg

この西沢さんがツボでした。
というか髪をほどいた西沢さん可愛いよ西沢さん。


◇ヒナギクの欲しいもの


マリアさんの欲しいものは「引きこもり」とか「ニート」の新しいイケてる呼び名だそうですが、この台詞を流し読みしてはいけません。
マリアさんは、将来のナギのためにイケてる呼び名を考えてあげているのではないでしょうか。実に献身的ですね。

でも、ハヤテに「今時の女の子」として頼られたマリアさん。これはハヤテの中でのマリアさんの年齢が徐々に下がっている兆候ではないでしょうか…!

ハヤテ「マリアさんでもそういうのに興味が…?」

あ、いえ、読み間違いでした。
でも、今週のマリアさんは可愛かったです。

「「でも」ってなんですか?「でも」って…」
「もぉ…私だって女の子なんですからね~…」


やはりこういうやり取りこそマリアさんらしいと思えます(ぁ


とりあえず服を探してみるハヤテ。なかなかのキャミソールを見つけ、店員さんに値段を聞いて諦めます。とりあえず試着してみたらいいと思うんですけどね。ハヤテが。

ヒナギクにあげる物としてはぬいぐるみは案外良さそうかも。セイバーみたいに案外可愛いもの好きそうですし、ヒナギクの部屋にも、窓際やテレビの上にいくつかぬいぐるみが置かれています。

そしてこんな時、相談できる女友達でもいればな~…と考えているハヤテに、やっぱりタイミングよくばったり会う西沢さん。二人の出会いは運命様から決められてたんですよ、きっと。


◇生徒会勢と西沢さんの出会い

「原秀則先生のまんがみたいな」
と言われても、原秀則先生のまんがを「電車男」しか読んだ事ないので何ともいえません。

という訳でタイミングばっちりに現れた生徒会三人。ヒナの誕生日プレゼントを買いに来たと知るや否や、早速自分たちの誕生日をアピールします。
ちょうど朝風理沙の誕生日が明日という事で、朝風さんに関する特集やるつもりなんですけども、何をやりましょうね。

hayate_87_04.jpg

「全員ハヤ太君の愛人で…」
いいんちょかわいいよいいんちょ。「や~ん」て。

そんな訳で西沢さんと生徒会三人の繋がりがここで出来た事になり、GWのミニ外伝へ向けての最低限の伏線は回収(本当はこれがGWへの伏線ですが、順序が逆なので)。
まあそのGWまで作中であと2ヶ月、現実ではあと1年くらい先の話だと思いますし、これからも着々と伏線を仕込んだり回収したりするのではないでしょうか。


◇空を裂く自転車

バレンタインの告白以降、ハヤテとばったり出会うとどうしても逃げ出してしまう西沢さん。
そりゃあ告白して、「断られるのは分かってるけど諦めたくない」西沢さんと「どう対応すればいいのか悩んでる」ハヤテじゃ気まずいのも当然です。

そしてやっぱりブレーキが壊れている西沢さんの自転車。ブレーキが壊れてるなら止まるのを諦めたらいいんじゃないですかね。気が付けば、ヒナ初登場話で、ハヤテがヒナギクを受け止めようとした時と殆ど同じ構図ですね。

hayate_87_05.jpg

ヒナと西沢さんの立ち位置とかを考えた意図的なものなのか、それとも意図的ではあるけれど深い意味はないのか、偶然なのかは分かりませんが。

ハヤテが西沢さんと初めて会った時の事を覚えている事に喜ぶ西沢さん。まあ、これだけ衝撃的な出会いならそりゃあ覚えてる気もしますが、ハヤテならもっと衝撃的な高校生活を送っていたと思うので、やっぱり喜んでいい出来事なのかもしれません。


最後、ナギはやっぱりレア物の同人誌が欲しいとのこと。レア物の同人誌といえば、少し前に2chでヤフオクに畑先生の同人誌が出てるとかで話題になってました。
本物なのか気になる所ではありますが、入手して確認する術もなし。本物だとすれば、これこそレア物の同人誌です。

まあ、個人的にはこれよりも「ライフセイバーズ」読みたいんですけどね(ノД`)

今週からはヒナの誕生日へ向けたという事で、来週はハヤテと西沢さんが二人でヒナへのプレゼントを選ぶ!みたいな展開になってくれないかなあヾ(*´∀`*)ノ

------------------------------

おかげさまで昨日、100万ヒットを達成致しました!

いつも当ブログの記事を取り上げてくださっている皆様。
このブログへリンクしてくださっている皆様。
そして何より、このブログを見に来てくれている閲覧者の皆様。
本当にありがとうございます!
そして、これからもどうぞ宜しくお願い致します。

まあ、特に企画とかは考えていないんですけども…
あ、何かやって欲しい事あれば遠慮なく言ってくださいませ(他力本願

≪関連≫

畑先生バックステージ
マリアさんの私服は凄く若々しかったですよ。
でも逆に言えば、私服じゃないと17歳に見えないんですね(ノД`)

ハヤテのごとく!カレンダー(ついでにパロディ元ネタ解析)
当ブログの過去のハヤテ記事はこちらから

ハヤテのごとく! 7 (7)

| ハヤテのごとく! | 22:11 | comments:19 | trackbacks:10 | EDIT

ツギハギだらけの物語

連載開始時から「ワンピに似てる」と言われ、
最初は独自の設定をどう生かしていくかなどと少しは期待されたものの
特に盛り上がる事もなく掲載順は徐々に降下し、
ついに今週のジャンプ32号で「ツギハギ漂流作家」が打ち切られました。


少しこの作品を紹介しようと思ったんですが、
先日発売した単行本第1巻のAmazonに素晴らしいレビューがあったので、
そちらを引用させていただきますと
この作品は、最近流行の『コラボレーション』を取り入れた画期的な漫画だ。
例えば、ニンテンドーDSで『ジャンプスーパースターズ』が発売されたのは記憶に新しい。
では、あれを漫画の中でもやったら、どうなるだろう?
あの有名ヒーローやヒロインが、あたかも一堂に会したような漫画があったら……?
そんな夢を擬似的に叶えてくれたのが、この『ツギハギ漂流作家』なのだ。
例えば、主人公はONE PIECEのルフィに、相棒はサンジに、上司はナミに似ている。
また、敵役にはNARUTOの我愛羅、大蛇丸が見事にインスパイヤされているし、
脇を固める人物も、、H×Hのシズク、ムヒョの今井さん、謎の村雨くんなどが導入されているのだ。
さらには、ドラゴンボールのコラボとして『フュージョン』も健在だ。
ONE PIECEの道化のバギーとウソップが融合したような人物が仲間になるサプライズ!
まさに、古今東西の漫画作品を『ツギハギ』して作られた、ジャンプ読者必読の書!
実に的確なレビューです。
これこそ、この漫画が「ツギハギ」たる所以なのです。
まあ評価は5点満点中1点ですけどね。


同時期連載開始の「メゾン・ド・ペンギン」とはいつの間にか大差が。
今週の「銀魂」でもネタになっていましたが、
正直「ペンギン」の方が先に終わると思ってました。
流石ジャンプ、先の読めない展開です。

そして、やはり先の読めない「ツギハギ漂流作家」の最終回は、
犬好きと猫好きが殺し合うという、実にオリジナル要素満載な展開でした。

鶏をごちそうするという話を自分が殺されると勘違いし恩人を殺したりと、
要所要所で素晴らしい感動ストーリーを挿入。
ツギハギながらも少しずつファンを集めていたのかもしれません。
ファン層の9割は後期「タカヤ」と被りますが。


そんな「ツギハギ」の作者、西先生の巻末コメントは以下の通り。

「短い間でしたが読んでくれた方々本当にありがとう!!いつか漫画家と名乗りたい<公平>」

どうやら漫画家じゃないのに連載していたようです。
そりゃあ打ち切られるのもしょうがないじゃないですか。
今度はツギハギだらけじゃない漫画になるといいですね。


一方、他作品の名シーンをツギハギして人気を集める作品もあります。
そう、「太臓もて王サーガ」です。
同じツギハギなのに、一体どこが間違っていたんでしょうね。
多分主人公がルフィだったあたりからそもそもの間違いでした。

そんな今週の「太臓もて王サーガ」。
先週の次回予告に「さらなるTo LOVEるを巻き起こす」とありましたが、
本当に「To LOVEる」ネタを投入してきました。

taizou_200632.jpg

来ました触手ネタ。
まあパロにするならこれほどインパクトの強いシーンは無いでしょうが、
阿久津が触手ネタの対象というのがまた…w


そういえば今週の「To LOVEる」では美柑が11歳だと判明
ララ、春菜に続く第3のヒロインとして登場するには少々厳しいですが、
11歳であの小悪魔っぷりはもう流石としか言いようがありません。

まぁ、つまるところ。

taizou_200632_02.jpg

今、時代は妹なんですよ、きっと。

------------------------------

キョンの妹とか…桂家の妹の方とか…ね?(何

ツギハギ漂流作家(1)
太臓もて王サーガ(3)

| 週刊少年ジャンプ | 21:48 | comments:5 | trackbacks:1 | EDIT

最近読んだ漫画:デスノート12巻、DMC1巻

七夕だしそれに関係した記事を…とも思ったけど、
特に七夕関連のネタがなかったので普通に更新します。

◇DEATH NOTE(12)

DEATH NOTE 12 (12)

満を持して登場したデスノート最終巻。
表紙は月・L・ミサ・メロ・ニアが総登場。
メロがめちゃくちゃセクシーなのは気のせいかw

まあやっぱり第1部の深い深い心理戦から比べると
随分シンプルな最後の戦いだなぁと思ってしまいますが、
最終回記事を書いた後、各所で色々な解釈を読んでいたら、
途中過程はともかくこの終わり方はアリだったのかもとも思いました。

「この物語はこのように結論付けられる」と書かれていますが、
結局、少年漫画にあるべき終わり方だったのかなぁと思います。

月は最後に神になった。

まだまだこれから映画・ゲーム・アニメと楽しめるデスノート。
とりあえず今度まだ見ていなかった映画を見てきます!


デスノート終幕~その全てを振り返る~
◆DEATH NOTE 12巻 最後の考察と13冊目の考察◆
「DEATH NOTE」、完結。


◇デトロイト・メタル・シティ(1)

デトロイト・メタル・シティ 1 (1)

かなり流行に乗り遅れた感がありますが、
書店で初めて見かけたのがデスノを買いに行ったときだったので…。
物凄い大量に積まれてました。大人気ですね。

しかしこの漫画の話題っぷりは凄かった。
各所の記事を見てもどんな漫画か分からない辺りが凄い。
いやあ、実にファックな漫画です。濡れた。

実際、今までになかったタイプのギャグ漫画といえると思います。
ナヨナヨな主人公・根岸が実はクラウザー様の正体という
そのギャップがやはり一番面白い。
ステージに上がると本当に人が変わってるとしか思えません。

デスメタルには詳しくないんですが、雰囲気だけで笑えます。
連載を追ってはいないので、2巻の発売が実に楽しみ。
そんな訳で読んだ後「SATSUGAIせよ!」と言わずにはいられないこの一冊。
まだ読んでいない方は、是非読んでみる事をお勧めします。

とりあえずキーワードは「ファック」と「レイプ」。
この漫画の感想を書くとgooあたりに間違いなく有害サイト扱いされるかとw


ファッキンガム宮殿 ~DETROIT METAL COPY~
地獄から「デトロイト・メタル・シティ」君臨!!
悪魔も濡れる・・・「デトロイト・メタル・シティ」へようこそ!

| 漫画レビュー | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

マリアさんが17歳である事を証明せよ

世の中何もかも信用なりません!
納得できる証明を求めます!!

という訳で、今週の「ハヤテのごとく!」。
今週は雪路話。タイトル「プリティーじゃないウーマン」てw
でもその裏にマリアさんの年齢ネタが見え隠れします…


◇桂家の人々

「桂先生は彼氏とかいないんですか?」

彼氏(エイト)と同棲中の牧村さん。
しかし、彼氏が優しすぎて物足りない様子。
そんな訳でそういう経験が豊富そうな雪路に相談したようです。

彼氏彼女についての相談を、恋愛経験ゼロの人に聞く…
67話のハヤテとマリアさんに状況が酷似しています。
今週は雪路話が表向きですが、実は裏の主役はマリアさんのようですね。

「今だって、アッシー、メッシー、ドレイドン。…」

言葉の意味が判らないお子さんな僕は、
お父さんお母さんには聞かずググってみました。
ほら、タマも「人に聞く前にググれ」と言ってますし。

アッシー→車で送迎させるための男
メッシー→食事を奢らせるための男

………ドレイドン………?

ドレイドンって何ですか?
チャーリー・ドレイドンっていうのしか出てこなかったんですけど。
小学生はおろか大学生くらいでも分からない人が多い気がします。


白皇学院の男子生徒にとってまさに高嶺の花であるヒナギク。
そういえば雪路とヒナって姉妹なんだった…。
そのヒナと同じ血が流れているのに男が寄ってこないことを不満に思い、
三千院家に「社交会はいつなの?」と聞きにいきます。

そこに現れたのは…なんとクラウス

とらのあな編終了後、「クラウスの落ち度だ。」と言われて以来、
完全に消息を絶っていたクラウスが登場しました。
VIP STARを歌った後、MOTHER3に出演し殉職したかと思っていたのに…


そんな訳で夜、社交会が開かれることになった模様。
ずいぶん急ですが、本当に人は集まるんでしょうか。

「やっぱ年頃の女の子には彼氏の一人くらいいないとねー!!

hayate_86_01.jpg

突然上の空になったマリアさんが紅茶をこぼしています。
雪路(28)が年頃ならマリアさんもきっと年頃に違いありません。


そんなマリアさんに更なる追撃を与えたのはナギ。

「恋人が欲しいというより、恋がしたいという…年寄りのあせりだろ?」

hayate_86_02.jpg

年寄り、という言葉に敏感に反応し動揺するマリアさん。
露骨に年齢を気にするキャラを出してきています。
いっそマリアさんの年齢がらみで1話やったらいいと思います。

畑先生への質問に
「マリアさんの本当の年齢を教えてください」とか
「マリアさんは本当に17歳なんですか?」とか送った方(主に俺)、
回答が無かったのはネタにするつもりだったからかもしれませんよ?


その後薫先生のところへ男と女のラブについて聞きにいく雪路。
2次元ジゴロらしい薫先生ですが…薫先生→雪路フラグ発生。
別にそんな網目のようにあちこちにフラグを作らなくても。

でも4巻の中表紙みたいな雪路なら惚れるのも分からなくはない…かも。


◇生徒会の人々

社交界の心得を生徒会三人組に聞きに行く雪路。
何故か駄菓子屋の前にいるザ・生徒会役員の面々。

ここでいいんちょが出てきたことに喜んだ読者は多いはず。
最近ヒナよりいいんちょに心ときめくのは何故だろう。
少しずつ傾き始める俺の中の勢力図。

「実戦あるのみではないだろうか!」

その頃懐かしの三千万円の屋形車を準備して、
ナギとともに夜のドライブへ行こうとしていたハヤテ。
そこに実にタイミングよく表れる生徒会の人々+雪路。

「愛の告白タイム!!」

何故かいいんちょに告白する事になるハヤテ。
実践あるのみの割に既に破綻し始めてますがいいんちょが可愛いので良し。

顔を真っ赤にしているいいんちょ。
ハヤテに告白される事、まんざらでもないんでしょう、きっと。
そして「僕と…お友達から始めてください!」と、
成就しても関係は変わらなそうな告白をするハヤテ。

hayate_86_03.jpg

「寝言は寝て言え。このビンボー人♥」

!!!!
Mのいいんちょからまさかこんな台詞が出てくるとは…!!
花菱さんたちが驚くのも分かります。

いいんちょからこんな言葉が出てくるんだから、
Sの人もMの人も実に満足な展開ではないでしょうか。
いや、言ってるのは雪路ですけど。

hayate_86_04..jpg
ピーッ

擬音は「ピーッ」です。
流石いいんちょ。可愛すぎます。

普段「桂ちゃん」と呼んでいる雪路を何故か「先生」と呼んでますが、
それより「グレるよ~!!」と言っているいいんちょが最高です。
グレたいいんちょ、凄く見てみたいんですけど。


結局その場はナギとハヤテに丸く収められてしまい、
雪路は彼氏はまだいらないか、という結論に至ったようです。

ハヤテとナギは九十九里浜と思しき場所へドライブ。
今度は初日の出を見ることが出来たんでしょうか。


そして最後は

hayate_86_05..jpg

「彼氏か…」と一人つぶやくマリアさん。
71話の最後「友達……か…」の焼き直しの形になってます。

畑から傍から見ると報われないマリアさんの呟きにしか見えませんが、
きっとこれはマリアさんがハヤテの事を好きになる伏線なんですよ!
年齢ネタはともかく、孤独ネタはマリアさんが可哀想(ノД`)

一応年齢的には牧村さんが同級生なんで
(マリアさんは13歳で卒業してるので、17歳なら牧村さんと同級生)
牧村さんとの絡みとかあってもいいような気もしますが、
22歳で主任って事は牧村さんも飛び級なんですかね。


それに、マリアさんはメインヒロインですから。
メインヒロインの前には数々の困難が立ちふさがるものじゃないですか。
ねぇ、メインヒロイン・マリアさん?

-----------------------------

来週のハヤテは西沢さんとハヤテの出会いの話
巻頭カラーでやるのにぴったりな話だと思います。来週も楽しみです。

マリアさんの過去話も見てみたいなぁ…。

≪関連≫

畑先生バックステージ
アッシーとかは小学生には殆ど伝わってないと思われます…。
個人的にはハヤテの告白実戦のネームも見たかったんですけどねw

ハヤテのごとく!カレンダー(ついでにパロディ元ネタ解析)
当ブログの過去のハヤテ記事はこちらから

ハヤテのごとく! 7 (7)

| ハヤテのごとく! | 21:58 | comments:16 | trackbacks:8 | EDIT

たまには普通に感想でも@ジャンプ31号

多分3ヶ月ぶりくらいの羅列型感想です。
最近ジャンプ感想はとらぶるしか書いてないというか、
実際ここ1ヶ月分は全部とらぶるだったというか。

そういえばDグレがアニメ化だそうですが、
長期休載でストーリーを忘れたせいで最近も読んでないのでなんとも。

◇To LOVEる

ここでまた触手を持ってくるか…w
展開的には特に脱ぐでもなく普通にラブコメしてましたが、
今週も美柑が最高でした。何この小悪魔的妹。

何だかんだで春菜もリト一筋なんですね。
最後にリトをどこかから見ている場面がありましたが、
どんな展開であろうと多分服が脱げるか破れるかだと思います。

◇エム×ゼロ

ただでさえ最近掲載順が低迷しているのに、
センターカラーに愛花を出さないとは何事かw

展開は物凄いドタバタ展開になって参りました。
プール掃除中にアレだけの事が起こっていながら、
やっぱり見せないあたりが流石エムゼロといった感じ。
そんなのよりもっと愛花が見たいんですけど><

◇太臓もて王サーガ

今週は七夕ネタ。
終盤の怒涛のドラゴンボールパロが実に面白かったです。
その気がない者ならはねかえせるはずだ、ってw

そして次回予告に笑った。
「さらなるTo LOVEるを」って、
ついにTo LOVEるネタが仕込まれるのでしょうかw

◇ONE PIECE

このバトル路線でなおギャグを織り交ぜてくるとは。
そして何だかんだでそれが面白い辺りがワンピの人気の秘密。

カク好きだなぁ。キリマンジャロ2回目とか普通に笑いました。
カク登場当時は「これが次の仲間になる奴だよ」とか言ってたんですが、
それが果たして何年前なのか思い出せないほど長いウォーターセブン編。
もう少しひとつひとつの島を短くしてもいいと思うんだ。
ウォーターセブンの一つ前の島みたいに。

◇メゾン・ド・ペンギン

連載開始当初はこれがツギハギより先に終わると思ってたものです。
今でもこれが人気が出るとは意外だと思ってます。
結構面白いネタもあるので何だかんだで悪くないですけどね。

そういえば大仏くんの大胆ブログは今でも時々更新されてる模様。
ツンエロ委員長の大胆ブログのほうが見たいのに!(ぇ

◇アイシールド21

この後の展開を予想してみました。
・選手生命にかかわるわよ
・交代ヨロシク
・左手はそえるだけ…
・よっしゃあああッッTHE ENDォオ!!

◇魔人探偵脳噛ネウロ

「HAL」はダメだよ、もっとぶっ壊れてなきゃネウロの犯人じゃない!
さりげなく弥子を守るネウロ。ツンデレ…とはちょっと違うか。

◇テニスの王子様

分身したり物理法則超越したり超サイヤ人になったりする中で、
今更「無駄のないテニス」って…インパクト薄いです。
でも、見かけに囚われてはいけないんですよね、フリーザさま(ぇ

◇受験戦士一文字解(読み切り)

個人的にはもう少し試験問題に凝って欲しかった。
英語を訳した俺みたいな人のことを考えてください!

| 週刊少年ジャンプ | 21:50 | comments:0 | trackbacks:2 | EDIT

2006年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。