| PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | EDIT

まずは『今』に全力投球。「ロウきゅーぶ!」4巻

ロウきゅーぶ!〈4〉 (電撃文庫)

 既に5巻が出てますが、そんなことは気にせず「ロウきゅーぶ!」4巻の話でも。4巻は強豪・硯谷女学園との合同練習合宿の話。

 前半は相変わらずの展開なんですが、3巻で大活躍だったが最初から登場することで、小学生組とのラブコメとはまた違った面白さが。女子小学生と昴の仲睦まじい関係に嫉妬する葵かわいいよ葵。一つ一つの言動を疑い、誤解を深めてドツボにハマっていく様は、何ともこの作品らしいなあと思いました。
 いやまあ巻全体で見たとき「葵、引っかき回す以外のことほとんどしてないな…」と思ってしまったのは秘密だけどな!1巻をプッシュする時は「ロリ要素は、まあ、無いとは言えないけど、スポコンだよ!」と言ってきましたが、巻が進むにつれ、ロリという素材を生かした話作りにこなれてきたなーという印象です。いやはや。大変おいしくいただきました。

 新キャラ・麻奈佳も可愛いですね。やっぱり女子小学生メインの作品だからこそ、こういう昴の同世代~ちょっと上くらいの女子キャラがいい刺激になっています。昴と似たような境遇でありながら、少女たちのコーチをすることに対する重みが全然違う麻奈佳。昴はそんな彼女から、目標に向かって頑張るのも大切だけれど、『今』を楽しむことも大事なんだということを学びます。


 そして最終章の試合が凄く面白かった…!全力を出さず、斜に構えた態度を取っていた硯谷女学園のエース・未有。麻奈佳は、そんな未有をコートから追い出します。「本気でやってなかっただけ」というのは、本気でやっている人間に対する最大の侮辱。一つ一つの『今』の試合に全力を出さない人間に、コートにいる資格はないのだと。
 先ほどまで凄く優しい先輩だった麻奈佳が冷たく言い放つあたりが凄いインパクトです。もちろんこれも麻奈佳の優しさであることは言うまでもありませんが。今回の巻のテーマともマッチしていますし、智花に対する強力な同世代のライバルを出現させつつも、超強豪校相手に緊迫した試合展開にさせるあたりはもう…!

 最初はそれぞれのチームにおいて試合に対する意気込みにだいぶ熱量差があったわけですが、試合が進むにつれてそんないざこざ・やる気のなさを忘れて目の前の試合に全力投球するあたり、青春と言わずして何と言おうか。
 終わってみれば、ちゃんと親睦を深め、互いに切磋琢磨でき、試合には負けたもののすっきりとした気持ちで合宿を終え、今後への課題を見据えることが出来たという。うーん、構成的にも内容的にもいい話でありました。


 バスケの試合もちゃんとチームとしてのまとまりが出来てきており、その成長スピードは早過ぎるんじゃないかという気はするものの、それはあれだ、1巻でもあった「小学生って最高だな。」って奴ですよ。一人一人がしっかりと自分の役目を果たし、ベストを尽くそうとするあたりは、本当素晴らしかったなあと思います。

 そして昴の鈍さも相変わらず上手くコントロールされていて、だけどそこが相変わらず面白い。葵と昴のドタバタ劇も、この作品のひとつの魅力といえましょう。

 各巻ごとの流れが若干テンプレ化している感は否めないものの、それで安定した面白さを叩き出せているのだしいいんじゃないかな、とも。ただ試合に対するモチベーションによって面白さが左右されてしまうのは事実で、2巻はそういう点で少し物足りなくもありました。
 しかし、そういう意味で言うならば今回の4巻は、1巻に届くんじゃないかというくらいに面白い試合パートでした。こういう熱い試合が今後とも見られることに期待します。

 ああもうとにかく面白かったんだよ!
 2010年、当ブログ一押しの作品は昨年から引き続き「ロウきゅーぶ!」です。オススメ。


これは是非読んでみて欲しい、ガチで面白かった「ロウきゅーぶ!」
葵が王道的幼馴染キャラで最強すぎる「ロウきゅーぶ!」3巻


ロウきゅーぶ!〈4〉 (電撃文庫)
蒼山 サグ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 5695

ロウきゅーぶ! (電撃文庫)
蒼山 サグ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 4001
スポンサーサイト

| 電撃文庫 | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

葵が王道的幼馴染キャラで最強すぎる「ロウきゅーぶ!」3巻

ロウきゅーぶ〈3〉 (電撃文庫)

 今回も…すごく…面白かったです…。

 少女はスポコン、コーチはロリコンというキャッチコピーは本当上手いなあと思うこのシリーズも3巻目に突入。今回は小学生女子と水着でプールという実にあざとい展開に加え、2巻で取って付けたように登場していた昴の幼馴染・荻山葵も大活躍。

 その葵がめっちゃ可愛くてですね。テンプレ的幼馴染可愛いです。そしてその葵に対する昴の反応が鈍すぎるのもお約束です。
 もちろんてぃんくる絵にかかれば高校生である葵も見た目は小学生だ!流石に違和感あったので脳内イメージは「化物語」の神原駿河を小さくした感じで読んでました。顧問教師・美星ですら小学生に見えるレベルなわけでして…。

 そして葵が登場したことで、小学生女子たちのラブコメとしても面白くなってきた感じです。小学生女子たちは昴が高校でどういう人付き合いをしているのかは分からないわけで、そこに葵みたいなキャラが現れたらそら動揺しますわな。そしてこのラブコメの中ひとり無垢なひなたちゃんの株も上がりまくりなんだぜ。こあらあたーっく萌え。


 今回はバスケというよりはプールがメインでしたが、昴を取り合ってのバスケ対決も面白かったですね。1巻のときと比べると、部員たちの成長が見て取れます。この作品はスポコンとかロリコンとかを通して、小学生女子の成長を描く作品なんだ…!

 挿絵も相変わらずあざとい!未だにまともにバスケしている挿絵がないんですが、逆に考えるんだ。アニメ化すれば躍動感がプラスされ最強の作品になると…!

 次回は葵とともに親善試合合宿。「6人」だった慧心学園ロウきゅーぶに加わった「7人目」のキャラによって、さらに面白くなることに期待できそうです。凄く楽しみ!

これは是非読んでみて欲しい、ガチで面白かった「ロウきゅーぶ!」


ロウきゅーぶ〈3〉 (電撃文庫)
蒼山 サグ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 43110

| 電撃文庫 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

ナルミの啖呵に震えた「神様のメモ帳」4巻

神様のメモ帳〈4〉 (電撃文庫)

 自分は昨年「さよならピアノソナタ」を超プッシュしていましたが、その作者・杉井さんの電撃文庫での別シリーズの1つがこの「神様のメモ帳」です。3巻で完結したのかと思っていましたが、まさかの4巻発売&ドラマCD化。これはアニメ化フラグなのでしょうか。

 それはともかくこの「神メモ」4巻がめちゃくちゃ、いやもうくちゃくちゃ面白かったのです。1巻~3巻も面白かったんですが、4巻は別格ですね。素晴らしかった。


 「神様のメモ帳」は、ニート探偵・アリスと、その助手・ナルミを中心とした物語。今回の4巻は、平坂組のもう一人の創始者、平坂が戻ってきた…ということで、四代目と平坂の間に何があったのかを明らかにしていくお話です。

 今回も相変わらずアリスが可愛い。ツンデレの王道を往くアリスですが、今回も冒頭からフルスロットルでしたね。ナルミのことを意識した時のアリスが可愛くてたまらんです。でもそれとは別にニート探偵としてのアリスもまた見所があって、「言葉」の大切さを説くシーンなんかは凄く印象に残りました。

 一方のナルミは不器用ながらも自分なりに何か出来ないかと動いていくんですが、後半ナルミが覚醒したシーンの盛り上がりは異常。4巻の見所はあのシーンに集約されているといっても過言ではないはず。やっぱり普段ヘタレなキャラだからこそ、ここぞという時のカタルシスは大きいです。あれは震えたね。


 「さよならピアノソナタ」は、言葉で伝わらない想いを音楽で伝え、音楽で伝わらない想いを言葉で伝える…というお話でしたが、「神様のメモ帳」では、不確かな想いを確かな形にし、形にならなかった部分を容赦なく切り捨てるものとして言葉が描かれます。この2作品は、それぞれ別のアプローチから「言葉」というものについて描いている、とも言えるかもしれません。

 また、今回作中ではあるガールズバンドと関わっていくことになりますが、そのガールズバンドがさりげなく「さよならピアノソナタ」を仄めかすような描写になっていて嬉しかったですね。色々違っている部分はあるのだけれど、知っている人はニヤリと出来てしまうファンサービス。こういうの好きだなあ。


 「さよならピアノソナタ」もそうですが、杉井さんの書く作品は色々と自分のツボを突いてくるなあと。まだ読んでいない方は是非。オススメです。自分もまだ読んでない杉井さんの作品をこれからチェックしていこうと思っていたり。
 そして10月には「さよならピアノソナタ」の短編集が出るという話で、これはwktkがとまらないぜ。

 余談。読みながら何となくアリスは「みなみけ」の千秋ボイスで再生してたんですが、ドラマCDのCV見たら「けいおん!」のムギの人ですか。ムギによるアリス…想像がつかないぜ。これはあれか、ドラマCDも買うしかないのか…!?


神様のメモ帳〈4〉 (電撃文庫)
杉井 光
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 9529

『神様のメモ帳』ドラマCD
イメージ・アルバム 寿美菜子 阿部敦 本多陽子 高橋研二 間島淳司 岡本信彦 三宅健太 大浦冬華 藤原啓治 佐藤利奈
メロウヘッド (2009-07-08)
売り上げランキング: 15499

| 電撃文庫 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | EDIT

意外な展開に驚いた「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」4巻

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)

 各所で話題となっている「俺妹」4巻です。
 Twitterでは「逆書評」企画なるものが動いておりまして、企画としてもどうなるか興味深いし、Twitterを使う事で見てもらいやすくなったり、ラノベの延長的な話をTwitterで読めたりとなかなか面白い展開になっております。
 せっかくTwitter使ってるんだからもう少し@Replyとか返してくれると面白そうかも。もっと身近な存在になりそうですしね。
 →@kirino_kousaka
 →@kuroneko_daten


 さておき、本編です。
 3巻では主に黒猫側との話が進展した「俺妹」、4巻は短編集的な形を取りながらもしっかり物語が進行する形になっております。2巻こそオチが微妙というかありきたりでアレでしたが、3巻、4巻としっかり面白くなってきてて一安心。

 もともと魅力的なキャラが揃っているだけに、短編集的な形のほうが合うと思っていましたが、それはやっぱりその通りな感じ。まあ2巻もある種短編集的ではありましたが、普通にキャラたちの日常風景を見ているだけで楽しいですよ、この作品は。

 しかし「妹がデレたら終わり」なわけで、長く続けられるシリーズではないので引き延ばしが不安になっていたら最後の最後に予想外の展開。これはなかなかに斬新というか面白そうです。
 ただ、<ネタバレ>ルート分岐をラノベでやろうとしているのは面白いんだけど、結局桐乃ルートになりそうだし、ならなきゃタイトルに偽りアリになってしまうと思うので難しいところ。桐乃ルートを5巻として出して完結させて、他のルート分岐は外伝的に出せばいいんじゃないかな。</ネタバレ>
 いずれにせよ、「終わりどころ」は間違えないでほしいなと思うばかりです。

 あ、ちなみに俺はあやせ派です。俺はあやせ派です。大事な事なので2回言いました。そんな訳で今回の全4話のうち一番面白かったのは最初の話。あやせかわいいよあやせ。これだけ友達思いないい子、そうはいませんよ。いい子かどうかは微妙だけど。5巻以降の活躍に期待せざるを得ない。


 そして今回も相変わらずかんざきひろさんの絵が素晴らしかった。このイラストあってこその「俺妹」だなあと強く思います。

 そんな訳で次回以降どうなるのか楽しみな「俺妹」。5巻は勿論、10月に出るという同じ作者コンビによる「ねこシス」も楽しみです!

隠れオタにとっての友人バレ 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない2」
「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」が面白かった件


俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)
伏見 つかさ
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 47

| 電撃文庫 | 23:18 | comments:0 | trackbacks:0 | EDIT

一気に引きこまれる面白さ「ソードアート・オンライン1 アインクラッド」

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)

 「アクセル・ワールド」で電撃大賞を受賞した川原礫の新作、「ソードアート・オンライン1 アインクラッド」を読みました。昔作者のサイトでWeb小説として公開されていたものを書籍化したものだとか。

 いやー、これは面白かった!これほどレベルの高い作品がWeb小説として公開されていたとは、もう少しWeb小説とかチェックしてみるべきだなあと思いました。


 完全なる仮想空間を実現したゲームハード「ナーヴギア」。ユーザーの五感全てにアクセスできるというこのハードを介してプレイする仮想MMORPG「ソードアート・オンライン」
 実際にゲームの中に入ってプレイできるというまさに夢のようなゲームだったそれは、ゲーム開発者の手によって「クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは現実世界での死と同義」なゲームになってしまう…といった感じのお話。

 ストーリーは実に王道。主人公・キリトとヒロイン・アスナの恋愛要素も実に好みの流れでした。もうこの二人のラブラブっぷりがたまらんです。詳細は書きませんが、王道だからこその「そう来なくっちゃ」という流れには鳥肌立ったなあ。アスナかわいいです。

 また、ネットゲームとしてではない、一つの現実としてのSAOの世界観もよく描けていたと思います。レベルを上げて敵と戦うだけではなく、店を営業する人がいたり、料理を楽しむ人がいたり、釣りをしながら日々を過ごす人がいたり。彼らにとってここはゲームではなく現実なんだ、ということがしっかり描写されていて、ネットゲームと現実世界が上手く融合しています。


 全体的にちょっと唐突なところがあったり、終盤は駆け足だったりと荒削りさを感じはしますが、それを補って余りある面白さで、読み始めたら一気に最後まで読み終えてしまいました。どうやって「2」に続くのかさっぱり分かりませんが、「2」にも期待です。

 「アクセル・ワールド」も面白かったですけど、若干の物足りなさがあったので、自分的にはこっちの方が好みです。まあ結局どっちも買うんですけどね!
 そんな訳で「SAO」、実に面白かったので興味がある人は是非読んでみて欲しいなと。オススメ。


ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫)
川原 礫
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 132

アクセル・ワールド〈1〉黒雪姫の帰還 (電撃文庫)
川原 礫
アスキーメディアワークス
売り上げランキング: 535

| 電撃文庫 | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | EDIT

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。